FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。1.可愛い娘、憎い嫁  2.洋子ママ、その3 龍一君 入会しない。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です、

1.可愛い娘、憎い嫁

今日も、自分の部屋で、スーパーで買った弁当を一人で食べます。

リビングからは、家内と娘達の笑い声が聞こえます。

私、心で叫びます。

「俺って、完全に無視、無視しないで、」

やがて、ドアをノックする音、娘です、娘、

娘がなべの具を小鉢に入れてもってきてくれたのです。

なんと、可愛い娘、それに引き換え、憎たらしい嫁、

私、心で叫びます。

「こら嫁、後ろから手浣腸するど、」

と言うわけで、妄想小説、続き書きます。


2、洋子ママ、その3、龍一君 入会しない。
洋子子ママ言います。

「2階でセックスしてるのよ!、セ・セックス!18才には少し刺激の強い

話だったかしらぁ?」

さらに、洋子ママ、顔を赤らめている私に言います。

「親しい常連客の主婦の何人かで秘密の会を作っているのよ、

その会のまとめ役が私なのよ,ようは浮気を皆で共有し決して夫に

バレない様にして居るのよ、」

更に、話、続きます。「女性は40代を過ぎると、子供のこと、親のこと、

夫のこと、仕事のこと、いろいろストレスがたまるのよ、

男性ほどじゃないけど、何もかも忘れて知らない男性とエッチが

したくなる時があるのよ、」

それで、こんな会を作ってみたんだけどね、

不倫はリスクを伴うし何処で誰に見られるか分からないでしょ?」

私、洋子ママの話に耳を傾けます。話は続きます。

「皆さん40代の奥様ばかりの大人なんだから、割り切ってセックスだけ

を楽しみましょう?て事になったの、」

私、洋子ママに聞きます。

「男の人は、どう集めるんですか?」洋子ママ答えます。

「私が良い子を選んで探してるのよ、

私が運営している進学塾の先生としてきてもらって大学生たちよ」

「えっ!?僕と同じ大学生なんですか?」

「18.19歳って一番セックスがしたい年頃でしょ、龍一君?」

セックスがシタイ者同士が一番でしょ?

年齢差は有るけどね最初は大人の女に教わるのが一番良いのよ、

龍一君も会に入らない?

早く童貞とお別れしたいでしょ。

決心が付いたらメールが電話してね。」

洋子ママの秘密の会へのお誘いうけた私、妄想が走ります。

「この前2階に行った奥さんの恵子さん、凄く綺麗だったよなぁ…40代

なんだ…お袋と同じ歳」

私、エッチな妄想で硬く成って行くぺニスを触り始め、

無意識にズボンを下げます。

次回へ続く、


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/07(金) 20:47:56 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック