FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です、智恵子抄への思い、その4、赤い糸
余談です。

智恵子抄への思い、その4、赤い糸

風の龍ちゃん、犬吠崎に向かいます。

龍ちゃん独り言を言います。「何と風が強く、波が強い岬なんだ、

風と波で地形が侵食され、幻想的な風景を奏でているど、

誰だ、あそこで、この風景をスケッチしているのは、光太郎か、

そうだ、光太郎だ、でも、寒いだろうな。」

私、さらに、つぶやきます。

「こちらに向かっている人影は誰だ、智恵子さんだ、智恵子さんも

犬吠崎を見に来たんだ、これは偶然なんかじゃないど、

この二人、きっと赤い糸で結ばれているんだ。」

光太郎に見つめられた智恵子の目が語ります。

「光太郎さん、どうしてここにいるの、

私、光太郎さんと会っちゃいけないのよ、

声をきいてもいけないのよ、どうしているの、嘘よ、うそ、

こんなことあっちゃいけないのよ、」

智恵子、声を出します。「どうしてここに、いらっしゃるの。」

智恵子を見つめながら光太郎いいます。

「僕わね、君が見たいっていってた犬吠崎の絵を完成させる為にきたんだよ、

そして、これを君に見せるためなんだよ。」

光太郎の目がか語ります。「君に会ってはっきりしたよ、

僕はここで、君と会うためにきたんだ、僕には決まられた人がいる。でもね

八重さんとの婚約は破棄するよ、もう、援助なんて要らない、

君さえ僕のそばにいれば、

君の声を聞き、僕が答えるんだ、ただ、それだけでいいんだ。」

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(悲恋)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
子どもの頃、
冬の娯楽といえば「スキー」しかなかった!
親に連れていってもらったり、
少し大きくなると、友人と行ったり。。。
今は・・・
すっかり忘れました!(笑

犬吠埼、
どこにあるんでしたっけ?
四国?
2013/12/20(金) 07:18:59 | URL | なおさん #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/20(金) 20:41:09 | | # [ 編集 ]
こんばんは(*^^*)
最後の3行が良かった

(*´ω`*)龍ちゃんにしては
2013/12/21(土) 02:11:57 | URL | たけぞう #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック