FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。3.バナ その6、ゴメンネ 2.恋バナ その5、エロ本捨てちゃいました。 1.恋バナ その4 彼女のお母さん
余談です。
3.恋バナ その6、ゴメンネ 
初雪の便りも聞きました。11月中旬最後のドライブです。二人でいった思い出の場所に再び行きます。私、彼女に聞きます。「行きたいところある」 彼女「初詣でに出かけた地蔵尊に行きたいわ、文句を言ってやるの、どうして私達を助けてくれないのって。」  私の心の声「俺が言いたいわ、会わなければよかったって」 私「俺は感謝しているよ知り会いのいないところで知り会えたんだから、楽しいかったよ」 私の心の声「何、格好つけているんだドアホ」冬の地蔵尊です。人もまばらです。参道にある食堂にはいります。暖かいココアとホットケーキを頼みます。さらに、思い出話が続きます。彼女「この車にもお世話になったわね。 最初は電車でデートしたのよね、龍一さんが無理して買ったのよね、ありがと、時々クーラーが聞かない時があって、大変だったわ、でも、楽しかったわ」 もっと行きたいところがあるのですが、そろそろ、疲れてきました。新津前のスーパーでサンドイッチと少しお酒を買って家路を急ぎます。アパートの前、ドアを開けます。我ながら綺麗に整理した部屋、TVをつけて横になります。夜10時半 少し窓を開けます。そして、ストーブを切ります。冷たい風が室内を走ります。部屋の隅に隠しておいたガスボンベ、ベッドの下に運びます。ボンベから伸びるホース、枕元におきます。私達、ベッドに横になり抱き合います。上半身はビニール袋に覆われます。彼女、私にしがみつきます。怖いんでしょう つめを立て、震えています。でも、彼女一言だけ言います。「ゴメンね。」

2.恋バナ その5、エロ本捨てちゃいました。
数日前の私、身辺整理、エロ本捨てちゃいました。そして、私死にたくないのに死に方を考えます。首つりは痛そうです。排泄物がすべて出て、美しくありません。入水自殺、寒そうです。水を吸って膨れ上がります。魚のエサはごめんです。手首を切る。痛そうです。血は見たくないのです。残るのはガス自殺です。ろう付け用の小型ボンベならあります。少し重たいのですが何とかなります。心中を考えているのに、残りの有給休暇の数を考えています。これって何だろう。 取りあえず、二人の上半身が入ることのできるナイロン袋と小型ボンベは準備しました。部屋の片隅に隠しましょう。当時、八神純子が好きなわたし、この曲が流れていました。
☆思い出は美しすぎて(ここをクリックしてね)
☆みずいろの雨(ここをクリックしてね)

1.恋バナ その4 彼女のお母さん
くるな 来るな日曜日の朝がやってきました。私、来るな、来るなと思いながら待ちます。彼女、少し遅れてやってきました。そして、私の前に座ります。 彼女「待たせて、ゴメン、行くのをやめようと思ったんだけれぞ、もう疲れたから、来ちゃった」 私の心の声「来んでもえ、こんでもえ」そして車に乗り込みます。彼女「最後だから付き合い始めたころ良くドライブした所に行きましょう。」そのコースは五泉ー新津ー親不知のコースです。私の心「最後、さいご やめてくれ」 親不知の海岸に入ったころ、彼女はお母さんの話を始めます。「以前に私の弟がキンジスで亡くなったこと少し話したわね、私の父は私の母をせめるのよ、すべてお前に原因があるって、最初はね、上の兄がよくころぶの、それで病院へ行ったの、最初は小さな病院で良く分らなかったんだけど、大きな病院で診てもらったらの、そうだったわ、下の兄もよ、上の兄は高校2年の時にはもう教室も移動できないの、母はね、自分より大きいな兄を背中におぶって移動するのよ、もう学校にいってもしかたないのにね、おかしいでしょ、そしてね、帰ると、動かない兄の足をさすって、こめんね、ごめんね、て言うの、変でしょ・・・・・そんな母が嫌いなの、謝ってばかりの人生って、でもね、母はね謝っていれば正当化されるのよ。私、小さいころから、あまりかまってもらわなかったは、だから、もう 疲れたの、こんな日がくると思っていたわ、でもね、死のうかって言ってくれた時、嬉しかったは、それだけで十分よ」 私の心「これ以上言わないで、逃げられなくなってしまう。お願い。」
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/13(土) 07:22:54 | | # [ 編集 ]
こんにちは♪
小説のようなお話ですね。
太宰治みたいです。
太宰治のこの名言が好きです。
この道は、どこへつづいているのか。それは、伸びて行くつるに聞いたほうがよい。つるは答えるだろう。「私はなんにも知りません。しかし、伸びて行く方向に陽が当たるようです」

ただ前向きに進んでいけばそこに日があたります。
死んだら日があたっても何にもなりません。
2013/07/15(月) 14:31:20 | URL | 春 #- [ 編集 ]
こんにちは。
人間みな、死への道を進んでいるんだから、
その日が来るまで、進み続けるのがイイよ v-17v-219

死に急いでも、何の得もないっ v-237  っつうの v-363
2013/07/15(月) 17:17:26 | URL | ボス。 #- [ 編集 ]
Re: こんにちは。
> 人間みな、死への道を進んでいるんだから、
> その日が来るまで、進み続けるのがイイよ v-17v-219
>
> 死に急いでも、何の得もないっ v-237  っつうの v-363

コメント ありがとうございます。実を言うと、脚色しています。彼女 別の人と結婚していますので、住所を特定されてはいけません。
2013/07/15(月) 18:47:43 | URL | 龍ちゃんです #- [ 編集 ]
Re: こんにちは。
> 人間みな、死への道を進んでいるんだから、
> その日が来るまで、進み続けるのがイイよ v-17v-219
>
> 死に急いでも、何の得もないっ v-237  っつうの v-363いまは

龍ちゃんです。
コメントありがとうございます。昔の話です。私、今子供3人に恵まれ幸せです。
2013/07/15(月) 18:50:21 | URL | 龍ちゃんです #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/15(月) 22:40:53 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/15(月) 23:20:23 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック