FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
天然(健康)食品の特許出願、その14、書面出願の手順
余談です、ヘソクリがばれる日(最終回)

家内は言います

「家のローン、子供を3人を育てなあかのに・・・・・etc 信じられへんわ」

 私の心の声

「見つかるなんて信じられへんわ」

さらに小言が続きます。

私は十字架に掛けられた罪人が下から槍でつつかれているような

錯覚に陥ります。

さらに下から槍でつつかれます。

口から何か出てきました。

キャッシュカードです。キャッシュカードお召し上げです。

さらに槍でつつかれます。

さらに口から何か出てきます。

労金の貯金通帳です。

貯金通帳お召し上げです。

貯金通帳の中には12万円入っています。

私の心の声「せめて半分、いや一割、御目溢しを、

私は映画シェーンの一場面を思い出します。

へそくりカムバック~」

史上最大級の台風が私の頭上を通ります。

私はいそいそと避難部屋に帰り台風奥方が通りすぎるのをまちます。

書面出願の手順

①所定の形式で出願書類を作成する
②特許印紙を貼る。
郵便局で必要な額の特許印紙15000円を購入して「願書」に貼り付ける。(予納制度、現金納付制度の利用も可能で、その場合は特許印紙を貼り付ける必要なし)
③出願書類を書留で特許庁長官宛に郵送もしくは特許庁の出願課窓口に提出。
提出先住所: 〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3 特許庁長官殿
郵送する封筒には忘れずに「出願書類在中」と記載しておきましょう。
④電子化料金を納付
出願後(財)工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払い込み用紙が送付されてきます、これに必要事項を記載して電子化料金を納付します。(書類を出してから2、3週間程度必要)
電子化手数料の額:1件につき、1,200円に書面1枚につき700円を加えた額です。
(例:特許出願書類の枚数が10枚の場合・・・1,200円+(10枚×700円)=8,200円)
参考までにその他特許にかかる費用を知りた方は下記に青文字で「特許関係費用」と書かれた部分をクリックして下さい。特許庁の費用一覧のページにリンクします。
特許関係費用

4.特許電子出願
出願を業としている人向けです。初期手続きが結構大変なんです。特許庁にアクセスし、マニュアルに従って手続きを行いますが、マニュアルを読んだだけでは理解できない方が多いと思います。冷たいようですが、効率を考えたら絶対に割に合いません。やってみようと思う方は一応 下にリンクしておきました。
電子出願マニュアル

☆4.発明協会の電子端末から出願
1.全国の発明協の住所は下記の青字の「発明協会の住所」をクリックして下さい。
発明協会の住所
発明協会に行く時には住民基本台帳カードに電子証明書を格納するICカード形式のものを持参します。
市区町村役場でお聞きください。なお、電子証明書を取得する際にパスワード設定します。重要ですので忘れないように。このパスワードを忘れると手続できません。窓口にいくと係りの者が色々教えてくれます。

発明協会の職員の方多くは市役所等の公務員の天下りですので、利益は追及しません無料で丁寧に教えてくれます。しかし、根からの特許マンではありませんので、難しい案件は担当の弁理士に振ろうとします。金銭にゆとりがない場合は注意して下さい。




スポンサーサイト



天然(健康)食品の特許出願、その13、出願方法
余談です、

1.息子よ、

ニートの息子が仕事をしはじめて1週間たちます、

仕事は一日中座ることない歩き作業、

昔アルバイトで似た仕事をしたことがありますが、

かなりきつい仕事、私なら続きそうもありません。

家内は頑張るように発破をかけますが、

私は心で息子に話します。

「どうしてもダメならやめてもいいんだよ。」

天然(健康)食品の特許出願、その13、出願方法

1.説明対象案件
前回の記事のコラーゲン入り梅酒の続きです。内容は以下の通りです。
(あくまでも仮想です。コラーゲン梅酒は存在しません。)
「私の友人である田中さんは梅酒を作る過程でコラーゲンをいれて漬け込むと、味がまろやかになり、効率よく身体にコラーゲンを吸収することができると言うことです。これを特許出願したいとのことです。」この田中さんの案件を例にとり特許出願を考えます。

2.出願方法
特許権の取得に必要な書類は今までの記事で作成しました。これらを特許庁に出願(提出)する必要があります。出願方法も様々です。書面(窓口、郵送)或いはオンラインで行う方法があります。

3.書面出願について(一生で数度しか特許申請をしない人向け、簡単)
(1)書面出願とは
必要な書類内容(願書、明細書、図面、要約書)を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です。電子データ化するたの料金が加わり割高になります。特許申請をする度に不経済なことになりますが、事前手続(「識別番号付与請求書」「電子情報処理組織使用届」「予納届」)の必要がないので簡単です、一生で数度しか特許申請をしない人はこの方法をお勧めします。
書面手続きについてのリンクの欄です。下記の「書面手続き」クリックしてください。発明協会の書面手続きのページにジャンプします。 
書面手続きここをクリック
P1000454.jpg








健康食品の特許出願、その11、特許願を作成しちゃいました
余談です、給与明細、見ないやつが悪いんだい。

私の家内は給与明細をみません。

結婚した当時は見ていたんですが、

仕事と家事と育児をするようになってから給与明細を見なくなりました。

いつしか私も見せなくなり、それからづーとです。ですからへそくりは容易でした。

(1)ヘソクリ事情

ヘソクリをしている3人の友人に聞きました。

     給与から引去額  ボーナスから引去額  給与明細を見せる/見せない
友人A  1万円       5万円             見せる
友人B  2万円       3万円             見せない
友人C  2万円        0               見せない
私     2万円        0               見せない

私も含めてヘソクリしている4人の内3人が給与明細を見せていません。

給与明細を見せていないほうが多いです。

当然です。友人Aは給与明細を見せています。

見せてしまうと、ヘソクリにはならないと思いますが、

この友人、うらやましいことに、自分で給与明細をPCで作成し、

この給与明細を見せているのです。

でも作成が大変なようです。私もそうすればよかったんですが、

家内が給与明細を見ないことに油断していました。詳細は後日

(2)見破られな為のヘソクリ 8箇条

①給与明細は家に持って帰らないこと。(くれぐれもポケットに入れない)

②通帳は家に置かないこと。

③財布にはお小遣い以上の金額をいれないこと。

④高価なものは買わないこと。

⑤酒は飲みすぎないこと。

⑥金額には整合性を図ること。(給与明細を自作している場合)

⑦有給残数も気に掛けること。(給与明細を自作している場合)

⑧残業金額÷残業時間=C このCを変動させないように気をつけること。

(給与明細を自作している場合)



特許願を作成しちゃいました。
そろそろ本題に入ります。
前回の記事である特許要約書の作成の続編です。前回と同様に健康食品であるコラーゲン入り梅酒を例にとり説明します。
☆1.説明対象
(あくまでも仮想です。コラーゲン梅酒は存在しません。)
「私の友人である田中さんは梅酒を作る過程でコラーゲンをいれて漬け込むと、味がまろやかになり、効率よく身体にコラーゲンを吸収することができると言うことです。これを特許出願したいとのことです。」
この田中さんの案件を例にとり特許出願を考えます。

☆2.原紙の作成
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。それらの様式は、下記しました「特許出願書類の様式」をクリックし名前付け保存して下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。)
特許出願書類の様式 ここをクリック)写真1の様な画面がでます。これに書き込んでいきます。
写真1
P1000453.jpg
次回は実際に書き込んでいきます。




天然食品の特許出願、その10、要約書の作成しっちゃいました。
余談です、ヘソクリ、その3、ふところは暖かです。

みんなやってるから私は悪くない、悪くない、悪くないんです。

会社の共通サーバーから書類を印字

します。休憩時間に記載し、総務へ提出です。

総務のお姉さん、おまえもかと言いた感じの受け答えです。

5分もかからず手続き完了です。家に帰ります。

家では家内が晩御飯の準備をしています。 

家内「お風呂洗って入れてね」 

私「ハーイ」おりこうさんです。

食後、何も言われてもいないのに、

皿洗いです。別の日、家内の恐ろしく長いお買いものにお付き合い。

私「別に急がなくてもいいから、

ゆっくり選んでね」そんな仏様のような私です。

以後、先ず会社から帰ってきてすることはポストを

見ることです。

間違って書類が家に送られてきては大変です。

そんな日が続きます。でもやがてなれて しまい、

以前と同じ日が続きます。でもふところは暖かです。


天然食品の特許出願、その10、要約書の作成しっちゃいました。

要約書の作成しっちゃいました。

1.原紙の作成
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。明細書・特許請求の範囲は前回の記事で作成しました。次は特許要約書の作成です。それらの様式は、下記しました「特許出願書類の様式」をクリックし名前付け保存して下さい。そして、書類名 特許要約書の欄に書き込んでいって下さい。これが原紙となります。図面につきまして、ありませんので、書類名 図面は省略できます。
特許出願書類の様式(ここをクリック)
書き込み時の確認事項は以下の通りです。
(1)用紙は、日本工業規格A列4番(白色のものを縦長)
(2)文字は、10ポイントから12ポイントまでの大きさです。基本 半角を用いてはなりません。
(3)書き方は左横書、1行は40字詰めとし、1ページは50行以内とし、各ページの上の余白部分の右端にページ数を記入して下さい。
(4)余白は、少なくとも用紙の左右及び上下に各々2cmをとり、原則としてその左右については各々2.3cmを越えないものとして

☆3.要約書とは
要約書は明細書等の他書面に比べると重要度がかなり落ちます。検索を容易にする為に書いているようなものです。検索されるのを嫌う場合にはポイントを外して書く人がいるぐらいです。しかし、出願書類に含まれていますから書きましょう。
要約の文章は赤色文字で記載しています。それ以外は説明です。
(1)要約書の記載項目には【課題】と【解決手段】があります。【課題】には前回作成した明細書の【発明が解決しょうとする課題】の部分をそのままコピーし貼り付けます。又、【解決手段】には明細書の【課題を解決するための手段】をそのままコピーし貼り付けます。
(2)様式
【書類名】  要約書

【要約】 (ここには何も記載しないで下さい。)

【課題】 ここから発明の課題を簡潔に記載して下さい。

【解決手段】ここから発明の解決手段を簡潔に記載して下さい。

【選択図】 ここに「図○」のように図の番号のみを記載して下さい。図を描く必要はありません
図面がない場合には「なし」と記載します。
(3)要約書の作成
【書類名】  要約書
【課題】コラーゲンの臭みもなく、美味しく、食することができるコラーゲン入り梅酒及びその製造方法の供給にある。
【解決手段】本発明によって提供されるコラーゲン入り梅酒は梅実を焼酎に浸ける工程でコラーゲンを焼酎に混入したことにある。
【選択図】 なし



天然(健康)食品の特許出願、その9、特許請求の範囲を書ちゃいました。
余談です。

ヘソクリへの道、みんなやってるもん(その2)

私はヘソクリをしたことがあります。

ふとした気の緩みから家内にばれてしまい、

全て没収されてしまいました。

その悲しいお話をしたいと思います。

昼です。昼休みです。お弁当を食べます。

食べながら同僚と話をします。 

私「小遣い足らなくなったらどうするの」 

同僚A「労金でおろすよ、毎月給与から2万円移してるもん」 

私「ばれないか」 

同僚A「労金の担当者が毎週定期的に来てるみたい、

通帳、キャッシュカードの引き渡しすべて社内でできるよ。バレヘン」

 他の同僚にも聞きます。同じ答えが帰ってきます。

ここで私、子供の時にした言い訳を考えて正当化します。・・

あの子もやってるもん・・・別名、みんなやってるもん作戦です。

みんなやってるから私は悪くない、悪くない、悪くないんです。

天然(健康)食品の特許出願、その9、特許請求の範囲を書ちゃいました。

特許請求(独占権)の範囲と構成食材との関係
特許請求の範囲に記載する構成食材及び調理工程はできるだけ少なく。
代表的課題と代表的効果を結びつけるのに必要最小限の構成食材及び工程のみを記載しましょう。
独占できるのは記載された食材或いは工程を全て含む物だけです。
独占権の範囲の大きさは記載する構成食材及び工程の数に反比例します。

☆3.特許請求の範囲の作成前準備
1.確認事項(出願前準備:考えをまとめましょうをもう一度見ましょう)
(1)問題点と構成食材及び工程と効果との関係が適切かを確認します。
(2)従来の食品の最小構成食材或いは工程を確認します。
(3)発明の食品の最小構成食材或いは工程を確認します。

2.コラーゲンの問題点と構成食材と効果とを再確認しましょう。
以下に出願前準備(考えをまとめましょう。)の記事をコピーしました。
もう一度読んで問題点と構成部材と効果を整理しましょう。
(1)問題点の確認
「1.発明を思いついた理由(問題点)の明確化
(1)コラーゲンは美容のための健康食品の素材であることは知られていますが下記する欠点があった。
①コラーゲンは飲みにくい。
②美味しくない。

2.従来の健康食品の構成食材
従来の健康食品の構成食材を列記します。
①コラーゲン

3.発明対象の健康食品の構成食材
付録的な構成部材は省いて下さい。問題点を解決できる最小構成部材のみを記載しましょう。
①コラーゲン
②梅実
③焼酎
④氷砂糖」

☆4.特許請求の範囲の書き方
1.例1
食材A、Bがあって、食材Aに食材Bを加えて食品Cを発明した場合の請求項は以下のようにかきます。「AにBを含有させたことを特徴とするC」A、Bが周知な食材ではない場合はA、Bの前にその構成を説明します。今回の場合は、梅酒にコラーゲンを含有させたことを特徴とするコラーゲン入り梅酒となります。この場合の権利の範囲は既に完成した梅酒にコラーゲンを入れたものも権利に含みます。

2.例2
食材A、Bがあって、食材Aの作る工程で食材Bを加えて食品Cを発明した場合の請求項の書き方は調理手順を列記してかきます。容器に梅を入れる第1工程と、砂糖を入れる第2工程と、コラーゲンを入れる第3工程と焼酎をいれる第4工程とから作られたことを特徴とするコラーゲン梅酒およびその製造方法
この場合の権利の範囲はこの調理工程で作られた食品に限られます。完成した梅酒にコラーゲンを入れたものは含まれません。調理手順を列記すればいいのですから書きやすいです。

3.特許請求の範囲の作成
【書類名】 特許請求の範囲
【請求項1】
梅酒にコラーゲンを含有させたことを特徴とするコラーゲン入り梅酒
【請求項2】
容器に梅を入れる第1工程と、砂糖を入れる第2工程と、コラーゲンを入れる第3工程と焼酎をいれる第4工程とから作られたことを特徴とするコラーゲン梅酒およびその製造方法