FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1..ペットの風景   2.夫婦慕情、その20、できちゃった。
1.ペットの風景
おやじです。「こら、ゴマ、カーペットで爪を研ぐな」

カーペットです。
P1010173.jpg

ゴマ「怒らんといて、ごめんニャーイ」
P1010172.jpg

2.夫婦慕情、その20、できちゃった。

(龍ちゃん、ちゃんと水野さんには断ったわ…心配かけてごめんね…)

亜希子さんの言葉に私は喜びました。

ただ、私はこの時、亜希子さんの体に変化が起こっているのを知るよしもありませんでした。

突然、うッ!と、口を押さえて嘔吐を訴え始めたのです。

(最近、ご飯の炊き上がりの匂いとは、タクワンの匂いを嗅ぐと、気持ち悪くなるのよ…)

{胃が悪いんじゃないの?…里治さんも、最初は胃潰瘍からだったんでしょ?}

(うん…病院に行ってくるわ…)

私も亜希子さんも、妊娠という事は全く考えていませんでした。

なぜなら、亜希子さんは里治さんと結婚して十数年、私とも五年の歳月が流れていたからです。

その間、一度も妊娠をしたことがなかったからです。

しかし、検査の結果は妊娠でした。

私は喜びました。"青天のへきれき"とは言え、嬉しくて、嬉しくて舞い上がっていました。

(ちょっと待って…そんなはずない…)

{間違いないよ!先生がそう言ったんだろ?}

(そうだけど…ちょっと待って…)

亜希子さんは明かに動揺していました。

{何だよ…待ってって何だよ…俺達の子供が出来たんじゃないか…

両親もわかってくれるよ…}

私はてっきり、亜希子さんがご両親や里治さんのご両親をはばかって、

動揺していると思い込んでいました。

違ったのです。



3、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



1.庭の風景  2、夫婦慕情、その13、   好きだって言われたの始めてよ、
1.庭の風景

(1)モロッコが毎日収穫です。
天ぷらであげて、少し塩をかけます、おつまみに最高です。
もう一杯
P1010160.jpg

(2)紫陽花です。
紫陽花の花をみると、何故か、ミユジカル雨に歌えばを思いだします。
P1010142.jpg

200px-Singinintherain-japan-poster.jpg

2、夫婦慕情、その12、   好きだって言われたの始めてよ、

会社の仕事を終え、寮の風呂に入る頃には、里治さんを裏切ってしまった重圧に、

押し潰されそうになっていました。

店に入ると、すでに客が入っており、亜希子さんは忙しく働いていました。

いつものように、亜希子さんは軽く微笑み、両目を閉じて挨拶を交わしてくれました。

私は二階に駆け上がり、白衣に着替えたのですが…

今朝まで、この部屋で亜希子さんを抱いていた…信じられない思いでした。

下に降りて、仕事が始まると、いつものように手伝ったのですが、気分はまったく違いました。

亜希子さんのエプロンの下に隠された柔らかい身体を、俺は知っている!…

そんな思いだったのでしょう。

{里治さん…今朝はどうでした?}

(うん…水を抜いて、それを濃縮して、またお腹に戻すんだって…)

{濃縮して…戻すの?}

(そうみたい…お腹に溜まる水って、栄養なんだって…)

仕事の合間、合間に交わす話しで、要領を得ませんでした。

{亜希子さん…これからは、もうちょっと早めに病院に行けば?…

あとは俺がやるから}

(ありがとう…)

病院の先生から、里治さんが末期と聞かされ、私は少しでも亜希子さんをそばに

居させてあげたかったのです。

ちょっと客が途絶えた時、亜希子さんに病院へ行くことをすすめました。

(じゃあ、龍ちゃんに甘えて、行ってくるね…)

{うん、いってらっしゃい…}

亜希子さんはエプロンを脱ぎながら二階に上がろうとして…

(あっ…そうだ…龍ちゃん、これ…)

そう言って、エプロンのポケットから取り出したのは、

私が亜希子さんに買った"ミッチーバンド"でした。

{あ…それ…亜希子さんに買って…忘れてた…どこにあったの?}

(二階…テーブルの下…)

{あ…そうか…}

暗い部屋の中で、置いたことさえ忘れていました。

(ウフッ…ありがとう…)

亜希子さんは、照れ臭そうに二階に上がって行きました。

そして、着替えを済まして降りてきた時には、亜希子さんの黒髪には、

それが留められていました。

私は咄嗟に亜希子さんに近づき…

{亜希子さん…それ、病院にして行くの?…

里治さんに…俺からもらったって言っちゃあ…}

(似合ってる?…言っちゃあいけない?…)

私は…私が亜希子さんを好きな事を里治さんは気付いているのではないか?と、

ずっと心配していました。

(大丈夫よ…病院に着いたら外すから…)

そう言って、亜希子さんは病院へ向かいました。

亜希子さんが帰って来たのは10時少し前でした。

店の方も、あらかた片付けも終わっていました。

(ただいまー。ごめんねぇ…)

やはり疲れた声でした。

(お帰りなさい…どうでした?)

二人で二階へ上がりながら、話しました。

(うん…お腹がペッタンコになっててね…"楽"そうだったわ…

久しぶりに機嫌が良かったのよ…)

部屋に入って、テーブルをはさんで座りました.

{良かったねぇ}

(ウフッ…龍ちゃんの好きな娘って女子高生なんだって?…)

{えッ?!なに?女子高生?…}

(うふふ…だって、あの人が言ってたわよ、龍ちゃんの好きな娘って女子高生らしぞって)

そうだった!…里治さんの質問攻めから、亜希子さんを好きだと

気づかれないために、里治さんには女子高生だと言ったんだ…。

{あッ…そ・・それは…}

(ふふふ…聞いたわ。あの人が龍ちゃんに、カマかけたんでしょ?)

{だって…里治さんが、俺の好きな娘って、年上だろ?とか、

好きだって告白できない相手じゃないのか?とか言うから…}

(あはッ…)

{言えるわけないじゃない……}

(うん…あの人も言ってたの…カマかけたけど…

龍ちゃん、口を割らなかったって…うふふ…)

{口を割るって…それって、俺が亜希子さんを好きだって…

里治さん…気づいてたの?}

(どうだろう?…何となく、そう思ってたのかも知れないわ…

まえ…ね…あの人が…龍ちゃんが好きな娘って、お前のことじゃないのか?って

言ったことがあったの…)

(龍ちゃんが、ほとんど毎日、お店に来るようになった頃かなあ…)

その頃の私は、亜希子さんに淡い憧れをもって店に通っていた時期です。

{里治さん…今も疑ってるのかなあ…}

(今は…そんなことないわよ…気にしないでね…)

{でも…俺…里治さんを裏切ったんだよ…}

この一言が、亜希子さんを傷つけたのです…

(そんなことない…昨日は、私が悪かったの……でも、もうやめよう…)

私が一番、怖かった言葉を、亜希子さんは口にしたのです。

{嫌だよ!…俺…嫌だ!…}

私は、後ろから亜希子さんを抱きしめました。

(ちょっと待って…龍ちゃん…ちょっと待って…)

亜希子さんは、抱きしめる私の腕から逃れるように、身体をひねりました。

(龍ちゃん!…話しを聞いて!…)

思いがけない亜希子さんの強い口調に、私はからめた腕を離しました。

ぼうぜんと立ち尽くす私に、亜希子さんは、疲れた声で言いました。

(龍ちゃん…座って…)

亜希子さんは、座って、しばらく、黙っていました…。そして…

(昨日のことは…私が悪かったの…だから…

龍ちゃんは、あの人を裏切ったなんて…思わないで…。

裏切ったのは…私…私なんだから…)

亜希子さんは、そう言うと、シクシクと泣き出したのです。

亜希子さんは…昨夜のことを、すべて自分の責任にしようとしている…

私はそう感じました…。

私が{里治さんを裏切った}と言った言葉が、

亜希子さんを追い詰めたのだと感じたのです。

{ごめん…亜希子さん…苦しいのは…亜希子さんが一番苦しんでるのに…ごめん}

(うぅん…私が悪いの…あの人が、こんな時に…うぅぅぅ…)

亜希子さんは顔を覆って泣きました…。そして…

(でも…うれしかったなあ……私ね…男の人に、好きだって言われたの始めてだった……

あの人と一緒になった時も、両親に言われたからなの…

お兄ちゃんみたいな存在だったから…)

私は里治さんの言葉を思い出していました…。

亜希子さんと結婚する前、里治さんに好きな人がいたことです。

(龍ちゃんが…ずっと前から、私を好きだったって言ってくれて…うれしかったの)

昨夜のことがよみがえりました…。

里治さんが永くないと医者から告げられ、亜希子さんは私の背中で泣いた…。

受け止めたはずの私が、里治さんを裏切った!と、うなだれたら…

自分の馬鹿さ加減を悔やみました。

私はテーブルに泣き臥せる亜希子さんを後ろから抱きしめました.

{ごめん…亜希子さん、ごめん…俺…もう、裏切ったなんて思わないよ…

俺は…亜希子さんが好きなだけ…それで…いいよね?…}

私の目からも涙が溢れていました。

亜希子さんは、私に身体を預けたまま…(うん…うん)と、うなづくだけでした。

私は、亜希子さんの唇を吸い、白い乳房に顔をうずめ、泣きながら亜希子さんを抱いたのです。

3、官能小説更新しました

見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村


1.ロンは光アレルギー 2、夫婦慕情、その12、   贖罪の気持ちと、狂おしいほどに求める肉欲。
1.ロンは光アレルギー

我が家の老犬ロンは毎年夏になると、鼻や、目元が黒く腫れます、

獣医さんに聞くと、光のアレルギーだそうです。

薬を飲ませているんですが、あまり効きません。
P1000729.jpg

2、夫婦慕情、その12、   贖罪の気持ちと、狂おしいほどに求める肉欲。

恋い焦がれていた亜希子さんと、ひとつになれた高揚と、

里治さんを裏切った後悔とで、私の頭は千々に乱れていました。

(龍ちゃん…もう帰らないと…会社の人に見つかっちゃうわ…)

何度も私を受け入れてくれた亜希子さんは、私を気付かって言いました。

{俺…今日は休むよ…}

(だめよ…それはだめ…私も少し寝るから…帰らなきゃだめ…)

{亜希子さんを独りにしておけないよ…}

(ありがとう…大丈夫だから…少し休んだら、病院に行くから…だから、お願い…

会社には、ちゃんと行って…)

亜希子さんは、私を抱きしめながら言いました。

カーテン越しの、朝の明かりが、亜希子さんの白い身体を浮かび

上がらせていました。

思い描いていた以上に、亜希子さんの乳房はふくよかで、

小指の先ほどの丸い乳首は、淡いピンク色をしていました。

{わかった…じゃあ帰るけど…仕事が終わったら、また来るからね…}

私は半ばすねたように言いました。

(うん…待ってる…)

私は、もう一度亜希子さんに口づけをして、起き上がりました。

(龍ちゃん…ありがとう…うれしかったわ…)

{俺……本当に…ずっと前から…亜希子さんが好きだったんだ…

(うん…)

なんて可愛い人なんだ…この人のためなら、俺…

何でもできる…そう思ったのです。

寮に帰って、少し寝たのですが、

目覚めた時には、すべてがパッ!と明るく思えたのです……が…

夕方が近づくにつれて、里治さんを裏切った事実が、

重くのしかかってきたのです。

それは亜希子さんをも襲い、贖罪の気持ちと、走り始めた、

狂おしいほどに求める肉欲とに苛まれることになったのです。

3、官能小説更新しました
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村
1.庭の風景    2、夫婦慕情、その11、初めての口づけ
1.庭の風景

(1)イチジク植えっちゃいました。
P1010161.jpg

(2)くりがぼっちゃ植えっちゃいました。
枯れそうです
P1010159.jpg

2、夫婦慕情、その11、初めての口づけ

亜希子さんは、私の背中にしがみつき、顔を押し付けて泣きました。

(龍ちゃん!あの人死んじゃうよォー!死んじゃうよォー!…)

背中で泣きじゃくる亜希子さんは、ありったけの力で私にしがみつき、泣きました。

私は、衝動的に亜希子さんを抱きしめ、亜希子さんの唇に自分の唇を重ねたのです。

私には初めての口づけでした…。

真綿の中を荒い息遣いと、亜希子さんに抱きしめられ、体中に電流が走ったのを記憶しています。

女性の身体があんなにも柔らかく、

漏れる喘ぎ声は私を勇気づけたのです。

私の下で身体をくねらせ、しがみつく亜希子さんを、愛おしくてたまりませんでした。

嵐のような時間が過ぎ、私は我に返ると、痛烈な後悔が襲ってきたのです。

{ごめん…亜希子さん…ごめん…}

とっさに口をついて出てきたのは、謝りの言葉でした。

(うぅん…龍ちゃんが悪いんじゃないわ…謝らないで…)

亜希子さんは、私を下からしっかり抱きしめてくれました。

{俺……ずっと亜希子さんが好きだったから…}

初めて口にしたのでした。

(うん……)

薄い暗闇の中で、お互いを抱きしめながら、沈黙と会話が繰り返えされました。

(あの人…お腹に水が溜まり始めたの……末期だって…)

{えッ?…水?}

(…うん…苦しんでた…ぅぅ…)

亜希子さんの目から涙があふれ出ているのがわかりました。

裏切った!…私は里治さんを!…裏切った!!

いたたまれない思いが込み上げてきました…。

私の胸も張り裂けそうになり、涙がこぼれ落ちていました。

(肝臓癌もあるかも知れないって…今の医学では手の施しようがないと言われたの…)

亜希子さんは嗚咽を交えながら話してくれました。

その一言一言が、私の胸に突き刺さり、逃れるように亜希子さんの唇を求めました。

亜希子さんの舌も私の舌に絡みつき、再び柔らかい身体を求めあったのです。

夜が白々と空け始めるまで、私は亜希子さんを離しませんでした。

3、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村


1.姉妹、その6、家内の一時退院の前前日 3.夫婦慕情、その10、龍ちゃん!あの人死んじゃうよォー!死んじゃうよォー!…
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


1.姉妹、その6、家内の一時退院の前前日

家内の一時退院の前前日、家内が帰ってきてもいいように準備をします。

「お兄さん、靴箱の私の靴もって帰るわね、お姉さんに誤解されるといけないから。

それとクロゼットの中の服と下着ももって帰らないと、」

少し寂しそうに鏡台に置かれた自分の化粧品を片付ける聖子がそこにいます。

そして、明日、家内が帰ってくる日です。

家内、良くなって帰ってくるわけではないのですが、

「私、お母さんに抱っこしてもたうのよ、」娘の由紀、嬉しそうに言います。

「由紀、久しぶりにお母さんに甘えられるね。」義父母もうれしそうに言います。

その日の夜、義父母、義妹洋子、が我が家にとまります。

私は二階の自分の部屋で寝ます。

義父母、義妹聖子は仏間でねます。

「由紀はおばあちゃんと寝る」といって、仏間に行き義父母のところにねます。

仕方なく、空いている北側の部屋で寝ます、

その日の夜は寝付かれまん、私、リビングでビールを開け口にします。

すると背中から、聖子の声が聞こえます、

お兄さん寝らえないの、私も少し頂くわね、

薄暗いリビングでも電気を付けようとはしません、エアコンの動く音とだけがします、

私、自然と惹かれ合うように目と目があいます、

思わず、聖子を抱きしめます。

「お兄さん、やめて、お父さんもお母さんもいるのよ、許して、・・・・お母さんは

私達のこと、薄々、感づいているのよ、」

私はその言葉を無視し、聖子の前に膝まづき、パジャマの上から聖子の股間に顔を埋めます。

2.熱いニャン
私はゴマニャン、ゴマは熱いのは苦手ニャン、父ニャン、扇風機こっちへ向けてニャン、
P1000747.jpg


3.夫婦慕情、その10、龍ちゃん!あの人死んじゃうよォー!死んじゃうよォー!…

<瀬戸は、あの白蛇に毎晩抱いてもらってるらしい>

<旦那が入院中であの白蛇が男を欲しがって、瀬戸をくわえ込んだ>等々…

特に酷かったのは仲井さんでした。

[おい瀬戸…俺の言った通り、締まりがいいだろう]に始まり

[ち〇ぽはくわえてもらったか?]と、酒が入ると笑いながら肴にするのです。

私は怒りを押し殺して無視し続けました。

亜希子さんは、里治さんの体調がいい時は、

私に微笑みながら両目を軽く閉じて知らせてくれました。

その時の笑顔は、本当に素敵で、今でも想い出す亜希子さんの姿です。

そんな日々を過ごしながら、日曜日を早じまいにして、

亜希子さんと二人、里治さんの見舞いは続きました。

ただ、里治さんの体調がすぐれない時は、私は病室には入りませんでした。

先に亜希子さんが病室に入り

(今日は龍ちゃんにお店を頼んじゃった)と病室の外で聞いた時は、

入らないと取り決めていました。

体調のいい時は亜希子さんが(後から龍ちゃんも来るって言ってたわ)と、

私に知らせる事にしていました。

私は15分くらい病院内で時間をつぶして病室に入りました。

私には以前里治さんを見舞った時、「龍ちゃんの好きな娘って、年上じゃないのか?…

それも告白できないような…」と、まるで亜希子さんを暗示するかのような言葉が

重くのしかかっていたのです。

亜希子さんはそのことを知りませんから(そんなに気を使わないで…)と言うのですが…。

里治さんの闘病生活も半年が過ぎ、また夏がやってきた頃、ご夫婦と私にとって、

のっぴきならない事態が起こったのです。

正月には二人して初詣にも行き、店の二階でお雑煮も食べたのです。

若い私には、亜希子さんのちょっとした仕草や、階段を上がる時に見える白いふくらはぎや、

白い胸元には、欲望が芽生え、抑え切れない、せつない高ぶりがあったのは事実でした。

翌年、もうすぐ六月というある日、いつものように最後の客も帰り、後片付けをしながら、

亜希子さんが病院から帰って来るのを待っていました。

(ただいま…)

明らかに亜希子さんの様子が変だったのです。

亜希子さんは、夢遊病者のように二階へ上がって行きました。

すべての片付けが終わり、会計箱を持って二階に上がると、

部屋の中は真っ暗だったのです。

なにかあった!

直感的にそう思いました。

すると、いつもは明るいはずの浴室の電気は消え、暗い浴室の方から、

亜希子さんの嗚咽する声が聞こえてきたのです。

しかも、その声は次第に大きくなっていきました。

私は、亜希子さんが風呂から上がるのを待ちました。

泣き顔を見られるのは嫌だろうと思い、部屋の電気は点けませんでした。

亜希子さんのすすり泣く声は、私の胸の奥底に染み渡り、締め付けました。

なんて悲しい声なんだ…そう思ったのです。

私はじっと亜希子さんを待ちました。

私の待つ部屋の襖が音もなく開き、亜希子さんが入った気配がしました。

街灯の明かりが、カーテン越しに、わずかな明かりをもたらしているだけでした。

(龍ちゃん…電気点ければいいのに…)

静かに言う亜希子さんの方に目をやると、うっすらと亜希子さんの輪郭がわかりました。

{うん…いいよ…}

(あのね……今日…病院から帰る時に看護婦さんに呼び止められたの)

(先生がお話ししたいことがあるからって……)

私は、薄暗い中にたたずむ亜希子さんの声を黙って聞いていました。

(先生がね……先生が…もう………ながくないって…わァァァー!…)

亜希子さんは、私の背中にしがみつき、顔を押し付けて泣きました。

(龍ちゃん!あの人死んじゃうよォー!死んじゃうよォー!…)

背中で泣きじゃくる亜希子さんは、ありったけの力で私にしがみつき、泣きました。

私は、衝動的に亜希子さんを抱きしめ、亜希子さんの唇に自分の唇を重ねたのです

4、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村