FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
老犬ロン物語、その1、お買い得
老犬ロン物語、その1、お買い得

私は柴犬、ペットショップからこの家にもらわれ15年になる。

この家の長女さんにロンと言う名前をもらった。

15年経った今、耳は聞こえない、目は白内障、老いたが、

ペットショップにいたころを夢に見る。

ロン、夢の中を走ります。

「ここは何処だ、ペットショップだ、小さい犬、少し大きくなった犬、

生まれたての犬がいるな。」

更に夢の中を走ります。

「ここの店長さん、一日に数度、檻から出してくれて遊ばして

くれるんだ、楽しかったな、大きくなったお姉さん犬、

俺と同じ柴犬なんだ、俺、よく甘えたな、」

あれ、お姉さんのゲージに札がつけられたど、

何々、お買い得 いいな、お姉さんお買い得なんだ。」

でも、お姉さん元気ないな、」

お姉さん、遊ぼ、お姉さん。

「もう直お別れね、坊やがいて楽しかったわ、」

俺「どうしたのお姉さん、」

お姉さん

「このお買い得の札が付いて飼い主が見つからないと、遠いところにいくのよ、

もう帰れないのよ。」

それから数日が過ぎます。

俺「店長さん、かなしそうな顔をして、お姉さんをつれて行ちゃった。」

猫さん言います。

「可愛そうに、坊主、遠いところって言うのはな、

あの世なんだよ、もう、帰ってこないんだよ」
スポンサーサイト