FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。我が家の不思議、祠、その4、蓑山大明神
余談です。我が家の不思議、祠、その4、蓑山大明神

今、振り返ると、当時、私も家内も正常ではなく、

神様や仏様にすがる気持ちが強くなっていました。

私、当時の記憶を探り、タイムスリップします。

晩御飯を食べながら家内言います。

「人にいろいろ聞いたんだけど、霊現寺がいいらしいわよ、

話によると、一日30人しか見てもらえないんですって、

私、明日、行ってくるわね、

お父さんのことも聞くわね、

お父さん、自分のこと聞かれるのいやでしょ、

お父さん、会社、辛いでしょうけど、がまんしてね、

さらに言います。

「聞くことまとめておくね。

一つはこの祠、どうしたらいいのか、

一つは長男のこと、

一つはお父さんのこと。

とりあえず、この3つだ聞くね。

次の日の夜、家内に聞きます。

「どうだった。」

祠のこと、

家内言います。

「今までの我が家のいきさつを話して、祠の

写真を見せたのよ、そうしたら、

写真を虫眼鏡で見て言うのよ

住職さん(おる、おる、しっかり住み着いている、

これは狸やな、

すごい力を持っている狸や、

名前、聞いたことあるやろ、狸の神様、蓑山明神やな」

家内言います。

「姉の義父、顔役さん、亡くなったのもこの神様のせい。」

住職さんいいます。

「そうや、

お前の家、昔、火事になったことあるやろ、

その後に住みついたんや、いわい込めたもんじゃない、

別に奉る必要もない、しかし、取ると、家族死ぬど、

奉ると、少しづつ、良くなってくる。」

真言と、奉り方、書いておくから、」

続く、

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクション(小説)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック