FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。あなただけ幸せ、その3.神様、少しでいいから私を愛して
余談です。
あなただけ幸せ、その3.神様、少しでいいから私を愛して。

私、新大阪の改札口で待ちます。

数日前のメールを開きます。「龍一さん、2月10は母の命日です。朝、10時に新大阪、改札口

でまっています。到着まで時間かかりますから、母の日記もってきてくださいね,」

やがて、玲子の姿が視界に入ります。

玲子「まった、ゴメンね、はい、チケット、母の日記もって来てくださいました。5時間以上か

かりますから車内で読んでくださいね」

私「分かったよ」

私たち新幹線、のぞみの指定席に座ります。

玲子さん言います「奥様に何っ言って来たんですか、」

私「出張っだって言ってきたよ。」

玲子「いつまで」

私「2~3日かかるかもしれないって言ってきた。」

玲子「そお」

私、玲子の母、京子の日記を開きます。

その日記は京子と別れた日から始まります。

日記「龍一さん、本当は心中したくないんだ、龍一さんの心がどんどん遠くなっていく、離れ

ていくわ、初めて、母さん前で初めて泣いたわ、龍一さんの心が離れていくって、でも、好きな人

と心中の真似事ができたんですもの私、嬉かた、龍一さんの心が私から離れる前に別れよう。心

が離れるほうが私にとって悲しいから、

疲れたわ、私、眠りたいの、神様、少しでいいから私を愛して。」
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/11/11(月) 10:47:13 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック