FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.私は猫、名前はゴマ、その4、顔みせ   2.洋子ママ、その13、此れから、どう成ってしまうの
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


1.私は猫、名前はゴマ、その4、顔みせ
ゴマ母さんいいます。「そろそろ、子供たち、大きくなってきたから

、オババさんに見せようかね、子供達、私の後についてくるんだよ、」

子猫達「ニャ~(ハイ~)」

子猫達、ゴマの母さんの後をついていきます。そして、お店の前で鳴きます。

「ニャーニャーニャー」おばばさん玄関を開け言います。

「おや、お前の子供達かい、でも、家はお菓子屋だよ、動物を飼う訳にはいかな

いんだよ。ちょっとお待ち、ご飯あげるからね。これはお前の分だよ、

これは子猫達のぶんだよ、おたべ、」

そこにオババの娘で店の主であるコババ登場、そして言います。

「お母さん、家は食べるものを扱っているのよ、野良猫に餌をあげないで、

猫が集まってくるわ、」それと、苦情よ、ケーキに動物の毛がついていたらしいわよ、

店の中には猫は入れちゃダメよ、」

私、以前、この店でケーキ買ったことがあります。

私「イチゴケーキ5個ください」

オババ「ハーイ、」と言って、ショ-ケースの開けます、

そして、素手でイチゴケーキをつかみ箱に入れます。

私の心「素手でつかまないで、せめて、トングを使って、オババさん。」


2.洋子ママ、その13、此れから、どう成ってしまうの

下品と不評のため、別ブログにうつしました。

読んでやってもいいよと言う方は

ここをクリック(洋子ママ)


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック