FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。重軽石の奇跡、その4、荒地、全部売れちゃいました。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。
ここをクリック


余談です。重軽石の奇跡、その4、荒地、全部売れちゃいました。

森下さん

重軽石に毎朝、水をたむけます。

そして、5年間の月日が過ぎます。

ある日

森下さん宅に県事務所の職員さん、尋ねてきます。

職員さん言います。

開発計画の一環として、神社の裏の谷間の土地、

ここを埋め立てて、県の○○専門学校と△△△の里を

建てる計画があるんです。

でひ、森下さんにもご協力お願いしたいんです。

後ほど、担当者がお伺いしますので、よろしくお願いします。」

森下さん言います。

「喜んでご協力いたします。」

それから数ヶ月後、

森下さんの心

「あの谷間の荒れ地、坪単価は安かったけど、広いから

たいそうなお金になったわ、

これで借金も返せるし、何とか家も建て直せるわ、

それに、お父さんも身体の調子も良くなっているし、

これって、重軽石のおかげかしら、

この重軽石、探し始めたころ、

私を笑った人も近頃、笑わなくなったわ、そうだ、

これからどうしたらいいか、伺いを立てなくっちゃ、」


数日後、

森下さん、先生に伺いを立てます。

先生いいます。

「今まで通りの生活をしなさい、贅沢はいけません、

それと、庭に修行大師像を作りその台座にその石をいれ、

だれでも拝めるようにしなさい、

石もそれを願っている。

真言は南無お遍路尊霊と7回繰り返す、それと

お金あるなら、専門学校生用のアパートを

立て、学生達の為、安く貸し出しなさい。」

重軽石を台座に収納した修行大師像です。

P1010103.jpg

2.私も参っちゃいました。
家内言います。

「森下さんが言ってたわ、いつでもお参りしてね、歓迎よ、」

息子のこと、私のこと、心配でしょうがない家内いいます。

「朝5時におきて、おにぎりと水とお茶、供えましょう。」

そして3年間がすぎました。

家内いいます。

「私達、毎日お参りしましたわね、でも。悪くいなる一方、

息子専門学校を辞めてしまうし、あなたは降格されてしまうし、

やっぱり、これは森下さんの守りが仏、

私達には関係ないわ。」

私言います。

「でもなれたね、息子がニートなのにもなれてしまい

ショックもなくなったよ、

それに、今の会社の最悪のポジションにもなれてしまったよ、

あまり深く考えなくなったよ、何も感じなくなったよ。」
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクション(小説)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
これとよく似た話ですが
昔の話、知人の知人から聞いた話ですが

とある池の底から正体不明の石仏が発見されて

霊現寺さんで鑑定してもらったら 

「これはお大師さんや祀ればええことあるで」 と言われたそうです。

そののち、お大師さんを祀りだしてから

自分の所有する土地が想像以上の高値で売れたそうです。

この話の場合、直接本人から聞いていないので

話の相違が多少あるかもしれないです。

龍さんに聞きますが、この重軽石は紀の川市内で発掘された石でしょうか?





2014/02/02(日) 06:01:47 | URL | きたん #sO.jHPec [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/02(日) 20:12:24 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック