FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。1、今日は長女の卒用式です。 2.洋子ママ、その6、博美先生が来る…まずいなぁ
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


余談です。1、今日は長女の卒用式です。

私も会社をお休みし参加します。

娘、朝早くから、振袖に袴、それと、ブーツを履き、準備完了。

メタボの私は、小さくなったスーツを腹をへこましやっとの思いで着用です。

いざ、会場に出陣です。

私の車、調子が悪いので、不仲な家内の車で出かけます。

娘が助手席に、私が後部座席にのります。

もちろん、私と家内、会話ありません、

家内と娘の会話です。

家内、娘にいいます。

「今日は振袖に袴だから、トイレは無理よ、できるだけ、水分はさけるのよ、」

私の心

「女の子は大変だな、トイレにも行けないんだから、その点、男は楽だな、スーツ

で終わりだからな。」

会場は学校の講堂、おめでとうございますの言葉が飛び交います。

キャピ、キャピの学生達の楽しそうな声が響きます。

式が厳粛にプログラムに沿って進められます。

最後に卒業生の代表が父兄へ感謝の言葉をのべます。

「病院への実習でくじけそうになった時に、いつも厳しい両親が

優しかったこととか、高い授業料を工面してくれたことを述べます。」

すると、会場の父兄、少し涙ぐみます。

私も思い出しました。

娘が高槻の病院へ実習にいたことを、

毎週土曜日、レオパレスに宿泊する娘のところに、片道、3時間を

かけて様子を見にいったこと、目頭があつくなります。

卒業式前の風景
P1000981.jpg

そろそろ、アクセス数が減る不評の洋子ママ、書きます。

2.洋子ママ、その6、博美先生が来る…まずいなぁ

洋子ママ「ゆっくり決めれば良いわ。実はね今日、2階使ってるの、

少し覗いて見ましょうか?」

洋子ママ、頷く私を密会中の隣の部屋に連れて行きます。

デェスクと椅子が置かれてるだけ置かれている部屋、

デェスクの上のパソコンのスイッチを入れる洋子ママ、

すると隣の部屋の様子がモニターに映しだされた。

洋子まま言います「不測の事態に備えて隠しカメラ付けてるだけよ、

皆さんには了解済みなの。」

私、初めて見る大人の逢瀬に愕然とします。

「洋子ママ!凄いですね生で見ると…」龍一君にも早く経験させて上げないとね!」

「お願いします!」

その時、洋子ママの携帯が鳴ります。「あらぁ!博美さん、お久し振りね、はい、はい、

そうなの?良いわよ、今からでも、待ってるわ…」

龍一君が結構気に入ってたでしょ?博美さんよ、、リストをじっくり見てたでしょ、

今から来るって旅行のお土産が有るみたい。」

私言います。「いやぁ・まぁ…綺麗な人だなぁとは…思いますけど…」

私の心「高校時代の担任だった博美先生が来る…まずいなぁ、どうしよう…さすがに

高校時代の恩師だとは言えないよな。」

玄関の呼鈴が鳴り、洋子ママ言います。

「博美さん来られたみたいね…」洋子ママか階下に降りて行きます。

「お久し振りね博美さん、元気にしてましたか?」

「えぇ、お陰様で、これ旅行のお土産なんだけど」

綺麗に包装された菓子折りを洋子ママに渡します。

「何時も、ありがとうございます。」

店のカウンター席に並んで座る二人。

「ところで、例の件そろそろ、どうかしらぁ?」

「あぁ…アレね…私みたいなオバサンの相手してくれる方は居るのかしらぁ…」

「大丈夫よ博美さんは綺麗だし、お薬飲んでる?」

「はい、飲んでますよ…」

「じゃぁ、もう効果は有るはね、博美さん?今日、時間無いかしらぁ?」

「大丈夫だけど、何か?」

「実はねぇ、今、来てるの男の子が…」

「えっ!?、今来てるの?」

驚く博美…

「そうなのよ…急な話なんだけど、どうかしらぁ?」

「どうって言われても…そんな気で来てないし…心の準備が、未だ出来て無いし…」

葉子ママ言います。

「一度ご主人以外の、男性に抱かれたら?まだ女を捨てるには早いわよ!若い男性と、

ドキドキするエッチを楽しんだら、どうかしらぁ?」

次回へ続く

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック