FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。老犬ロン物語、その4、お嬢ちゃん頑張れ。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。老犬ロン物語、その4、お嬢ちゃん頑張れ。

柴犬の俺言います。

「表がにぎやかだな、今日は何かあるの、猫さん。」

猫さんいいます。

「今日はクリスマスイブなんだ、人間が神様の誕生日をお祝いするんだよ、

ま~、俺たちには関係ないけどね、

お前もお買い得、6万円の札がついてから1月になるけど

飼い主みつからないね、そろそろ処分じゃないか、

あ、客がきた、でも、貧相な客だ、お買い得犬、

愛想を振るんだ、尻尾を振るんだいいな」

柴犬の俺の心

「あいそ、あいそ、尻尾ふりふり」

客である家内言います。

「あなたたち、見るだけよ、買わないわよ、いい、

何々、柴犬の幼犬、13万円 高いわ、」

店員のお姉さんの心

「貧相な客、高い犬は無理だわ、買う気もないようだわ、

こんな時は子供を攻撃するのよ、」

店員のお姉さん7歳の娘に話かけます。

「犬、好きなの、抱っこしてみる、」

柴犬の俺の心

「買い得な私を見て、買ってお願い、よしこれでどうだ、

笑みを浮かべて尻尾ふりふり攻撃だ、お~、久しぶりの抱っこ、

お嬢ちゃん、離さないで、次は、お顔、ぺろぺろ攻撃だ。」

店員のお姉さん言います。

「この犬、お買い得なんですよ。」

家内の心

「お買い得、だめ、その言葉にはよわいの。」

娘の由利言います。

「お母さん、この犬、飼って飼ってもいい、いいでしょ。」

猫さん、店員さん、トカゲさん、柴犬の俺の心

「頑張れ、お嬢ちゃん、お母さんを説得して、

頑張れ、頑張れ、お嬢ちゃん。」

家内が口を開きます。

「飼ってもいいけど、クリスマスプレゼントとお年玉なしよ、」

子供達「ハーイ」

柴犬の俺、猫さんに言います。

「猫さん、ありがとう、

猫さんも早く飼い主見つかるといいね。」

猫さん言います。

「その必要は無いんだよ、2ケ月前に処分されたから、お前のことが

心配で見にきたんだよ、良かったな。」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



余談です。老犬ロン物語、その3、お買い得になっちゃった。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。老犬ロン物語、その3、お買い得になっちゃった。

猫さん言います。

「お前もここに来て、4ケ月が過ぎたな、大きくなったな。」

柴犬の俺、言います。

「周りが小さい犬ばかりだと、思ったら、俺が大きくなったのか」

更に言います。「猫さん、おなかすいて、ぺこぺこだよ、

ごはん、少ししかくれないんだ、夜もねれないよ、」

猫さんいいます。「店長さん、ごはんを少なくして、

お前が大きくなるのを抑えているんだよ、

大きくなると、お前の価値がさがるんだ。」

俺いいます「「猫さん、店長さん何か持ってきたよ、

おれのゲージに貼っていったよ、猫さん読んでおくれ、」

猫さん読みます。「お買い得、6万円 、ついに、お前も、お買い得か」

俺言います。「ヒエ~、俺、お買い得いやだよ、

売れ残って死にたくないよ~」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
余談です。老犬ロン物語、その2、尻尾振ります。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。老犬ロン物語、その2、尻尾振ります。

猫さん、言いますす。

「そこにいる成犬に近いレトリバー君にも

お買い得の札ついているだろう、2万円なんだ、

でもな、誰も買わない、大きくなりすぎなんだ、

餌も食べるし、

グルーミング費用もいるんだ、

人間からすると、

赤の資産って言うんだ。

だから、廃却されるんだよ、

でもな、俺たちは物じゃないんだ、生きているんだ、

坊主、廃却資産になりたくなかったら、

尻尾を振るんだ、

いやな客がきても、媚びを売りながら、ちぎれるほど

尻尾を振るんだいいいか」、

お、お客がきた、見てろ坊主、こうするんだ。」

お客いいます。

「この猫、変わっているど、

猫なのに、尻尾振りながら、チンチンしてるど。」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

出来事 和歌山、雪が積もりました。
私、和歌山に生まれ育って、こんな雪みたことがありません。
庭の梅木です。
P1000955.jpg
余談です。老犬ロン物語、その1、お買い得
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。老犬ロン物語、その1、お買い得

私は柴犬、ペットショップからこの家にもらわれ15年になる。

この家の長女さんにロンと言う名前をもらった。

15年経った今、耳は聞こえない、目は白内障、老いたが、

ペットショップにいたころを夢に見る。

ロン、夢の中を走ります。

「ここは何処だ、ペットショップだ、小さい犬、少し大きくなった犬、

生まれたての犬がいるな。」

更に夢の中を走ります。

「ここの店長さん、一日に数度、檻から出してくれて遊ばして

くれるんだ、楽しかったな、大きくなったお姉さん犬、

俺と同じ柴犬なんだ、俺、よく甘えたな、」

あれ、お姉さんのゲージに札がつけられたど、

何々、お買い得 いいな、お姉さんお買い得なんだ。」

でも、お姉さん元気ないな、」

お姉さん、遊ぼ、お姉さん。

「もう直お別れね、坊やがいて楽しかったわ、」

俺「どうしたのお姉さん、」

お姉さん

「このお買い得の札が付いて飼い主が見つからないと、遠いところにいくのよ、

もう帰れないのよ。」

それから数日が過ぎます。

俺「店長さん、かなしそうな顔をして、お姉さんをつれて行ちゃった。」

猫さん言います。

「可愛そうに、坊主、遠いところって言うのはな、

あの世なんだよ、もう、帰ってこないんだよ」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

老犬ロン、ガンバッテ
P1000644.jpg
余談です。私の財布は軽かった。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。1.私の財布は軽かった。

今月、送別会が2件続きました。

送別会費用は家内が出しますが、二次会費用は自腹です。

おかげで、私の財布は火の車です。

今日は、ビール500ml(発泡酒)、焼酎の水割り2本、

そして、おつまみは、キャベツ(1/2:98円)、テンカス(63円)です。

合計金額;約500円です。

おつまみ作りです。

キャベツを適当な大きさに切り、テンカスと炒めます。

テンカスは油を含んでいますから油をひく必要がありません。

入れて炒めるだけ、最後に塩、コショウで味付けです。

これはそこそこの味、うまいとは言えないけれど、食べることはできます。

それを見ていた家内言います。

「お金がないの。」

私、財布の札入れを前に突き出して言います。

「ご寄付を」

家内、自分の財布を広げ、私に突き出していいます。

「残念、わたしもない。」

更にいいます。

「来月のお小遣いから天引きなら少し貸すわよ。」

私「結構です、頑張ります。」

私の心「きつい、嫁や、」

2.智恵子抄への思い、その13、千鳥と遊ぶ智恵子

風の龍ちゃん、智恵子の家族の住む九十九里浜の家をの覗きます。

龍ちゃん言います。

「知恵子さん、光太郎が帰ってくるぢ日だけは明るいんだ、

人の見分けつかないときが多いようだけど、

光太郎だけはわかるんだ.

光太郎だけは他の人とは別なんだ。

光太郎、智恵子さんを大事そうにハグすします、

智恵子さんもまんだらじゃないみたいだ。

何処へ行くんだろ、

あの、九十九里浜の砂浜か、

あの歌が読まれてたところだ。

千鳥と遊ぶ智恵子

人っ子ひとり居ない九十九里の砂浜の

砂にすわって智恵子は遊ぶ。

無数の友達が智恵子の名を呼ぶ。

ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――

砂に小さな趾(あし)あとをつけて

千鳥が智恵子に寄って来る。

口の中でいつでも何か言ってる智恵子が

両手をあげてよびかえす。

ちい、ちい、ちい――

両手の貝を智恵子がねだる。

智恵子はそれをぱらぱらに投げる。

群れ立つ千鳥が智恵子を呼ぶ。

ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――

人間商売さらりとやめて、

もう天然の向こうへ行ってしまった智恵子の

うしろ姿がぽつんと見える。

二丁も離れた防風林の夕日の中で

松の花粉をあびながら私はいつまでも立ち尽す。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
余談です。1.出来事、こら,ゴマ、わしの弁当、食うな。 2.智恵子抄への思い、その12、こら幸太郎、籍入れんかい。
1.余談です。出来事、こら,ゴマ、わしの弁当、食うな。
私の家、朝、家内が家族全員の弁当を作ります。

家内言います。

「弁当も作り終わったわ、少し、ご飯をさましてから、

フタをしましょ、洗濯物、干さなくちゃいけないわ。」

家内、洗濯物を干しに行きます。

娘達、学校に行く準備です。

私、顔を洗いに洗面所へ、

猫のゴマ、テレビ台に座って言います。

「私はゴマニャン、弁当なんか興味無いにゃん。

誰もいないニャン、

食卓に登って味見ニャン、

ムシャ、ムシャ、ムシャ、味が濃いニャン、

視線を感じるニャン、

オヤジの視線ニャン、微笑むニャン。」

私「何笑ってごまかしてるんじゃ。」

ゴマ「逃げるニャン・」

そこに家内きます。

「そんなに怒らないの、ハイ、カップヌードル、カレー味よ、」

と言うわけで、今日の昼はカップヌードルでした。

こそ泥ゴマです。
P1000347.jpg

2.智恵子抄への思い、その12、こら幸太郎、籍入れんかい。

風の龍ちゃんいいます。

「智恵子さん、発見が早かったんで、助かったんだ、

でも智恵子さんの姪が看護婦さんで助かったよ、」

光太郎、智恵子さんに言います。

「智恵子、明日、退院だよ、大丈夫だよ、

何も心配いらないよ、家に帰ろうね。」

光太郎の心

「智恵子の意識は身体から離れどこかへ行っている。

僕は取り留めのない話をする。」

家の花もきれいにさいているよ、きっと、智恵子をまっているんだよ、

日が経ちます。

光太郎の東京のアトリエをの覗きます。

龍ちゃん言います。

「光太郎、智恵子を風呂に入れているど、

もう風呂にも一人で入れないんだ。

今度は食事の準備をして、食べさせている。光太郎大変だ。」

光太郎言います。

「智恵子、ごめんね、僕はもうこれ以上、

君をみれないよ、ごめんね。」

更に言います。

「智恵子のお母さんと妹の住む、九十九里浜に移ろうね。

週に一度は僕も行くからね、許しておくれ。」

龍ちゃん言います

「光太郎が泣いている、光太郎がないている、

きっと、辛いんだ、罪の意識に潰されそうなんだ。

光太郎言います。「九十九里浜の役場で籍を入れようね、」

龍ちゃん。「こら、光太郎、40過ぎの智恵子さん、

籍に入れて無かったんかい、」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
余談です。人間とは弱いものです、神様、仏様等に頼ります。 、
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


人間とは弱いものです、思いどうりにならないことがあると、

神様、仏様等に頼ります。

私達もそのようです。

石切の占い通り、霊能力者の場合

霊能力者のきれいなお姉さんに息子の写真、生年月日、

名前を見せます。

霊能力者のお姉さんいいます。

「この子には別に霊はついていないようです。

これはこの子の本質からきているものです。

人格改善のお札、ありますけど、どうですか、」

家内「いただきます。」と言うわけで、

霊視料+2000円です。

私の心「こら、ベッピンの霊視お姉さん、

全然、きかんど、今度携帯の番号、教えんかい。」


有田の山奥の霊能力者の場合更

1年の月日が流れます。

息子だけではなく私もひどい事態になって行きます。

家内、言います。

「お友達から聞いたんだけど、有田の山奥に評判の神様があるそうよ、

そこでいただくお守り、効くそうよ行きましょ。」

私と家内、喜びいさんで1時間半の道のりを行きます。

噂の霊能力者、家内、その霊能力者の方にいきさつを説明します。

霊能力者のオヤジ、祭壇にお祈りしますす。

そして、私達の方向に向かって話し始めます。

霊能力者のオヤジ言います。

「私の家の神様は非常に良く効く、先日、ヤクダの親方がこの

お守りをもらいにきたよ、」

更に感謝の手紙を私達に見せて言います。

「うちの神様に助けてもらった人からの感謝の手紙だよ、

うちの神様は即効性があるからね、」

続けて言います。

「このお子さんには戦争で亡くなった、大学生の霊がついている・・・・」

家内言います。

「お守り下さい。」

霊能力者のオヤジ言います。

「少し高いですがいいですか、一個、2万円です、

今もっているお守りは捨ててくださいね。」

家内、家族分買います数ヶ月後、家内言います。

「いっそう悪くなるわね。」

私の心「こら、お店屋さんで、このお守り、5000円で売って

るやんか、せめて10000円にせんか。」

更に、数ヶ月後、評判の霊現寺の佐古和尚に相談です。

家内、このお守りを見せます。

なんじゃ、念も何もこもっていない、ただの、ごこしょだよ、」

あんたの息子は母方の無念の死を遂げた身内からきている業なんだ、

塔婆供養1年間しなさい。」

家内と私「ハーイ」

現在に戻った私の心「何じゃこりゃ、」

20000円で買ったお守り(ごこしょ)です。
P1000948.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクション(小説)へ
にほんブログ村
余談です。重軽石の奇跡、その4、荒地、全部売れちゃいました。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。
ここをクリック


余談です。重軽石の奇跡、その4、荒地、全部売れちゃいました。

森下さん

重軽石に毎朝、水をたむけます。

そして、5年間の月日が過ぎます。

ある日

森下さん宅に県事務所の職員さん、尋ねてきます。

職員さん言います。

開発計画の一環として、神社の裏の谷間の土地、

ここを埋め立てて、県の○○専門学校と△△△の里を

建てる計画があるんです。

でひ、森下さんにもご協力お願いしたいんです。

後ほど、担当者がお伺いしますので、よろしくお願いします。」

森下さん言います。

「喜んでご協力いたします。」

それから数ヶ月後、

森下さんの心

「あの谷間の荒れ地、坪単価は安かったけど、広いから

たいそうなお金になったわ、

これで借金も返せるし、何とか家も建て直せるわ、

それに、お父さんも身体の調子も良くなっているし、

これって、重軽石のおかげかしら、

この重軽石、探し始めたころ、

私を笑った人も近頃、笑わなくなったわ、そうだ、

これからどうしたらいいか、伺いを立てなくっちゃ、」


数日後、

森下さん、先生に伺いを立てます。

先生いいます。

「今まで通りの生活をしなさい、贅沢はいけません、

それと、庭に修行大師像を作りその台座にその石をいれ、

だれでも拝めるようにしなさい、

石もそれを願っている。

真言は南無お遍路尊霊と7回繰り返す、それと

お金あるなら、専門学校生用のアパートを

立て、学生達の為、安く貸し出しなさい。」

重軽石を台座に収納した修行大師像です。

P1010103.jpg

2.私も参っちゃいました。
家内言います。

「森下さんが言ってたわ、いつでもお参りしてね、歓迎よ、」

息子のこと、私のこと、心配でしょうがない家内いいます。

「朝5時におきて、おにぎりと水とお茶、供えましょう。」

そして3年間がすぎました。

家内いいます。

「私達、毎日お参りしましたわね、でも。悪くいなる一方、

息子専門学校を辞めてしまうし、あなたは降格されてしまうし、

やっぱり、これは森下さんの守りが仏、

私達には関係ないわ。」

私言います。

「でもなれたね、息子がニートなのにもなれてしまい

ショックもなくなったよ、

それに、今の会社の最悪のポジションにもなれてしまったよ、

あまり深く考えなくなったよ、何も感じなくなったよ。」
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクション(小説)へ
にほんブログ村