FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
開運グッズ(絵馬)のデザイン登録・特許庁へいよいよ出願
前回と同様に開運グッズ(絵馬)を例にとり意匠出願の説明します。
☆1.初めに
意匠の取得に必要な書類は今までの記事で作成しました。これらを特許庁に出願(提出)する必要があります。出願方法も様々です。書面(窓口、郵送)或いはオンラインで行う方法があります。

☆2.書面出願について(一生で数度しか特許申請をしない人向け、簡単)
(1)書面出願とは
必要な書類内容(意匠登録願、図面)を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です。電子データ化するたの料金が加わり割高になります。特許申請をする度に不経済なことになりますが、事前手続(「識別番号付与請求書」「電子情報処理組織使用届」「予納届」)の必要がないので簡単です、一生で数度しか特許申請をしない人はこの方法をお勧めします。
(2)書面の閉じ方
書面の閉じ方を以下に示します。
P1000408.jpg
(3)書面出願の手順
①所定の形式で出願書類を作成する
3回に渡って意匠出願書類に関する記事を記載してきましたので、それを参考にして作成してください。
②特許印紙を貼る。
郵便局で必要な額の特許印紙16000円を購入して「意匠登録願」に貼り付ける。(予納制度、現金納付制度の利用も可能で、その場合は特許印紙を貼り付ける必要なし)
③出願書類を書留で特許庁長官宛に郵送もしくは特許庁の出願課窓口に提出。
提出先住所: 〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3 特許庁長官殿
郵送する封筒には忘れずに「出願書類在中」と記載しておきましょう。
④電子化料金を納付
出願後(財)工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払い込み用紙が送付されてきます、これに必要事項を記載して電子化料金を納付します。(書類を出してから2、3週間程度必要)
電子化手数料の額:1件につき、1,200円に書面1枚につき700円を加えた額です。
(例:出願書類の枚数が4枚の場合・・・1,200円+(4枚×700円)=4,000円)
参考までにその他特許にかかる費用を知りた方は下記に青文字で「特許関係費用」と書かれた部分をクリックして下さい。特許庁の費用一覧のページにリンクします。
特許関係費用

☆3.特許電子出願
出願を業としている人向けです。初期手続きが結構大変なんです。特許庁にアクセスし、マニュアルに従って手続きを行いますが、マニュアルを読んだだけでは理解できない方が多いと思います。冷たいようですが、効率を考えたら絶対に割に合いません。やってみようと思う方は一応 下にリンクしておきました。
電子出願マニュアル

☆4.発明協会の電子端末から出願
1.全国の発明協の住所は下記の青字の「発明協会の住所」をクリックして下さい。
発明協会の住所
発明協会に行く時には住民基本台帳カードに電子証明書を格納するICカード形式のものを持参します。
市区町村役場でお聞きください。なお、電子証明書を取得する際にパスワード設定します。重要ですので忘れないように。このパスワードを忘れると手続できません。窓口にいくと係りの者が色々教えてくれます。発明協会の住所
発明協会の職員の方多くは市役所等の公務員の天下りですので、利益は追及しません無料で丁寧に教えてくれます。しかし、根からの特許マンではありませんので、難しい案件は担当の弁理士に振ろうとします。金銭にゆとりがない場合は注意して下さい。



スポンサーサイト



開運グッズの意匠図面の作成

前回の記事である開運グッズの意匠登録願の続編です。前回と同様に図1に示す絵馬を例にとり説明します。
図1
P1000388.jpg

☆1.初めに
図面の基本
意匠権を取得するためには、「願書」及び「図面(写真、見本又はひな形で代用することも可能)」を作成して特許庁に出願(提出)する必要があります。意匠登録願は前回の記事で作成しました。今回は意匠図面です。図面の苦手な私は時折参考にしているリンクがあります。下記している意匠図面の基本です。興味のあるかたはクリックして下さい。
意匠図面の基本ここをクリック)

☆2 意匠図面原紙の作成
1、意匠図面の原紙の作成
先ず、意匠登録願の原紙を作成しましょう。特許出願書類の【書類名】図面の部分をそのまま利用できます。下記の「特許出願書類の様式」をクリックして下さい。
特許出願書類の様式(特許庁の様式集にリンクしています。)
これを名前を付けて保存します。そして、「【書類名】特許願 【書類名】明細書 【書類名】特許請求の範囲 【書類名】要約書」を削除して写真1のように【書類名】図面だけのこします。次に【図1】を【正面図】に変更し、【図2】を【背面図】に、【図3】を【右側面図】に、【図4】を【左側面図】に、【図5】を【平面図】に、【図6】を【底面図】に、変更して保存します。これが意匠図面の原紙となります。
写真1
P1000394.jpg
2.確認事項
①A4サイズの白紙を使用します。
②文字は、10~12ポイントの大きさ、黒色で明瞭かつ容易に消すことができないよう記載します。
③余白、少なくても左側に20mmが必要です。他は制限はありません。

2.意匠図面の作成要領
説明の為、図面を作成してみました。写真2~4を例に作成要領を説明します。
写真2
意匠図面(正面図、背面図、右側面図です。)
P1000404.jpg
写真3
意匠図面(平面図、底面図です。)
P1000405.jpg
写真4
拡大図(写真2の正面図の拡大です。)
P1000406.jpg
(1)【書類名】について
【書類名】には「図面」と記載しますが、図面に代えて写真、ひな型もしくは見本を提出する場合は、「写真」、「ひな形」又は「見本」のいずれか該当するものを記載します。また、「図面」や「写真」の両方を用いる場合は、次のように欄を繰り返し設けて記載してください。
【書類名】図面
 【正面図】
イメージ
 【背面図】
イメージ
 ・・・(省略)・・・

【書類名】写真
 【使用状態を表す参考図】
イメージ
(2)図面のページ数の記載
図面が複数ページにわたるときは、各ページの上の余白部分右端にページ数を記載します。(写真4参考)
(3)図面の表示
各図の上部には、その種類に応じ「【正面図】」、「【背面図】」、「【左側面図】」、「【右側面図】」、「【平面図】」、「【底面図】」、 「【表面図】」、「【裏面図】」、「【○○断面図】」、「【○○切断部端面図】」、「【○○拡大図】」、「【斜視図】」、「【正面、平面及び右側面を表す図】」のように記載します。また、その図が参考図である場合は、その旨も記載します。複数の図の表示が同一名とならないように注意してください
(4)図面の描き方
①平面的なものを表す場合
各図同一縮尺により作成した「表面図」、「裏面図」をもって一組とし、原則として一組の図面は1枚の用紙に記載します。
※表面図と裏面図が同一もしくは対象の場合又は裏面が無模様の場合には裏面図を省略することが出来ます。その場合は、その旨を願書の「【意匠の説明】の欄に記載します。
②立体を表す場合
正投影図法により各図同一縮尺で作成した「正面図」、「背面図」、「左側面図」、「右側面図」、「平面図」及び「底面図」をもって一組とし記載します。
※但し下記に掲げる図が同一又は対象の場合、下記の図を省略することもできます。
(正面図と背面図が対象の場合は背面図が省略可、左側面図と右側面図が対象の場合はいずれか一方の側面図が省略可、平面図と底面図が対象の場合は底面図が省略可、)図を省略した場合はその旨を願書の「【意匠の説明】」欄に記載してください。
●上記の図面だけでは、十分表現できない場合、展開図、断面図、切断部端面図、拡大図、斜視図や、使用状態を示した図、その他参考図を加えることができます。
(5)厳守事項
①各図は、横150ミリ、縦113ミリを超えて記載してはいけません。
②図形の中には、下記のものを記入しないで下さい。(※参考図を除く)
 ・中心線
 ・基線
 ・水平線
 ・影を表すための細線又は濃淡
 ・内容を説明するための指示線
 ・符号又は文字その他意匠を構成しない線
③図は横に並べて描いてはいけません。必ず上下に並べて記載してください。



開運グッズの意匠登録願の作成

前回の記事である開運グッズの意匠調査の続編です。前回と同様に絵馬を例にとり説明します。
☆1.初めに
(1)出願書類
意匠権を取得するためには、「願書」及び「図面(写真、見本又はひな形で代用することも可能)」を作成して特許庁に出願(提出)する必要があります。先ずは意匠登録願を作成しましょう。

☆2.意匠登録願の原紙の作成
先ず、意匠登録願の原紙を作成しましょう。特許願の原紙の文言を変更して、意匠登録願の原紙を作成します。
(1)特許願原紙の作成
下記の「特許出願書類の様式」をクリックして下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。) これを名前を付けて保存します。これが特許願の原紙となります。
特許出願書類の様式
(2)意匠登録願原紙の作成
下記の「意匠登録出願の様式」をクリックして下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。)
意匠出願様式
しかし、この意匠出願の様式には書き込めませんので、その内容を保存しておいた特許願の原紙に上書きし保存して意匠出願原紙とします。書き換えの必要部分を列記します。(面倒な人は全て上書きして下さい。)
①15000円を16000円に変更(特許印紙の下部分の金額)
②【書類名】特許願  を  【書類名】意匠登録願に変更
③【国際特許分類】  を  【意匠に係る物品】に変更
④【発明者】     を  【意匠の創作をした者】に変更
⑤【特許出願人】   を  【意匠登録出願人】に変更
⑥【物件名】 特許請求の範囲を削除
⑦【物件名】 明細書1を削除
⑧【物件名】 要約書を削除
⑨【意匠に係る物品の説明】を追加
⑩【意匠の説明】を追加
以上です。図1のようになります。意匠出願には明細書、要約書は不要ですので削除です。これを意匠登録出願の原紙とし、これに必要事項を書き込みます。
図1
P1000390.jpg
(3)確認事項
既に設定されているはずですが、一応確認しましょう
①A4サイズですか。
②文字は10~12ポイントの大きさで、書体は標準の明朝体もしくはゴシック体、黒色で設定されていいますか。(半角文字や、不要な文字、記号、罫線、枠線などは記載してはいけません。)
③左からの横書きで、1行36文字以内、1ページ29行以内で記載してください。
④上余白6cm、左右余白2~2.3cm 下余白2~2.3cmですか  

☆3.意匠登録願の作成
次は「意匠登録願」の作成です。願書に記載す文字は赤字です。それ以外は説明です
 特 許
印 紙
(16000)

【書類名】   意匠登録願
【整理番号】  AAA001111
【提出日】   平成24年12月24日
【あて先】   特許庁長官 殿
【意匠に係る物品】  絵馬
【意匠の創作をした者】
【住所又は居所】 愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名】     若山 花子
【意匠登録出願人】
【識別番号】
【住所又は居所】愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名又は名称】若山 花子  印又は識別ラベル
【提出物件の目録】
【物件名】       図面     1
【意匠に係る物品の説明】本願物品の上部には吊るし紐が設けられている場合には神社の絵馬奉納用の結び木などに本願物品を吊るすことができる.
【意匠の説明】右側面図と左側面図が対象のため左側面図を省略する。

☆4.意匠登録出願の作成要領
(1)出願手数料について

特 許
印 紙

(16000)
意匠登録出願時の特許印紙代の総額を記載し、その金額の上に特許印紙を貼付してください。
意匠登録出願料は16,000円です。特許印紙については、各地域の集配郵便局で扱っています。くれぐれも収入印紙とお間違えのないようお願いします。また、特許印紙には割印を押さないようお気をつけください。
(2)書類名について
【書類名】   意匠登録願
(3)【整理番号】について
【整理番号】は数字・ローマ字(大文字に限る)あるいは「-」の組み合わせで10字以内にしてください。私はAAA001111にしました。
(3)【提出日】平成24年12月24日について
郵便局から郵送する場合は、郵送する当日(投函日)を記入します。特許庁へ持参する場合は、持参する当日を記入してください。  
(4)【意匠に係る物品】について
記載できる物品名は意匠法施行規則表に記載されているものに限られています。前回、絵馬をキーワードに多数の案件を意匠検出することができました。ということは規則別表に応じているということです。物品名には絵馬を記載します。
(5)【意匠の創作をした者】について
【意匠の創作をした者】
【住所又は居所】 愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名】     若山 花子
実際に意匠を創作した人で、個人名を記入します。任意の団体名、○○研究所等の屋号であってはいけません。また、ニックネームも禁止されておりますので、正確な個人名を記入してください。
《職務の場合》
【住所または居所】 東京都港区芝5丁目10番4号
           開運グッズ有限会社内
【氏名】       若山 花子
創作者が複数いる場合は、次のように欄を繰り返し設けて記載して下さい。
【意匠の創作をした者】
  【住所又は居所】
  【氏名】
【意匠の創作をした者】
  【住所又は居所】
  【氏名】
となります。
(6)【意匠登録出願人】について
【意匠登録出願人】
【識別番号】
【住所又は居所】愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名又は名称】若山 花子  印又は識別ラベル
となります。意匠登録出願人とは、後に意匠権の権利者になる人です。個人、法人のどちらでも良いのですが、屋号やニックネームではなく、正確なものを記入してください。【識別番号】は、初めて出願する人は持っていないので記載は不要です(行ごと削除してください)。出願すると特許庁から識別番号をもらえるので、2回目以降の出願からは記載してください。【識別番号】を記入した場合は、その下の【住所又は居所】を省略することもできますので、その場合は行ごと削除してください。 特許庁より【識別番号】及びラベルを発行してもらっている方はその識別ラベルを【氏名または名称】(法人の場合は【代表者】)の右横に貼付してください。【識別番号】の無い(初めて出願する方)場合、個人の方は実印である必要はありませんが、今後、この出願人での出願案件は全てこの印で統一しなくてはならないので、しっかりと管理された印を、他の文字にかからないように押印してください。法人の場合は、代表者印を、代表者の右横に他の文字にかからないように押印ください。出願人が複数いる場合は、【意匠登録出願人】の欄をくり返し設け、それぞれの欄内に【氏名または名称】等、必要事項を記入してください。
(7)【提出物件の目録】について
【提出物件の目録】
 【物件名】       図面     1
と記載します。図面 1は図面が一式という意味です。必ず1です。叉、写真、ひな形又は見本を提出することもできます。写真、ひな型又は見本を提出するときは、【物件名】に「図面」ではなく、「写真」、「ひな形」又は「見本」と記載します。
(8)【意匠に係る物品の説明】について
特に説明の必要がある特殊な物品の場合には、その物品の使用の目的、使用の状態など、物品の理解を助けることができるような説明を記載します。今回、絵馬は吊るし紐が設けられていることを使用状態と説明しました。
(9)【意匠の説明】について
特に必要がある場合には以下のように記載します。
①物品名や図面だけでは分かりにくい場合
物品名や図面だけでは分かりにくく、物品の材質や大きさが意匠に非常に重要な場合には、その物品の材質や大きさなどを記載します。
②機能により形状等が変化する場合
意匠に係る物品の形状、模様又は色彩が、その物品の機能によって変化する場合には、その旨とどのような機能かを記載します。(例:手足の動くおもちゃなど)
③意匠に係る物品が透明の場合
意匠に係る物品の全部又は一部が透明であるときは、その旨を記載します。
④図面の一部をを省略した場合
図の一部の面を省略してもその態様が明確に分かる場合には、その旨を記載します。
(例:「左側面図は右側面図と対象にあらわれるため省略する」)
⑤物品の一部のみの意匠登録を受けたい場合
物品の部分についてのみ意匠登録を受けたいときは、その部分を特定する方法を記載します。
(例:「実線で表された部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。」)
⑥注意事項
文字のみを記載し、図、表等を記載してはいけません

次回は意匠図面の作成です。


開運グッズのデザイン(意匠)調査

☆1.意匠調査の意味
出願しようとするデザインに関してどのようなデザインが既に出願されているかを知るのは極めて重要です。同じようなデザインがあった場合でも、デザインの一部を変更したり、あるいは、対象物品を変更すれば登録の可能性がでてきます。又、類似するタイプの案件は出願時の参考になります。

☆2.調査対象
今回は前回の記事(開運グッズのいろいろ)を受けて神社でよく見かける絵馬を例にとり意匠調査をしたいとおもいます。対象となる絵馬を図1に示します。
図1
P1000388.jpg

1.意匠検索の利用
(1)検索画面の呼び出し
下記の「意匠検索」をクリックして下さい。(特許電子図書館の意匠検索にリンクしています。)
「意匠検索」ここをクリック)
図2が表示されます。これにキーワードを入れます。
今回の検索キーワードは絵馬です。意匠に係る物品の欄に入力します。
図2
P1000384.jpg
(2)一覧画面表示
図2の画面中の「検索」をクリックすると図3が表示されます。この図3にはヒット数(出願されている件数)が表示されます。ヒット数が500件を超えると一覧表示ができませんから更に別のキーワードを追加し500件以下にします。
図3
P1000389.jpg
図3から絵馬に関する意匠が12件あることがわかります。次に図3中の「一覧表示」をクリックします。すると、図4が表示されます。
図4
P1000386.jpg
図4中には類似する意匠はなさそうです。参考になる意匠がある場合はその部位をクリックして詳細画面を保存しましょう。私は参考になると思う意匠をクリックしました。図5に示します。
図5
P1000387.jpg
意匠調査も終わりました。次回は意匠登録願及び図面の作成です。

デザイン登録(意匠出願)です。開運グッズのいろいろ

☆1 もうすぐ正月です。
12月です。ここ5,6年、「いい年だったなあー」と感じたことがない私は毎年今頃になると、来年は「いい年になればいいなー」と願っています。そして、今年も同じように来年は「いい年になればいいなー」とつぶやく日々です。店頭では門松、鏡餅等の正月グッズが売られ、お寺、神社では来年に向けて開運グッズが準備されています。そこで、今回、正月によく見かける開運グッズの中から面白いと思われたものを紹介します。もちろん、デザイン登録出願(意匠出願)されたグッズの中からです。

☆2 事例
1、事例1
P1000363.jpg
これは2段重ねの小餅の上にその年の干支の模型を置き透明のナイロンでパックしたものです。昨日、スーパーで同じものをみました。ナイスアイデアです。12の干支がすべて出願されていました。抜け目がないです。

事例2
P1000364.jpg
この餅は鏡餅又は疑似鏡餅を透明のケース部に収容し、そのケース部の正面、平面及び側面に、正月用の飾り模様及び慶賀詞を描いたものです。これも店頭で見たようなきがします。これも良いアイデアだと思います。

事例3
P1000365.jpg
この品物はテレビ(鋼の錬金術師)で似たようなものを見た気がします。説明には「かばんに入れて持ち歩いたり玄関や台所に置くなどして魔除け、厄除けを行う、または本物品の上に水晶などの石を置くことによりその石のお清めを行うことを目的としたお守りである」と記載しています。これを出願した人はきっとその効果を確信しています。信じる人には効果があると思います。

事例4
P1000370.jpg
説明には「本願物品は神社などに奉納する絵馬である。この絵馬は願い事を記入した用紙を筒状に丸め本願物品の下部から内部に収納し蓋で閉じて使用したり、上図に示すように本願物品の下部に蓋を取った状態で上記用紙を差し込んで使用する。また、本願物品の上部には吊るし紐が設けられており、神社の絵馬奉納用の結び木などに本願物品を吊るすことができる」とあります。意匠には機能を問いませんが、ある目的を達成しようとすると、形が決まってしまう場合があります。特許で出願したいのですが、難しい場合には意匠出願する場合が多々あります。

事例5
P1000368.jpg
説明には「表面、中央に阿弥陀如来、その右に観音菩薩、その右脇に薬師如来、真中、阿弥陀如来の左に大日如来、その左脇に千手観音を配置した構図で、光背があり、上部に日本之神仏という字が書いてある、線画絵図です。裏面、上部に 日本之神仏 の字と、その下全面に、四百六十八の代表的な神仏の名を 列記してある構図です」と記載しています。非常にありがたいです。

事例6
P1000366.jpg
手首に装着する数珠です。効果の程はわかりませんが、石の材質と色によって効果が違うといいます。例えば、精神的に不安定なときはこの石でこの配置とか言った具合です。又、数珠が人を選ぶと聞いたことがあります。これはきっと、その知識も持った人がその配置も考えて作ったものだと思います。
事例7
P1000367.jpg
説明にはお守りと記載されているだけです。似たお守りは神社の店頭でよくみます。子供に買って帰りたくなります。
ペットグッズ(猫のトイレ)の出願審査請求
☆1.始めに
出願するだけでは,審査はされません。審査してもらうためには出願審査請求書を出さなくてはなりません。すなわち、特許出願されたもの全てが審査されるわけではなく、出願人又は第三者(誰でも)が審査請求料を払って出願審査請求した出願だけが審査されます。審査請求されなかった出願は、取り下げられたものとみなされますが、以後は誰も特許をとることはできません。

☆2.審査請求の決まり事
青字の審査請求の決まり事をクリックしてく下さい。(特許庁の審査請求記載事項にリンクしています。)
ここに記載された内容を噛み砕いて説明します。
(審査請求の決まり事ここをクリック)

1.審査請求の時期と特許件の有効期間
特許の有効期間は、特許出願の日から20年です(例外的に延長される場合があります)。通常は、出願から20年を経過すれば、その特許権は消滅します。出願の日から20年を経過しなくても、特許料の不納等の他の理由で、特許権が消滅する場合もあります。特許権が現在有効であるかどうか調べるには、特許原簿を閲覧すればわかります。
例えば、特許出願をしてから、その後、審査請求をして、審査があり、審査が終了し、特許料の納付して、特許権が発生するまでに、5年かかれば、特許の有効期限は、残り15年ということになります。

2.出願審査請求日
特許申請の日(法律用語では特許出願日といいます)から3年以内(出願日が平成13年10月1日よりも古いものは7年以内)らばいつでも出来ます。しかし、忘れてしまわないように、1~2年のうちに審査請求をするかしないかを決めた方がいいでしょう。申請と同時にも請求できますが、出願番号(オンライン申請では直ぐに手に入る)を手に入れてからが良いでしょう。

3.出願審査請求書の作成方法
用紙は、すべてA4サイズで、各ページが50行、各行が40字です。
以下の例を見て、同じ書式にしてください。
青文字で審査請求様式と書かれている部分をクリックしてください。特許庁の出願審査請求にリンクしています。出願審査請求様式
赤色のところは御自分の場合に合わせて書き直してください。
それ以外は説明です。
(1)審査料金
用紙の左上に特許印紙を貼ります。
貼った特許印紙の下に 料金額を( )して書きます。)
(122000円)(請求項の数が1つの場合)

(2)書類名 
請求人が出願人以外である場合には出願審査請求書(他人)と記載します。
【書類名】          出願審査請求書
(3)提出日
【提出日】    平成24年11月1日   
①郵送(印紙が高額なので書留にして下さい)で特許庁へ送る場合はその日の日付
②発明協会のパソコンでオンラインによる手続きをする場合にはその日の日付
(4)許庁長官です。
【あて先】     特許庁長官
(5)出願の表示
記載しません
【出願の表示】
(6)出願番号
出願によって手に入れた出願番号を入れます。
【出願番号】特願2016-OOOOO
(7)請求項の数
明細書の請求項の数を見て記載します
【請求項の数】    1  
(8)請求人と識別番号
【請求人】
【識別番号】OOOOOOOOO  
  
(郵便による出願によって与えられます)
  【住所または居所】  愛知県名古屋市・・・・1番地1号
  【氏名】       若山 花子

【代理人】(今回は自分で行うので記載の必要はありません)
  【識別番号】
  【弁理士】
  【氏名または名称】
【手数料の表示】
  【納付方法】
 
 【予納台帳番号】(特許印紙で払うので,今回は記載の必要はありません)
  【納付金額】     122000(請求項の数により変わります)


4.出願審査請求の料金の計算
(平成23年8月1日以降の審査請求の場合)
審査請求の料金は、特許庁に支払うもので、次のように定められています。
 118,000円+4000円 X 請求項の数
例とした明細書では、請求項の数は1つなので
        =118,000円+4000円 X 1
        =122000円   となります。   
この料金は(個人が一生に数度の特許申請では)特許印紙で支払うのがいいと思います。
審査請求費用、その他費用について青字で書いる費用一覧をクリックして下さい。
費用一覧





ペットグッズ(猫のトイレ)・特許庁へいよいよ出願
前回と同様に猫のトイレを例にとり説明します。
☆1.初めに
特許権の取得に必要な書類は今までの記事で作成しました。これらを特許庁に出願(提出)する必要があります。出願方法も様々です。書面(窓口、郵送)或いはオンラインで行う方法があります。

☆2.書面出願について(一生で数度しか特許申請をしない人向け、簡単)
(1)書面出願とは
必要な書類内容(願書、明細書、図面、要約書)を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です。電子データ化するたの料金が加わり割高になります。特許申請をする度に不経済なことになりますが、事前手続(「識別番号付与請求書」「電子情報処理組織使用届」「予納届」)の必要がないので簡単です、一生で数度しか特許申請をしない人はこの方法をお勧めします。
書面手続きについてのリンクの欄です。下記の「書面手続き(青字)」クリックしてください。発明協会の書面手続きのページにジャンプします。 
書面手続き
P1000308.jpg

(2)書面出願の手順
①所定の形式で出願書類を作成する
7回に渡ってペットグッズの出願書類に関する記事を記載してきましたので、それを参考にして作成してください。
②特許印紙を貼る。
郵便局で必要な額の特許印紙15000円を購入して「願書」に貼り付ける。(予納制度、現金納付制度の利用も可能で、その場合は特許印紙を貼り付ける必要なし)
③出願書類を書留で特許庁長官宛に郵送もしくは特許庁の出願課窓口に提出。
提出先住所: 〒100-8915 東京都千代田区霞が関3-4-3 特許庁長官殿
郵送する封筒には忘れずに「出願書類在中」と記載しておきましょう。
④電子化料金を納付
出願後(財)工業所有権電子情報化センターから電子化料金の払い込み用紙が送付されてきます、これに必要事項を記載して電子化料金を納付します。(書類を出してから2、3週間程度必要)
電子化手数料の額:1件につき、1,200円に書面1枚につき700円を加えた額です。
(例:特許出願書類の枚数が10枚の場合・・・1,200円+(10枚×700円)=8,200円)
参考までにその他特許にかかる費用を知りた方は下記に青文字で「特許関係費用」と書かれた部分をクリックして下さい。特許庁の費用一覧のページにリンクします。
特許関係費用

☆3.特許電子出願
出願を業としている人向けです。初期手続きが結構大変なんです。特許庁にアクセスし、マニュアルに従って手続きを行いますが、マニュアルを読んだだけでは理解できない方が多いと思います。冷たいようですが、効率を考えたら絶対に割に合いません。やってみようと思う方は一応 下にリンクしておきました。
電子出願マニュアル

☆4.発明協会の電子端末から出願
1.全国の発明協の住所は下記の青字の「発明協会の住所」をクリックして下さい。
発明協会の住所
発明協会に行く時には住民基本台帳カードに電子証明書を格納するICカード形式のものを持参します。
市区町村役場でお聞きください。なお、電子証明書を取得する際にパスワード設定します。重要ですので忘れないように。このパスワードを忘れると手続できません。窓口にいくと係りの者が色々教えてくれます。

発明協会の職員の方多くは市役所等の公務員の天下りですので、利益は追及しません無料で丁寧に教えてくれます。しかし、根からの特許マンではありませんので、難しい案件は担当の弁理士に振ろうとします。金銭にゆとりがない場合は注意して下さい。



ペットグッズ(猫のトイレ)の特許願の作成へトライ
前回の記事である特許要約書・図面の作成の続編です。前回と同様にペットグッズである猫のトイレを例にとり説明します。

☆1.初めに
(1)出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付け保存して下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。)
特許出願書類の様式

次は「特許願」の作成です。願書に記載す文字は赤字です。それ以外は説明です。

☆2.様式
【書類名】       特許願
【整理番号】      AAA001111
【あて先】       特許庁長官殿
【国際特許分類】     A01k  1/015
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名】        若山 花子
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】   若山 花子  
【手数料の表示】
 【予納台帳番号】××××××
 【納付金額】15000
【提出物件の目録】
 【物件名】     特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1

☆3.特許願い作成要領
【書類名】       特許願
1.【整理番号】について
【整理番号】      AAA001111
【整理番号】には任意で好きな英数字で10文字以内で記載(ローマ字「大文字に限る。」、アラビア数字若しくは「-」又はそれらの組み合わせからなる記号であって、10字以下のものを記載して下さい。)私はAAA001111にしました。

2.【国際特許分類】について、
【国際特許分類】    A01k  1/015   
前回の特許調査で得た先行文献の特許分類をそのままコピーしましょう。通常は特許分類表で調べますが、面倒です。( ××××□□×/××の特許分類で調べて ″/″の前の数字が3桁に満たないときは足りない桁分空白を入れます。不明な場合は省略しても良いことになっています。)    

3.発明者について
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1-1-1
 【氏名】        若山 花子 
発明者の欄と出願人の欄がありますが、特許の権利は出願人にあります。又、発明者は人です。法人或いは団体名はダメです。
(1)「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。
(2)「【氏名】」の欄には、戸籍に記載されている氏名を記載して下さい。通称名やペンネーム等は認められません。
(3)発明者の欄に記載すべき者が2人以上あるときは、次のように欄を繰り返し設けて記載して下さい。
【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】
【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】

4.特許出願人について
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】    若山 花子
特許出願人が権利者です。
(1)【識別番号】には9桁の数字( “識別番号付与請求書”により取得) 識別番号を記載します。記載した場合は、住所の記載は省略できます。初めて出願する方には識別番号がありませんので、「【識別番号】」の欄は設ける必要はありません。
(2)【住所又は居所】の欄について
「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。但し、識別番号を記載したときは、「【住所又は居所】」の欄は設ける必要はありません。
(3)【氏名又は名称】の欄について
「【氏名又は名称】」の欄には、特許出願人が自然人にあっては氏名を記載します。
法人にあってはその名称を記載し、「【氏名又は名称】」の次に「【代表者】」の欄を設けて、その代表者の氏名を記載して下さい。以下の通りです。
【郵便番号】      111-1111
【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名又は名称】    ペットグッズ株式会社
【代表者】      若山 花子   印又は識別ラベル
書面による出願の場合は印又は識別ラベルを貼りつけます。
・「押印」又は「識別ラベル」について特許出願人の氏名(法人にあっては代表者)の横に、朱肉を用いて鮮明に印を押すか、又は、識別ラベルをはって下さい。印を押すときは識別ラベルは不要です。また、識別ラベルを貼るときは印を押す必要はありません。

5.手数料について
【手数料の表示】
【予納台帳番号】××××××
【納付金額】     15000
特許業界は一般に前金です。手続き前にお金を支払う必要があります。予納等の支払いについては次回の記事「いよいよ出願」でお話します。
【予納台帳番号】××××××は6桁の数字(“予納届”により取得)
【納付金額】 15000は入力時″,″、″円″は不要
書面出願(必要な書類内容「願書、明細書、図面、要約書」を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です)で特許印紙を貼る場合は省略できる。
6・提出物件について
【提出物件の目録】
 【物件名】      特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1
【提出物件の目録】の欄について
【提出物件の目録】の欄には、特許請求の範囲、明細書、図面及び要約書等特許願に添付する書類名を記載して下さい。数字は一式と言ういみですから、必ず″1″です。

注意:手数料の支払い方法に「電子現金納付制度」を採用した場合、【手数料の表示】欄は次のように記載してください(【納付金額】の行は削除)。
【手数料の表示】
 【納付番号】16桁の数字(インターネット出願ソフトで取得)





ペットグッズ(猫のトイレ)の特許・要約書及び図面の作成へトライ

前回の記事である特許請求の範囲の作成の続編です。前回と同様にペットグッズの一つである猫のトイレを例にとり説明します。

☆1.初めに
(1)出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付け保存して下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。)
特許出願書類の様式

☆2.要約書とは
要約書は明細書等の他書面に比べると重要度がかなり落ちます。検索を容易にする為に書いているようなものです。検索されるのを嫌う場合にはポイントを外して書く人がいるぐらいです。しかし、出願書類に含まれていますから書きましょう。
要約の文章は赤色文字で記載しています。それ以外は説明です。
(1)要約書の記載項目には【課題】と【解決手段】があります。【課題】には前回作成した明細書の【発明が解決しょうとする課題】の部分をそのままコピーし貼り付けます。又、【解決手段】には明細書の【課題を解決するための手段】をそのままコピーし貼り付けます。そして、その構成部材の後ろには選択図中の構成部材の符号をいれます。
(2)様式
【書類名】 要約書
【要約】
【課題】従来の猫のトイレには排尿が溜まる尿取りパット用容器と、その上部に取り付けられ底部分が尿の透過性部材で作られた猫砂利用容器とを配置したものがある。しかし、次の①②に示す問題点があった。
①尿取りパットの交換時期を忘れてしまい、尿取りパット用容器から尿が溢れるという非常事態が発生する。
②吸水パットの吸水状態を外観から確認できないため、尿取りパット用容器をトイレからだして確認する必要があった。
【解決手段】本発明によって提供される猫のトイレは尿取りパットが敷かれ尿を溜める尿取りパット用容器4と、この尿取りパット用容器4の上部に配置され、底面が尿が透過する透水性部材で形成された猫砂利用容器3とを備えたものであって、尿取りパット用容器3に溜まった尿の量が所定の重さに達したことを感知する感知具の一例であるマットSW5と、感知具の感知状態を外部に表示する表示具の一例であるランプ7とを備えたものである。
【選択図】 図1


☆3.図面の作成
図面は原則として製図法(正投影図法等)に従って作成します。上手に図面を描くには熟練が必要です。しかし、上手に図面を描こうとすると何もかけなくなり挫折してしまいます。挫折してはいけません。第三者から見て発明品の特徴が分かる程度の絵を描きましょう。

1.図面の書ける人は図面を描きましょう。
ブログのリンクの欄に特許図面要領がありますので、これを参考にして下さい。

2.図面の書けない人は絵を描きましょう。
(1)写真を絵取る。
実物がない場合は類似した商品のカタログをPCで検索しプリントして、それを絵取りましょう。
図1は猫のトイレを特許検索して得た図に本発明の構成部材であるマットSWとボタン電池ホルダとランプを追加したものです。斜視図を思わせますが、各部材の見る方向がそれぞれに違い、又、大きさも等倍ではありません。でも構成を説明するには充分です。本発明の猫のトイレを説明する概略斜視図とします。
(2)図面の必要性
下手な図面であっても添付していればそこから査定に対する補正もできます。例えば、明細書に書かれていなくても容易に図面から理解できる事項についてはこれをもとに明細書を補正できる可能もあります。又、類似する後願の発明を排除できる可能性もあります。中には昔の特許図面は芸術だった、今はマンガの絵のようだと嘆く人がいますが、それはそれ、お金のある人は高い代金を払い専門家に描いてもらえばいいし、ない人はそれなりかんばって描けばいいのです。
(3)意匠図面
意匠図面は特許図面と違いデザインが重視されなますから、これはマンガ的なイラストはだめです。正投影図法に基づいて正確に書く必要があります。
(4)提出図面
今回は特許庁に提出するわけではありませんので、清書はしません。

【書類名】 図面

【図1】

P1000361.jpg

【図2】
P1000359.jpg

【図3】
P1000358.jpg

【図4】

P1000360.jpg








ペットグッズ(ネコさんトイレ)の特許請求の範囲の作成へトライ
前回の記事であるペットグッズの特許明細書の作成の続編です。前回と同様に猫のトイレを例にとり説明します。
☆1.始めに
(1)出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付けコピして下さい。
特許出願書類の様式
(2)特許請求の範囲とは、
特許請求の範囲を言い換えると、独占権の範囲となります、いわば出願書類の心臓部です。ここで、発明者は独占権の範囲を宣言します。広い範囲を含むように宣言すれば強い権利になりますが、審査ではねられる可能性も高くなります。逆に審査に通るようにと狭い範囲を宣言すると特許権としての価値がなくなる場合もあります。
(3)特許請求(独占権)の範囲と構成部材との関係
特許請求の範囲に記載する構成部材はできるだけ少なく。
代表的課題と代表的効果を結びつけるのに必要最小限の構成部材のみを記載しましょう。独占できるのは記載された部材を全て含む物だけです。独占権の範囲の大きさは記載する構成部材の数に反比例します。

☆2.特許請求の範囲の作成
特許請求の範囲の文章は赤色文字で記載しています。それ以外は説明です。
1.確認事項(出願前準備:考えをまとめましょうをもう一度見ましょう)
(1)問題点、構成部材、効果の関係が適切かを確認します。
(2)従来の製品の最小構成部材を確認します。
(3)発明の製品の最小構成部材を確認します。

2.書き方
(1)「○○○を備えた・・・・であって、△△△したこと特徴する・・・・・」と書きます。○○○には従来品の構成部材とその説明、△△△には発明品の構成部材とその説明,・・・には発明の名称を書きます。

3.猫のトイレの問題点と構成部材と効果を再確認しましょう。
ペットグッズの出願前準備(考えをまとめましょう。)の記事をもう一度読んで問題点と構成部材と効果を整理しましょう。
(1)問題点の確認
市販されている猫のトイレを使用した場合の問題点を下記します。
①尿取りパットの交換時期を忘れてしまい、尿取りパット用容器から溢れるという非常事態が発生する。
②吸水パットの吸水状態を外観から確認できない。(尿取りパット用容器をトイレからだして確認する必要がある。)
(2)従来の猫のトイレの構成部材
①猫砂利用容器
②尿取りパット用容器
(3)発明対象の猫のトイレの構成部材
①猫砂利用容器(底面が尿透過性部材で形成されている。)
②尿取りパット用容器
③感知具(尿取りパットが所定の重さに達するとこれを感知する)
④表示具(感知部に連動し交換時期を表示する。)
(4)効果
①尿取りパットの交換時期を忘れてしまっても、交換時期表示部が交換時期を表示するので、尿がトイレから溢れるという非常事態が発生しない。
②交換時期表示が外観から交換時期を表示するので、わざわざ、尿取りパット用容器をトイレから引き出して確認する必要がない。

4.特許請求の範囲の記載
【書類名】特許請求の範囲
【請求項1】
尿取りパットが敷かれ尿を溜める尿取りパット用容器と、この尿取りパット用容器の上部に配置され、底部分が尿が透過する透水性部材で形成される猫砂利用容器とを備えた猫のトイレであって、尿取りパット用容器に溜まった尿の量が所定の重さに達したことを感知する感知具と、感知具の感知状態を外部に表示する表示具とを備えたことを特徴としている猫のトイレ。