FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。1.出来事、こら,ゴマ、わしの弁当、食うな。 2.智恵子抄への思い、その12、こら幸太郎、籍入れんかい。
1.余談です。出来事、こら,ゴマ、わしの弁当、食うな。
私の家、朝、家内が家族全員の弁当を作ります。

家内言います。

「弁当も作り終わったわ、少し、ご飯をさましてから、

フタをしましょ、洗濯物、干さなくちゃいけないわ。」

家内、洗濯物を干しに行きます。

娘達、学校に行く準備です。

私、顔を洗いに洗面所へ、

猫のゴマ、テレビ台に座って言います。

「私はゴマニャン、弁当なんか興味無いにゃん。

誰もいないニャン、

食卓に登って味見ニャン、

ムシャ、ムシャ、ムシャ、味が濃いニャン、

視線を感じるニャン、

オヤジの視線ニャン、微笑むニャン。」

私「何笑ってごまかしてるんじゃ。」

ゴマ「逃げるニャン・」

そこに家内きます。

「そんなに怒らないの、ハイ、カップヌードル、カレー味よ、」

と言うわけで、今日の昼はカップヌードルでした。

こそ泥ゴマです。
P1000347.jpg

2.智恵子抄への思い、その12、こら幸太郎、籍入れんかい。

風の龍ちゃんいいます。

「智恵子さん、発見が早かったんで、助かったんだ、

でも智恵子さんの姪が看護婦さんで助かったよ、」

光太郎、智恵子さんに言います。

「智恵子、明日、退院だよ、大丈夫だよ、

何も心配いらないよ、家に帰ろうね。」

光太郎の心

「智恵子の意識は身体から離れどこかへ行っている。

僕は取り留めのない話をする。」

家の花もきれいにさいているよ、きっと、智恵子をまっているんだよ、

日が経ちます。

光太郎の東京のアトリエをの覗きます。

龍ちゃん言います。

「光太郎、智恵子を風呂に入れているど、

もう風呂にも一人で入れないんだ。

今度は食事の準備をして、食べさせている。光太郎大変だ。」

光太郎言います。

「智恵子、ごめんね、僕はもうこれ以上、

君をみれないよ、ごめんね。」

更に言います。

「智恵子のお母さんと妹の住む、九十九里浜に移ろうね。

週に一度は僕も行くからね、許しておくれ。」

龍ちゃん言います

「光太郎が泣いている、光太郎がないている、

きっと、辛いんだ、罪の意識に潰されそうなんだ。

光太郎言います。「九十九里浜の役場で籍を入れようね、」

龍ちゃん。「こら、光太郎、40過ぎの智恵子さん、

籍に入れて無かったんかい、」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック