FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
ダイエットグッズの特許明細書の作成へトライ
☆1.初めに
先行技術文献の調査も完了(前回)しました。いよいよ明細書の作成です。もし特許事務所の方に依頼すると依頼案件を過剰なほど綺麗に装飾してくれます。有名デパートで買い物をした場合に綺麗に包装してくれるのと同じです。しかし、特許庁の審査はこの包装を取り除いてしまいます。そして発明案件のみを審査します。明細作成前に必ず前々回の出願前準備に目を通し、本質を練り筋道を立てて明細書を作成しましょう。そうすれば特許事務所に劣らない明細書が作成できます。

☆2.出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付けコピして下さい。
特許出願書類の様式
書き込み時の確認事項は以下の通りです。
(1)用紙は、日本工業規格A列4番(白色のものを縦長)
(2)文字は、10ポイントから12ポイントまでの大きさです。基本 半角を用いてはなりません。
(3)書き方は左横書、1行は40字詰めとし、1ページは50行以内とし、各ページの上の余白部分の右端にページ数を記入して下さい。
(4)余白は、少なくとも用紙の左右及び上下に各々2cmをとり、原則としてその左右については各々2.3cmを越えないものとして下さい。
(5)とじ方は左とじとし、容易に分離し、とじ直すことができるように例えばステープラー等を用いてとじて下さい。
☆3.説明対象
今回は履くだけで痩せるダイエットスリッパを例に明細書の書き方方を説明します。このダイエットスリッパは踵(かかと)部分にセンサーが埋め込まれていて、踵部分に体重がかかると警報音がなるものです。
明細書の文章は赤色文字で記載しています。

☆4.明細書の作成
1.発明の名称
【発明の名称】 スリッパ
(1)説明
明細書の最初の記載事項は発明の名称です。特許調査で得た案件を参考にシンプルに書きましょう。今回はスリッパにします。
2.技術分野
【技術分野】
【0001】
本発明はダイエットに使用するスリッパに関するものである。

(1)説明
特許を受けようとする発明の技術分野を明確にするため、「本発明は~するための~に関するものである。」のように簡潔に記載します。
3.背景技術
【背景技術】
【0002】
従来のダイエットに使用するスリッパにはかかと部分を取り去ったつま先歩行用のものがある。これはつま先部分が接する踏み付け部と、踏まず部とで構成されている。又、別のタイプのものには特許公開平11-56403号公報に記載のものがある。これは踏み付け部と踏まず部を硬い部材で、踵部分をやわらかい部材で作ることにより、かかと部分を取り去ったスリッパと同じ効果を持つものである。

(1)説明
従来のダイエット用のスリッパには○○○がある。これは△△△と◇◇◇とで構成されている。と書きます。
△△△、◇◇◇には従来の構成部材を入れます。前回の出願の前準備(考えをまとめましょう)には踏み付け部と踏まず部が記載されていますので、これを入れます。
次いで、先行技術調査で出た案件も記載します。記載方法は出願番号又は公開番号を記載するだけも充分ですが、付けくわえたい場合にはその構成部材を簡単にかきます。「又、別のタイプのものには□□□公報に記載のものがある。これは△△△と◇◇◇とで構成(作られている。)されている。」
注意点
☆1:従来技術ですので、詳しく詳細に書く必要はありません。多くても2例程度にしましょう。
☆2:従来技術の欠点をなるべく書かかないようにしましょう。(従来技術欠点は課題の欄でかきます。)

4.特許文献
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特許公開平11-56403号公報
【特許文献2】特許公開2005-329191号公報

(1)説明
前回の特許調査で得た案件の出願番号又は公開番号を記載します。もしなければ記載する必要はありません。

5.発明が解決しようとする課題
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来のダイエット用スリッパは踵部分を取り去ることによりつま先立、つま先歩行を意識し実行するものであるが、次の①②に示す問題点があった。
①家事に集中していると、つま先立を忘れてしまう。
②スリッパの形状が特異であるため、それを履いているといかにも「ダイエットをしています」といった印象を他人に与え、恥ずかしい思いをする。
【0005】
本発明は上記欠点を鑑みてなされたものであって、履いていても「ダイエットをしています」といった印象を他人に与えず、つま先立を忘れることないダイエット用スリッパを提供することにある。

(1)書き方
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここに従来の問題点をかきます。従来の○○○には△△△があるが、次の①②・・・に示す問題点があった。
①・・・・・・
②・・・・・・
③・・・・・・
○○○には発明が属する分野、今回はダイエットに使用するスリッパ、△△△には○○○の簡単な説明、今回は踵がないを記載します。そして問題点を箇条書にします。 
【0005】
本発明はかかる上記問題点に鑑み、△△△でないダイエット用スリッパを提供することにある。
(2)説明
前々回に作成した出願前準備(考えをまとめましょう。)の文中に問題点の明確化があります。その項目を下記しました。これをアレンジします。
「1.問題点(発明を思いついた理由)の明確化
問題点を箇条書きしましょう。どんな小さなことでもOKです。例えば、自分の発明品の比較対象品の欠点を列記します。
(2)踵部分がないダイエットスリッパを使用した場合の問題点を下記します。
①家事に集中していると、つま先立を忘れてしまう。
②スリッパの形状が特異であるため、ダイエットしていることが気付かれてしまう」


6.課題を解決するための手段
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明のスリッパは踵部分が踏まれると検知信号を出す検知具と、検知具の検知信号を受けて注意音を発生する注意音発生具とが踵部分に埋設されていることを特徴としている。

(1)説明
本発明によって提供される・・・・は○○○と、○○○とを備える・・・・であって、△△△と、△△△とが、◇◇◇していることを特徴としている。
・・・・には発明の名所、○○○、△△△には特許出願前準備の文中に記載されている構成部材を記載してアレンジします。
○○○は従来の構成部材:踵部、踏まず部、踏み付け部(つま先部) 
△△△は本発明の構成部材:踵部、検知具、音発生具
◇◇◇は○○○と△△△のその関係を記載します。
スリッパは誰でも知っているので、従来の構成部材の説明は省略しています。本来はこのようになります。本発明は踵部、踏まず部、踏み付け部(つま先部)とを備えるスリッパであって、踏まれると検知信号を出す検知具と、検知具の検知信号を受けて音を発生する音発生具とが踵部分に埋設されていることを特徴としている
(2)問題点を解決する手段が複数の場合
今回の場合は注意音によりつま先歩行をしていないことを使用者にしらせていますが、振動で知らせる方法も含みたい場合は書き方も変わってきます。このようになります。
【0006】
本発明のスリッパは踏まれると検知信号を出す検知具と、検知具の検知信号を受けて注意を発生する注意手段とが踵部分に埋設されていることを特徴としている。
【0007】
又、上記注意手段が音又は振動であることにある。

7.発明の効果
【発明の効果】
【0007】
本発明のスリッパは踏まれると検知信号を出す検知具と、検知具の検知信号を受けて注意音を発生する注意音発生具とを備えているので、家事に夢中になり、つま先歩行をわすれた場合でも踵部分に埋設された検知具が信号を出し、この信号を受け取った注意音発生具が注意音を発生する。使用する者はこれを聞き再びつま先歩行を始める。
【0008】
又、検知具と注意音発生具が踵部分に埋設されているので、外観は普通のスリッパである。これにより「ダイエットをしています」といった印象を他人に与え、恥ずかしい思いをすることはない。

(1)説明
本発明の.....は○○○とから構成されているので、△△△となるので ◇◇◇となる。と書きます。
①....は発明の名称をいれます。今回はスリッパをいれます。
②○○○には本発明の特徴となる構成部材をいれます。今回は検知具と注意音発生具です。
③△△△には構成部材がどのように働くかを書きます。つま先歩行を忘れ踵を踏むと、検知具がこれを検知し検知信号を注意音発生具に送り、これを受けた注意音発生具が注意音を発生する
④◇◇◇には上記③の結果どのようになったかを書きます。
(2)効果が複数ある場合
又、○○○が△△△しているので△△△となり、◇◇◇の効果を得ることができる。或いは、○○○の構成を追加した場合には△△△となり◇◇◇の効果を得ることができる。と書きます。
①○○○には検知具と注意音発生具が入ります、△△△には埋設されているが入ります。◇◇◇には外観は普通のスリッパであるをいれます。

8.図面の簡単な説明
この欄では提出図面を簡単に説明します。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本発明のスリッパを説明する概略構成図である。
【図2】本発明のスリッパを説明する断面図である。

次の欄に「発明を実施するための形態」があります。ここでは図面に沿って本発明を説明します。その為にもここで、仮図面を作成します。フリーハンドでも雑でもかまいません。そして、文章を作成して行く中で図面を訂正していきます。提出する図面はこれを元に出来る範囲で丁寧に書きましょう。
図1は完全な斜視図、平面図でもありません。マンガ的な図になることもあります。この場合は構成図、或いは説明図としましょう。今まで、この部分が違うことで拒絶されたことはありません。図面を書いて見ました
図1
P1000325.jpg
図2
P1000328.jpg
9.発明を実施するための形態
(1)説明
この欄では発明者の考えた最適の実施例をそのまま書くことができます。実施例が2つあれば2つ、3つあれば3つ書くことができ、査定結果に不服がある時はこの実施例に書かれた内容から補正することができます。細かく書けば補正時に有利になりますが、今回は説明の為ですから実施例は一つにします。
(2)書き方の構成
上段は構成部材の形状・機能・特徴をを、中断は構成部材の働き、下段は効果をかきます。
①上段(構成)
明細書作成のプロの方は「図1中符号1は○○○であり、△△△である。」例;「図1中記載の符号3はリミットスイッチ(検知具の一例)であり、....である。」「4はスピーカーであり、.....」といった感じで書きます。 ....に形状や特徴を的確に文字で表現します。しかしそれは難しいことです。先ず、図中の符号が何を示しているか宣言します。それから、段落を変えて各構成部材間の関係をのべます。(各構成部材間の関係を述べることは難しいことです。発明品を製作する手順を書けば自然と各構成部材の関係を述べたことになります。)
②中段(動き)
「続いて、以上のように構成した本実施形態の使用方法を説明する。・・・・・・・」で始まり、....には構成部材名を入れながら動きを説明します。
③下段(効果)
「よって、これを使用した者は.......なる。」この...には本発明の課題から導き出せた効果を少なくとも含ませて書きます。

(3)明細書の作成
【発明を実施するための形態】
【0010】
先ず構成部材を宣言します。
以下、本発明の好適な一実施形態について説明する。図1,2中の符号1は本実施形態のスリッパである。2は踵である。3はリミットスイッチ(検知具の一例)である。3aはリミット軸である。4はスピーカー(注意音発生具の一例)である。5はボタン電池ホルダである。6は踵蓋である。
【0011】
発明品を製作するつもりで説明します。
更に詳しく構成を説明する。踵部は踵2と踵蓋6とから構成されていている。この踵2にはリミットスイッチ3とスピーカ4とボタン電池5が収納できる大きさの中空が形成されている。次に各構成部材の埋設位置を説明する。リミットスイッチ3はリミット軸3aの先端が踵蓋6内にとどまる位置に固定され、スピーカー4は踵2の中空から踵2の側面をの臨む位置に固定されている。そして、ボタン電池ホルダ5はリミットスイッチ3の上部の位置へ着脱可能に固定する。このようにして踵2の中空内に固定された状態で踵2に踵蓋6が取り付けられる。この踵蓋6はプラスチック製の舌形状の板の上にスポンジ材を貼り合わせナイロン製の生地で覆ったものである。このプラスチック製の板の中央部分にはリミット軸3aが入る穴が形成され、踵蓋6を取り付けはこの穴にリミット軸3aを通して取り付ける。
【0012】
使用状態の動きをかきましょう。
家事に夢中になり、つま先立或いはつま先歩行を忘れると、踵蓋6は踏まれる。踵蓋6内はスポンジ製のクッション材の中にリミット軸3aが起立状態で配置されているので、踏まれるとクッション材は収縮しリミット軸3aは後退する。この時にリミットスイッチ3の接点がONとなり、スピーカー4にはボッタン電池ホルダー5にセットされている電池の電流が流れ注意音が発生する。再びつま先歩行になると、リミット軸3aは前進し接点がOFFになり注意音は鳴り止む。
【0013】
効果を記載します。
使用する者はこのスリッパ1を履きつま先立ち、或いはつま先歩行しながら家事を行う。家事に集中するあまり、ダイエット為に行っているつま先立やつま先歩行を忘れてしまうと、注意音を発生し、この注意音に気づいた使用者はこ再びつま先立やつま先歩行を始めダイエットに成功する。又、踵2の中空部分にスピーカーやリミットスイッチ等の構成部材が埋め込まれた状態で踵蓋6で蓋されるので、外観は普通のスリッパであり、「ダイエットをしています」といった印象を他人に与え、恥ずかしい思いをすることはない。
【符号の説明】
【0014】
1 スリッパ
2 踵
3 リミットスイッチ
3a リミット軸
4 スッピーカー
5 ボッタン電池ホルダ
6 踵蓋


スポンサーサイト



ダイエットグッズの出願前準備その2:特許調査をしましょう。

☆1.始めに
1.特許調査の意味
出願対象の分野にどのような発明が既に出願されているかを知るのは極めて重要です。明細書の作成の上でも参考になります。又、同じようなグッズがあった場合でも自分の発明したグッズとの差異を知った上で明細書を作成すると登録性の高い明細書となります。
2.調査対象
今回は履くだけで痩せるダイエットスリッパを例に特許調査の仕方を説明します。このダイエットスリッパは踵(かかと)部分にセンサーが埋め込まれていて、踵部分に体重がかかると警報音がなるものです。

☆2.特許調査
このブログの左下のリンクの覧に特許検索があります。これは特許電子図書館の特許検索にリンクしていますのでご利用下さい。

1.特許検索の利用
(1)検索画面の呼び出し
次の青字の特許検索をクリックして下さい。特許検索(ここをクリック)
図1が表示されます。これにキーワードを入れて検索します。
[図1]
P1000228.jpg

(2)キーワードの選択
キーワードの選択はダイエットグッズ出願前準備(考えをまとめましょう)で出た構成部材の中から選び使用します。下記①~④のキーワードを選択しました。これを順次入力して出願件数を1000件以下に絞ります。
①スリッパ ②ダイエット ③踵(かかと) ③警報音 ④つま先立 

(3)キーワード入力
「スリッパ」を入力し検索したところ図2が表示されました。
図2
P1000311.jpg図2の検索結果から1431件であることがわかります。件数が多いので絞る必要があります。検索結果を絞り込むには、ワードを追加、変更するか「詳細設定」ボタンを押して「検索条件」「検索期間」を再設定します。 キーワードを追加します。追加するキーワードは「スリッパ かかと」「スリッパ つま先」の2パターンで検索します。
(3)入力結果
スリッパ かかとをキーワード入力すると、65件検出(pcの検出画面を図3に示しましす。)されました。同様にスリッパ つま先をキーワード入力すると、75件検出されました。
図3
P1000312.jpg
  キーワード     件数
①スリッパ かかと   65       
⑥スリッパ つま先   75
合計          140
検索の結果 特許・実用140件 検出しました。140件なら発明の概略を書いた要約書に目を通しましょう。あくまでも参考文献の検索ですからこの程度で良いとおもいます。
(4)一覧表示と簡易表示
スリッパ かかとをキーワード入力したpcの検出画面(図3)の一覧表示をクリックすると一覧画面が表示されます。(図4に示します。)
図4
P1000314.jpg
一覧画面に表示されている発明の名称から関係あると思われるものを選び公開番号をクリックします。すると図5に示すような簡易表示がでます。この簡易表示は発明の概略を説明しています。
(5)先行技術文献調査
上記しました手順で色々先行技術文献調査しましたが、類似した案件は検出されませんでした。新規性があり登録される可能性があるということです。参考となる案件を3件ピックアップしました。この3件の案件を参考文献として出願書類を作成していきます。
図5
P1000321.jpg
P1000320.jpg
P1000319.jpg
次回は特許明細書の書き方をこのダイエットスリッパを例にとり説明いたしますので、宜しくお願いします。






ダイエットグッズの出願前準備:考えをまとめましょう。
☆1.始めに
出願にあたり自分の考え練り直す必要があります。これが不十分ですと軸がぶれます。説明の為今回は履くだけで痩せるダイエットスリッパを例にとり書き方を説明します。あくまでも説明の為ですから、新規性、使い勝手等は良いものとみなします。今回のダイエットスリッパは踵(かかと)部分にセンサーが埋め込まれていて、踵部分に体重がかかると警報音がなるものです。図1には市販の踵の無いダイエットスリッパをしめします。
図1
P1000310.jpg

☆2.考えをまとめましょ
1.問題点(発明を思いついた理由)の明確化
問題点を箇条書きしましょう。どんな小さなことでもOKです。例えば、自分の発明品の比較対象品の欠点を列記します。
(1)踵部分がないダイエットスリッパを使用した場合の問題点を下記します。
①家事に集中していると、つま先立を忘れてしまう。
②スリッパの形状が特異であるため、ダイエットしていることが気付かれてしまう。

2.従来の製品の構成部材
従来の製品の構成部材を列記します。スリッパの構成部材は以下の通りです。
①スリッパ
②踵部
③踏まず部
④踏み付け部
3.発明対象のダイエットスリッパの構成部材
付録的な構成部材は省いて下さい。問題点を解決できる最小構成部材のみを記載しましょう。
①スリッパ
②踵部
③検知具(踵部分に埋設され、踏まれると検知信号を出す。)
④警報音発生具(検知具から出た信号を受けて警報音をだす。)

4.本発明の作用
上記した発明の構成部材の言葉を使って問題点を解決する工程又は動作を説明します。説明するのに使わなかった構成部材は構成部材から削除してください。権利の範囲を示す特許請求の範囲の欄がありますが、最小の構成要素で記載するのが通常です。構成要素が増えれば増える程に権利の範囲が小さくなります。その代わりに登録される率が高くなります。
(1)発明対象のダイエットスリッパの作用
つま先立を忘れてスリッパの踵部に体重がかかると、踵部に埋設された検知具がこれを検知し、警報音発生具に信号を送る。信号を受けた警報音発生具は警報音を発生し使用している人につま先立をしていないことを知らせる。

5.効果
上記作用から導き出される効果を書き、これが上記した問題点と合致しているかを確認します。合致していない場合はするまで修正しましょう。
①つま先立を忘れてしまうと、警報音が発生してつま先立していたことを思い出し、つま先立を続けることができる。
②検知具が踵部分に埋設されているので、外観からは普通のスリッパに見えるのでダイエットに気付かれない。

6.追記
上記した一連のストーリは今後の出願書類の基軸になる物です、この基軸からずれないように出願書類を作成します。

次回はこの案件に対して特許調査を実施します。

ダイエットグッズのいろいろ

☆1.始めに
秋です。食欲の秋です。今年の健康診断の結果、要生活指導対象者となりました。メタボです。痩せなくてはなりません。ダイエットを検索すると、健康食品、ダイエット食品、運動器具等の色々なグッズが出回っていることに関心します。以前にダイエット食品を買ってきましたが、ダイエット食品を食べてから食事を取っていましたから痩せるはずがありません。又、運動器具につては腹筋を鍛える器具、脚ふみ器具、脚と腰を振動させるブルブル器具もかいましたが、今は部屋のこやしになっています。もっと効果的で飽きないダイエットグッズがないかを特許検索しました。これは面白いと思った出願事例をピックアップします。

☆2.出願事例
1.事例1
(1)発明の名称 : 土踏まずグイグイスリッパ

P1000297.jpg
(2)構成
上図のようにこのスリッパは足底の土踏まずの位置に突起物2を付け、足底前方3を硬質素材、足底後方4を軟質素材の2種類の硬さが異なる素材で足底を形成したものです。このように構成されたスリッパは見た目は普通のスリッパですが、踵のあたる部分が軟質素材で形成されているので、図2のように踵が沈み突起物が土踏まずを刺激します。
(3)特徴
このスリッパは見た目は普通のスリッパですから 他人からダイエットしていることに気付かれないでダイエットすることができます。
(4)考察
この案件は審査請求されずに取り下げられました。履物系でダイエット関係の出願の大部分は足の裏のツボを刺激しダイエット効果をもたらすものか、あるいは、履いた状態が不安定でこれを補う為に足の筋肉が働きダイエット効果をもたらすものか、いずれかのようです。

2.事例2
(1)発明の名称:スリッパ
P1000305.jpg
(2)構成
踵部分を取り去りつま先立ちで歩行してダイエットを促進するスリッパがありますが、この発明は踵部分を取り去るのではなく、かかと部2を中空5、或いはやわらかい素材で形成しています。このように作られた踵部分には体重を乗せることができない為、つま先で歩行する必要があります。つま先歩行用ダイエットスリッパと同等の効力があると言うことです。
(3)特徴
この発明は、つま先歩行用スリッパであるにもかかわらず、外見が通常のスリッパのように見え、ダイエットを行なっていても他人にはダイエットを行なっていることが知られないとのことです。
(4)考察
事例1に少しにていますが、特許になった案件です、最初3年分の年金(特許料)は払ったようですが、次の3年分が払われずに権利は消滅しました。これは珍しくないことです。市場にでることなく消えた特許品です。

3.事例3
(1)発明の名称:イヤリング
P1000288.jpg
(2)構成
ダイエットイヤリング3は耳珠15前部のツボである聴宮16を刺激するものです。その構成はバネ線材よりなるリング部3aと、球状に形成され、内部に磁石が埋め込まれた狭止部3bとからなります。
(3)特徴
聴宮16は耳の前方部にあることから、ダイエットイヤリング3の装着は容易である。また、ダイエットイヤリング3は耳珠15を一周する程度の大きさに止めることができるので、その形状を小さく、装着感・装飾美に優れている。
(4)考察
イヤリング関連のダイエット案件は耳のツボを刺激するものがほとんどです。この案件は審査請求することなく取り下げられました。

4.事例4
(1)発明の名称:スイング式健康器具
P1000306.jpg
(2)構成
スイング式健康器具はアーチ状の接地部1に膝置き部4と、取っ手2と、後方に踏み台3とから構成されています。
(3)特徴
前後の揺らすことにより体全体の筋肉に負荷かけることができ、また従来の健康器具に比べ体全体にかかる負荷が小さくなることから、長時間の運動が可能になり効果的にトレーニングやダイエットを行うことができます。
(4)考察
この案件はみなし取下になっています。少し特許調査をしましたが、このような構成の類似したグッズは見つかりませんでした。登録される可能性はありますが商売につながるかとうかは別問題です。

5.事例5
(1)発明の名称:ダイエット用箸
P1000307.jpg
(2)構成
箸の先端部を球状にして、つまみ部を先端部より細くしています。
(3)特徴
料理をつまむのにゆっくりと時間を掛け、さらに一回につまめる量を少なくすることができるダイエット用箸です。
(4)考察
このようにデザインに特徴がある案件は特許出願より意匠出願に向いてます。類似した案件がなければ権利化が可能です。何かの景品にすれば受けるとおもいます。

6.事例6
(1)発明の名称:トマト風味パン

P1000294.jpg
(2)構成
トマトジュースに使用小麦粉の一部を入れて溶かし調味して泥醤状液となし、これに残り小麦粉を入れてこねることによりパン生地をつくり、このようにトマトジュースでねったパン生地を熟成して焼き上げたトマト風味パンです。
(3)特徴
造り方が容易でありトマトジュースが水で薄められることなくその栄養素やうま味成分を多量に含ませたまま造ることができ、しかもトマトとの相性の良い美味しい味に整えやすく、風味の良いパン作りが可能であり、大人はばかりでなく、たとえトマト嫌いの子供であっても違和感なく喜んで食することができる。しかも、リコピンや各種ビタミン、食物繊維などの働きにより単に健康の維持向上をなしうるばかりでなく、美味しく食べてダイエットを難なく成功しうることになるという優れた効果があるとのことです。
(4)考察
私は要約部分だけ読んで本文は読んでいませんので詳しいことはわかりませんが、発明者の方が言いたいのは粘度の高いトマトジュースを使って小麦粉を練るのは難しいと言いたいのではないかと推測します。発明者の方は色々と思考錯誤したと思いますが、それをデータとして表現しなくてはどの部分に特許性があるのか審査管に伝わりません。例えば、トマツジュース○○CCと小麦粉△△グラムを一度にまで合わせたが、均一に混ざらないでよい生地ができなかった。色々ためしてみた結果、トマトジュース○○CCに使用小麦粉△△gを入れて溶かし調味して泥醤状液となし、これに小麦粉○○gを入れてこねることによりパン生地を作った。これが滲みでるような表現をしないと特許がおりないと思います。




アダルトグッズ・特許庁へいよいよ出願
☆1.初めに
特許権の取得に必要な書類は今までの記事で作成しました。これらを特許庁に出願(提出)する必要があります。出願方法も様々です。書面(窓口、郵送)、オンラインで行う方法があります。

☆2.書面出願について(一生で数度しか特許申請をしない人向け、簡単)
(1)書面出願とは
必要な書類内容(願書、明細書、図面、要約書)を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です。電子データ化するたの料金が加わり割高になります。特許申請をする度に不経済なことになりますが、事前手続(「識別番号付与請求書」「電子情報処理組織使用届」「予納届」)の必要がないので簡単です、一生で数度しか特許申請をしない人はこの方法をお勧めします。
書面手続きについてのリンクの欄です。下記の「書面手続き(青字)」クリックしてください。発明協会の書面手続きのページにジャンプします。 
書面手続き
P1000308.jpg
(2)書面出願の手順
①所定の形式で出願書類を作成する
7回に渡ってアダルトグッズの出願書類に関する記事を記載してきましたので、それを参考にして作成してください。
②特許印紙を貼る。
郵便局で必要な額の特許印紙15000円を購入して「願書」に貼り付ける。(予納制度、現金納付制度の利用も可能で、その場合は特許印紙を貼り付ける必要なし)
③出願書類を書留で特許庁長官宛に郵送もしくは特許庁の出願課窓口に提出。
提出先住所: 〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3 特許庁長官殿
郵送する封筒には忘れずに「出願書類在中」と記載しておきましょう。
④電子化料金を納付
出願後(財)工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払い込み用紙が送付されてきます、これに必要事項を記載して電子化料金を納付します。(書類を出してから2、3週間程度必要)
電子化手数料の額:1件につき、1,200円に書面1枚につき700円を加えた額です。
(例:特許出願書類の枚数が10枚の場合・・・1,200円+(10枚×700円)=8,200円)
参考までにその他特許にかかる費用を知りた方は下記に青文字で「特許関係費用」と書かれた部分をクリックして下さい。特許庁の費用一覧のページにリンクします。
特許関係費用

☆3.特許電子出願
出願を業としている人向けです。初期手続きが結構大変なんです。特許庁にアクセスし、マニュアルに従って手続きを行いますが、マニュアルを読んだだけでは理解できない方が多いと思います。冷たいようですが、効率を考えたら絶対に割に合いません。やってみようと思う方は一応 下にリンクしておきました。
電子出願マニュアル

☆4.発明協会の電子端末から出願
1.全国の発明協の住所は下記の青字の「発明協会の住所」をクリックして下さい。
発明協会の住所
発明協会に行く時には住民基本台帳カードに電子証明書を格納するICカード形式のものを持参します。
市区町村役場でお聞きください。なお、電子証明書を取得する際にパスワード設定します。重要ですので忘れないように。このパスワードを忘れると手続できません。窓口にいくと係りの者が色々教えてくれます。

発明協会の職員の方多くは市役所等の公務員の天下りですので、利益は追及しません無料で丁寧に教えてくれます。しかし、根からの特許マンではありませんので、難しい案件は担当の弁理士に振ろうとします。金銭にゆとりがない場合は注意して下さい。

☆5.審査請求について、
出願するだけでは,審査はされません。審査してもらうためには出願審査請求書を出さなくてはなりません。すなわち、特許出願されたもの全てが審査されるわけではなく、出願人又は第三者(誰でも)が審査請求料を払って出願審査請求した出願だけが審査されます。審査請求されなかった出願は、取り下げられたものとみなされますが、以後は誰も特許をとることはできません。

☆2.審査請求の決まり事
青字の審査請求の決まり事をクリックしてく下さい。(特許庁の審査請求記載事項にリンクしています。)
ここに記載された内容を噛み砕いて説明します。
審査請求の決まり事

1.審査請求の時期と特許件の有効期間
特許の有効期間は、特許出願の日から20年です(例外的に延長される場合があります)。通常は、出願から20年を経過すれば、その特許権は消滅します。出願の日から20年を経過しなくても、特許料の不納等の他の理由で、特許権が消滅する場合もあります。特許権が現在有効であるかどうか調べるには、特許原簿を閲覧すればわかります。
例えば、特許出願をしてから、その後、審査請求をして、審査があり、審査が終了し、特許料の納付して、特許権が発生するまでに、5年かかれば、特許の有効期限は、残り15年ということになります。

2.出願審査請求日
特許申請の日(法律用語では特許出願日といいます)から3年以内(出願日が平成13年10月1日よりも古いものは7年以内)らばいつでも出来ます。しかし、忘れてしまわないように、1~2年のうちに審査請求をするかしないかを決めた方がいいでしょう。申請と同時にも請求できますが、出願番号(オンライン申請では直ぐに手に入る)を手に入れてからが良いでしょう。

3.出願審査請求書の作成方法
用紙は、すべてA4サイズで、各ページが50行、各行が40字です。
以下の例を見て、同じ書式にしてください。
青文字で審査請求様式と書かれている部分をクリックしてください。特許庁の出願審査請求にリンクしています。出願審査請求様式
赤色のところは御自分の場合に合わせて書き直してください。
それ以外は説明です。
(1)審査料金
用紙の左上に特許印紙を貼ります。
貼った特許印紙の下に 料金額を( )して書きます。)
(126000円)(請求項の数が2つの場合)

(2)書類名 
請求人が出願人以外である場合には出願審査請求書(他人)と記載します。
【書類名】          出願審査請求書
(3)提出日
【提出日】    平成24年11月1日   
①郵送(印紙が高額なので書留にして下さい)で特許庁へ送る場合はその日の日付
②発明協会のパソコンでオンラインによる手続きをする場合にはその日の日付
(4)許庁長官です。
【あて先】     特許庁長官
(5)出願の表示
記載しません
【出願の表示】
(6)出願番号
出願によって手に入れた出願番号を入れます。
【出願番号】特願2016-OOOOO
(7)請求項の数
明細書の請求項の数を見て記載します
【請求項の数】    2  
(8)請求人と識別番号
【請求人】
【識別番号】OOOOOOOOO  
  
(郵便による出願によって与えられます)
  【住所または居所】  愛知県名古屋市・・・・1番地1号
  【氏名】       アダルト 太郎

【代理人】(今回は自分で行うので記載の必要はありません)
  【識別番号】
  【弁理士】
  【氏名または名称】
【手数料の表示】
  【納付方法】
 
 【予納台帳番号】(特許印紙で払うので,今回は記載の必要はありません)
  【納付金額】     126000(請求項の数により変わります)


4.出願審査請求の料金の計算
(平成23年8月1日以降の審査請求の場合)
審査請求の料金は、特許庁に支払うもので、次のように定められています。
 118,000円+4000円 X 請求項の数
例とした明細書では、請求項の数は2つなので
        =118,000円+4000円 X 2
        =126000円   となります。   
この料金は、個人が一度の特許申請をする場合には、特許印紙で支払うのがいいと思います。
審査請求費用、その他費用について青字で書いる費用一覧をクリックして下さい。
費用一覧



アダルトグッズの特許願の作成
☆1.初めに
出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、このブログの左下のリンクの欄の「特許出願書類の様式」をクリックしコピして下さい。「明細書」「特許請求の範囲」「要約書」「図面」は作成しました。次は「特許願」の作成です。願書に記載す文字は赤字です。それ以外は説明です。

☆2.様式
【書類名】       特許願
【整理番号】      AAA001111
【あて先】       特許庁長官殿
【国際特許分類】    A61H  19/00  
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名】        アダルト 太郎
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】    アダルト 太郎  
【手数料の表示】
 【予納台帳番号】××××××
 【納付金額】15000
【提出物件の目録】
 【物件名】     特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1


☆3.特許願い作成要領
【書類名】       特許願
【整理番号】      AAA001111

【整理番号】には任意で好きな英数字で10文字以内で記載(ローマ字「大文字に限る。」、アラビア数字若しくは「-」又はそれらの組み合わせからなる記号であって、10字以下のものを記載して下さい。)私はAAA001111にしました。
【国際特許分類】    A61H  19/00  
【国際特許分類】について、前回の特許調査で得た先行文献の特許分類をそのままコピーしましょう。通常は特許分類表で調べますが、面倒です。( ××××□□×/××の特許分類で調べて ″/″の前の数字が3桁に満たないときは足りない桁分空白を入れます。不明な場合は省略しても良いことになっています。)    
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1-1-1
 【氏名】        アダルト 太郎
 
発明者の欄と出願人の欄がありますが、特許の権利は出願人にあります。又、発明者は人です。法人或いは団体名はダメです。
(1)「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。
(2)「【氏名】」の欄には、戸籍に記載されている氏名を記載して下さい。通称名やペンネーム等は認められません。
(3)発明者の欄に記載すべき者が2人以上あるときは、次のように欄を繰り返し設けて記載して下さい。

【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】
【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】    アダルト 太郎

特許出願人が権利者です。
(1)【識別番号】には9桁の数字( “識別番号付与請求書”により取得) 識別番号を記載します。記載した場合は、住所の記載は省略できます。初めて出願する方には識別番号がありませんので、「【識別番号】」の欄は設ける必要はありません。
(2)【住所又は居所】の欄について
「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。但し、識別番号を記載したときは、「【住所又は居所】」の欄は設ける必要はありません。
(3)【氏名又は名称】の欄について
「【氏名又は名称】」の欄には、特許出願人が自然人にあっては氏名を記載します。
法人にあってはその名称を記載し、「【氏名又は名称】」の次に「【代表者】」の欄を設けて、その代表者の氏名を記載して下さい。以下の通りです。
【郵便番号】      111-1111
【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名又は名称】    アダルト グッズ株式会社
【代表者】      アダルト 太郎   印又は識別ラベル
書面による出願の場合は印又は識別ラベルを貼りつけます。
・「押印」又は「識別ラベル」について特許出願人の氏名(法人にあっては代表者)の横に、朱肉を用いて鮮明に印を押すか、又は、識別ラベルをはって下さい。印を押すときは識別ラベルは不要です。また、識別ラベルを貼るときは印を押す必要はありません。
【手数料の表示】
【予納台帳番号】××××××
【納付金額】     15000

特許業界は一般に前金です。手続き前にお金を支払う必要があります。予納等の支払いについては次回の記事「いよいよ出願」でお話します。
【予納台帳番号】××××××は6桁の数字(“予納届”により取得)
【納付金額】 15000は入力時″,″、″円″は不要
書面出願(必要な書類内容「願書、明細書、図面、要約書」を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です)で特許印紙を貼る場合は省略できる。【提出物件の目録】
 【物件名】      特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1

【提出物件の目録】の欄について
【提出物件の目録】の欄には、特許請求の範囲、明細書、図面及び要約書等特許願に添付する書類名を記載して下さい。数字は一式と言ういみですから、必ず″1″です。

注意:手数料の支払い方法に「電子現金納付制度」を採用した場合、【手数料の表示】欄は次のように記載してください(【納付金額】の行は削除)。
【手数料の表示】
 【納付番号】16桁の数字(インターネット出願ソフトで取得)
予納等の支払いについては次回の記事「いよいよ出願」でお話します。