FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.良実姉ちゃん、ハーイ・その23、おデブになっちゃった~。2.良実姉ちゃん、ハーイ・その22、未知との遭遇。
余談です。
1.良実姉ちゃん、ハーイ・その22、おデブになっちゃった~。
良実姉ちゃん、お勤めで帰りが遅くなるせいでしょか、週に2回程度親父と外食をします。今迄の菜っ葉や豆を中心の我が家の食事とは違います。大好きな食べ物は酢豚とから揚げです。会社の帰り、これを食べるのです。ですから、徐々に肥えてくるのはあたり前です。良実姉ちゃん言います。「服が縮んだのかしら、腰回りがきついわ。お父さん、私、外食はひかえるわ、家で食べましょ、ダイエットよ。」お父さん「そうか、そうか」翌日、良実姉ちゃん、父さんと外食して帰ってきます。良実姉ちゃん「ハイ、お土産よ」
今日のお土産は酢豚とから揚げです。私の大好きなお土産です。良実姉ちゃんいいます。「服がきつい、ダイエットしなければ」 私の心の声「昨日も聞いたよ、それ、良実姉ちゃん。」

2.良実姉ちゃん、ハーイ・その23、未知との遭遇。
良実姉ちゃんがお勤めし始めてから、我が家に新しい物が入ってきます。未知との遭遇です。
・良美姉ちゃん「今日、お食事会でキムチを食べたのよ、面白い味よ、買ってきたの。みんなで食べましょ。」と言って、母にキムチの入った袋をわたしました。私達家族、キムチを見たことがないんです。私、キムチをみて思います。何だ、ナンダ、この気持の悪い赤い漬物は、お袋、このキムチを袋から出して、丁寧に水洗い、そして、絞り、皿に載せます。キムチ、真っ白です。食べますと、すっぱくて、中途半端な辛さ、なんとまずい漬物、これがキムチか、良実姉ちゃん「お母さん、洗わなくていいのよ、そのまま食べるのよ、」後日、普通のキムチを食べましたが、子供の口には合いませんですた。
・石油ストーブが我が家に来た。
 我が家の暖房設備は火鉢だけです。寒くて、寒くて、服を重ね着し、火鉢に手をかざします。そこへ、良実姉ちゃん、ストーブを買ってきたのです。良実姉ちゃん「龍ちゃん、重い、運ぶの手伝って」部屋の隅にストーブを置きます。私「これは噂に聞く、ストーブと言うものか。」火を入れますと、部屋全体が暖かです。おまけに上にやかんを置くと、お湯が沸くんです。すごい。やがて、母さん、この上にさつま芋を置きはじめます。
スポンサーサイト



コメント
コメント
こんばんは。

ストーブ・・・・・・・・・
一緒ですね。
ストーブが来るまでと来てからのサツマイモ!

確かに年代が近そうですね!
2013/09/03(火) 01:37:29 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック