FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
アダルトグッズの特許明細書作成ヘトライ
☆1.初めに
先行技術文献の調査も完了(前回)しました。いよいよ明細書の作成です。もし特許事務所の方に依頼すると依頼案件を過剰なほど綺麗に装飾してくれます。有名デパートで買い物をした場合に綺麗に包装してくれるのと同じです。しかし、特許庁の審査はこの包装を取り除いてしまいます。そして発明案件のみを審査します。明細作成前に必ず前々回の出願前準備に目を通し、本質を練り筋道を立てて明細書を作成しましょう。そうすれば特許事務所に劣らない明細書が作成できます。

☆2.出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付けコピして下さい。
特許出願書類の様式
書き込み時の確認事項は以下の通りです。
(1)用紙は、日本工業規格A列4番(白色のものを縦長)
(2)文字は、10ポイントから12ポイントまでの大きさです。基本 半角を用いてはなりません。
(3)書き方は左横書、1行は40字詰めとし、1ページは50行以内とし、各ページの上の余白部分の右端にページ数を記入して下さい。
(4)余白は、少なくとも用紙の左右及び上下に各々2cmをとり、原則としてその左右については各々2.3cmを越えないものとして下さい。
(5)とじ方は左とじとし、容易に分離し、とじ直すことができるように例えばステープラー等を用いてとじて下さい。

☆3.明細書の作成
明細書の文章は赤色文字で記載しています。それ以外は説明です。

1.発明の名称
【発明の名称】 男性用マッサージ器
(1)説明
明細書の最初の記載事項は発明の名称です。特許調査で得た案件を参考にシンプルに書きましょう。今回は男性用器マッサージ器にします。

2.技術分野
【技術分野】
【0001】
本発明は男性の性器を刺激する男性用マッサージ器に関するものである。

(1)説明
特許を受けようとする発明の技術分野を明確にするため、「本発明は~するための~に関する。」のように簡潔に記載します。

3.背景技術
【背景技術】
【0002】
男性用マサージ器には女性が口で性器を刺激するのを模造したものがある。これは性器が挿入される擬似口腔部と、挿入された性器を刺激する擬似舌とで構成されている。又、別のタイプのものには実用新案出願平9-4305公報に記載のものがある。これは性器を挿入する筒体と、筒体内を負圧に保つポンプとから構成されている。

(1)説明
従来の男性用マッサージ器には○○○がある。これは△△△と◇◇◇とで構成されている。と書きます。
△△△、◇◇◇には従来の構成部材を入れます。前回の出願の前準備(思考の統一)には擬似口腔と擬似舌が記載されていますので、これを入れます。
次いで、先行技術調査で出た案件も記載します。記載方法は出願番号又は公開番号を記載するだけも充分です。
注意点
☆1:従来技術ですので、詳しく詳細に書く必要はありません。多くても2例程度にしましょう。
☆2:従来技術の欠点を書いてはいけません。(従来技術欠点は課題の欄でかきます。)

4.特許文献
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】実用新案出願平9-4305公報
【特許文献2】実用新案出願平4-44319公報

(1)前回の特許調査で得た案件のを記載します。もしなければ記載する必要はありません。

5.発明が解決しようとする課題
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
男性用マッサージ器には女性が口で行う男性性器へのマッサージを装置化したものがあるが、これはたんに舌を模造したもので男性性器を刺激するだけである。次の①②の理由により実際の女性が行うマッサージとは格段の差があり、購入した者の期待を裏切り、長期に使用する気にはなれない。
①上記従来の男性用マッサージ器には吸いながら刺激を与える動作がないため、女性が行うマッサージより刺激がすくない。
②性器は人により大きさがちがうので、擬似口腔内壁が性器に沿ってヒットしない為、刺激がが少ない。
【0005】
又、実用新案出願平9-4305公報、実用新案出願平4-44319公報に記載のものは負圧により性器に刺激を与えるだけで、機械的で満足するものではなかった。

(1)説明
前々回に作成した特許出願前準備(思考の統一)の文中に課題の明確化があります。この項目をアレンジして記載して下さい。
アレンジ後
女性が行う性器マッサージと従来男性用マサージ器には次の①②の理由により大きな違いがあり、長期に使用する気にはなれない。
①実際の女性によるフェラは吸う動作があるが従来のフェラマシンは吸う動作がないため、実際のフェラより刺激がすくない。
②性器は人により大きさがちがうので、擬似口腔内壁が性器に沿ってヒットしない為、刺激がが少ない。

6.課題を解決するための手段
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の男性用マッサージ器は人の口元周辺を模造した擬似口腔部と、この擬似口腔部内に設けられ、人の舌を模造した擬似舌とを備えた男性用マッサージ器であって、この擬似口腔部には擬似口腔部内の空気を吸い出す為にチューブの一端が取り付けられ、このチューブの他端には掃除機のホースに接続することができるジョイントが取り付けられていることを特徴としている。
【0007】
又、擬似口腔部が撓み部材で構成されていることを特徴としている。尚、撓み部材とはゴム、シリコン樹脂等であり、擬似後部内が負圧時に内側に撓む部材を指す。

(1)説明
本発明によって提供される・・・・は○○○と、○○○とを備える・・・・であって、△△△と、△△△とが、◇◇◇していることを特徴としている。

・・・・には発明の名所、○○○、△△△には特許出願前準備の文中に記載されている構成部材を記載してアレンジします。
○○○は従来の構成部材:擬似口腔 擬似舌 
△△△は本発明の構成部材:擬似口腔 擬似舌 チューブ ジョイント
◇◇◇は○○○と△△△の関係を記載します。
(2)課題が複数の場合
今回の発明は課題が①と②の2つあります。
①上記従来の男性用マッサージ器には吸いながら刺激を与える動作がないため、女性が行うマッサージより刺激がすくない。
②性器は人により大きさがちがうので、擬似口腔内壁が性器に沿ってヒットしない為、刺激がが少ない。
①の解決手段は【0005】に記載し、②の解決手段は【0006】に記載しました。

7.発明の効果
【発明の効果】
【0008】
本発明の男性用マッサージ器は擬似口腔部の内部がチューブとジョイントを介して掃除機に接続されているので、掃除機の吸引により擬似口腔部内が負圧に保たれ、擬似口腔部内に挿入された性器は吸われた状態となる。これにより性器は擬似口腔部内で擬似舌の刺激を受けるとともに、吸われるというより心地よい刺激を受ける。
【0009】
又、擬似9腔部をゴム、シリコン等の撓み部材で構成しているので、擬似口腔部内が負圧になると、挿入された性器に沿って擬似口腔部内壁が撓み使用する人の性器のサイズに対応することができる。即ち、このように構成された男性用マッサージ器は使用する人が充分満足することができ、長期に渡って使用することができる。

(1)説明
本発明の.....は○○○のように構成されているので、△△△となり ◇◇◇となる。と書きます。....は発明の名称をいれます。今回は男性用マッサージ器をいれます。○○○には本発明の特徴となる構成部材をいれます。今回は擬似口腔部とチューブとジョイントです。△△△には○○○がどのように働くかを書きます。今回は掃除機に吸われて口腔部内が負圧になることをかきます。◇◇◇には△△△の結果どのようになったかを書きます。
(2)効果が複数ある場合
又、○○○が△△△の場合には△△△となり、◇◇◇の効果を得ることができる。或いは、○○○の構成を追加した場合には△△△となり◇◇◇の効果を得ることができる。と書きます。今回は○○○には擬似口腔部、△△△には撓み部材、◇◇◇には性器にヒットする、をいれます。

8.図面の簡単な説明
この欄では提出図面を簡単に説明します。
【図面の簡単な説明】
【00010】
【図1】本発明の男性用マッサージ器を説明する概略構成図。
【図2】本発明の男性用マッサージ器を説明する断面図。

次の欄に発明を実施するための形態があります。ここでは図面に沿って本発明を説明します。その為にもここで、仮図面を作成します。フリーハンドでも雑でもかまいません。そして、文章を作成して行く中で図面を訂正していきます。提出する図面これを元に出来る範囲で丁寧に書きましょう。
図1は完全な斜視図、平面図でもありません。マンガ的な図になることもあります。この場合は構成図、或いは説明図としましょう。今まで、この部分が違うことで拒絶されたことはありません。今回、仮図面を書いて見ました。
「仮図面1」
P1000257.jpg
「仮図面2」
P1000259.jpg

9.発明を実施するための形態
(1)説明
この欄では発明者の考えた実施例をそのまま書くことができます。実施例が2つあれば2つ、3つあれば3つ書くことができ、査定結果に不服がある時はこの実施例に書かれた内容から補正することができます。細かく書けば補正時に有利になります。今回は説明の為ですから実施例は一つにします。
(2)書き方
①上段は構成部材の形状を、中断は構成部材の働き、下段は効果をかきます。
②上段の場合は「図1中記載の符号1は○○○であり、△△△である。例;図1中記載の符号2は擬似口腔部であり、女性の口元周辺を模造して作られている。2は擬似舌であり、人の舌を模造して作られている。」と言う感じで書きます。
③中段の場合は「続いて、以上のように構成した本実施形態の使用方法を説明する。・・・・・・・」で始まり、....には構成部材名を入れながら動きを説明します。
③下段で効果を述べる場合には「よって、これを使用した者は.......なる。」この...には本発明の課題から導き出せた効果を少なくとも含ませて書くきます。

【発明を実施するための形態】
【0011】
以下、本発明の好適な一実施形態について説明する。図1,2中記載の符号1は本実施形態の男性用マッサージ器である。2は擬似口腔部であり、女性の口元周辺と口腔を模造してつくられている。3は擬似舌であり、擬似口腔部2の口腔につくられ人の舌を模造したスプーン状をしている。4は取っ手であり、円柱形状であり、擬似口腔部2と一体的に作られている。5は小型モーターであり、取っ手の内部4に埋設されており。回転軸5aの先端には擬似舌3が取り付けられている。6はチューブであり、一端の開口が口腔に繋がっている。はジョイントであり、筒状の継ぎ手である。このジョイント7の一端開口は掃除機のホース8が着脱自在に挿入される大きさに形成され、他端開口にはチューブ6が取り付けられている。さらに、ジョイント7の側面には逃がし穴7aが形成されているとともに、ジョイント7の内部にはチューブ6内を流れる空気の流量を調整する絞り弁とその絞り弁を調整するバルブ7bが設けられている。8はスタートスイッチであり、スタートスイッチ8をオンにすると、小型モーター5が駆動して擬似舌3は動きはじめる
【0012】
以上のように構成した本実施形態の使用方法を説明する。先ず、ジョイント7のバルブ7bを閉じ掃除機のスイッチを入れる。この時、掃除機に吸われた空気は逃がし穴7aから流入する為、擬似口腔部2の口腔内は負圧にならない。使用する男性は自分の性器を口腔内に挿入し、スタートSWをオンにする。このとき擬似舌3は性器の周面に沿って公転する。次にジョイントのバルブ7bを開く、すると、口腔内が負圧になり、性器が口で吸われたのと同じ感覚となる。この時吸われる強さは使用する人の好みに合わせてバルブ7aの開き具合を調整しる。又、擬似口腔部と擬似舌は人の肌に近いシリコン性樹脂で構成しているので、擬似口腔2の内壁が性器に沿うように撓み、擬似舌3が性器を公転しながら刺激する。
【0013】
よって、男性用マッサージ器を使用した者は性器が女性の口で吸われながら舌で刺激されている感覚を味わうことができ、満足して長期に渡って使用する。

【符号の説明】
【0014】
1 男性用マッサージ器
2 擬似口腔部
3 擬似舌
4 取っ手
5 小型モーター
6 チューブ
7 ジョイント
7a 逃がし穴と、
7b バルブ
8 スタートスイッチ

END 次の記事は特許請求の範囲の作成です。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック