FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。1.洋子、その15、私、京子さんの代わり 2.出来事
余談です。
洋子、その15、私、京子さんの代わり、

京子「私が幸せにならないと、龍一さんが悲しむのよ、龍一さんに悲しんでほしくないの。

だから帰って、龍一さんと会ったらいってほしいの、京子さん、幸せそうだったわ」

更に話は続きます。「洋子さん、私に教えて、龍一さん貴方にやさしいの、龍一さんお酒飲みすぎ

てない、龍一さん、お部屋きれいにしてる、龍一さん、私のあげた財布使ってくれてる、

龍一さんに会いたい。ごめんなさい、洋子さん私帰るわね」

洋子の心「京子さん、まだ、龍一さんのこと愛しているんだわ。」

洋子の心「昼すぎだわ、今なら、和歌山へ帰れるわ、」

洋子帰りの電車の中、車窓を見ながら思います。「京子さん、子供のころから弟達の影に隠れて

愛情受けていなかっただわ、弟さん達が亡くなった後、弟さんの病気のことで色々いわれたのよ、

不幸な人だったんだわ、私も、あまり言えないわ、もしかして、龍一さん、不幸な人が好きなの」

洋子の心「新大阪、10時半だわ、今からだと、和歌山線、最終に合わないわ、お母さんに電話」

洋子「もしもし、お母さん」

洋子のお母さん「洋子、昼ごろ、龍一さんと言うひとから電話があったわよ、電話下さいって、

龍一って誰、」

洋子「じゃ、切るわよ」

洋子、私に電話します。「龍一さん、私、洋子、電話くれたの、」

私「寮に電話したんだけれど、用事で外泊してるってきいたものだから、心配して電話したんだ。」

洋子「今新大阪なの、和歌山駅まで迎えにきてくれる。」

私「いいよ、別に」

洋子の心「やっと、和歌山に着いたわ、龍一さん、迎えに来てくれているかしら、」

私「洋子さんここだよ、」

洋子「無理言ってゴメンなさい」

車の中、私、洋子に聞きます。「何処へ行ってきたの、」

洋子「京子さんのところへ行ってきたの、京子さん、結婚するんだって、幸せそうだったわ、」

洋子の心「龍一さん、寂しそうな顔だわ、嘘だってわかっているんだ。」

私「そうかい。」

洋子、震える小さな声で言います。「私、京子さんの代わり、」

私「そうだよ、」

2.出来事。
(1)金曜日、38度の熱があるので、会社、休みました。
部屋で禁じられた遊び(fc動画)みました。
途中、切なくて、悲しくて、見られなくなりました。
P1000830.jpg

(2)高野山の続きです。
①豊臣家の墓です。
P1000828.jpg
②松平家の墓です。
P1000829.jpg
③真冬に僧侶が鍛錬する水行場です。
冬、氷点下の中、水浴びをします。
TVでみましたが、寒そうで震えていました。
P1000827.jpg
スポンサーサイト



コメント
コメント
こんばんは。

コメントも出来ずに申し訳ないです。
物語が面白くて何処でコメント入れるべきか迷っていました。

この話が終わってから入れようと思っていたのですが
コメントを頂いたのでどんな気持ちで読んでいるか書こうと思いました。

面白いで~す。
展開が読めませ~ん

楽しく読んでいます(笑)

では明日続きをよろしくお願いします(笑)
2013/10/20(日) 05:06:55 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ [ 編集 ]
こんにちは♪
熱は下がりましたか?
朝晩冷えてきましたので、お身体に気をつけてください(^-^)
こちらは、まだ寒くはないですが(^-^)
2013/10/20(日) 11:19:11 | URL | 春 #- [ 編集 ]
春様へ
> 熱は下がりましたか?
> 朝晩冷えてきましたので、お身体に気をつけてください(^-^)
> こちらは、まだ寒くはないですが(^-^)
春様へ←龍ちゃん
コメントありがとうございます。
家内が入院、風邪のぶり返しで大変です。
たまにはこんな時もあります。
2013/10/25(金) 03:11:25 | URL | 龍ちゃんです #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック