FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
ダイエットグッズの特許請求の範囲の作成へトライ
前回の記事である特許明細書の作成の続編です。前回と同様にダイエット用のつま先歩行用のスリッパを例にとり説明します。
☆1.初めに
(1)出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付けコピして下さい。
特許出願書類の様式

(2)特許請求の範囲とは、
特許請求の範囲を言い換えると、独占権の範囲となります、いわば出願書類の心臓部です。ここで、発明者は独占権の範囲を宣言します。広い範囲を含むように宣言すれば強い権利になりますが、審査ではねられる可能性も高くなります。逆に審査に通るようにと狭い範囲を宣言すると特許権としての価値がなくなる場合もあります。
(3)特許請求(独占権)の範囲と構成部材との関係
特許請求の範囲に記載する構成部材はできるだけ少なく。
代表的課題と代表的効果を結びつけるのに必要最小限の構成部材のみを記載しましょう。独占できるのは記載された部材を全て含む物だけです。独占権の範囲の大きさは記載する構成部材の数に反比例します。

☆2.特許請求の範囲の作成
特許請求の範囲の文章は赤色文字で記載しています。それ以外は説明です。
1.確認事項(出願前準備:考えをまとめましょうをもう一度見ましょう)
(1)問題点、構成部材、効果の関係が適切かを確認します。
(2)従来の製品の最小構成部材を確認します。
(3)発明の製品の最小構成部材を確認します。

2.書き方
(1)「○○○を備えた・・・・であって、△△△したこと特徴する・・・・・」と書きます。○○○には従来品の構成部材とその説明、△△△には発明品の構成部材とその説明,・・・には発明の名称を書きます。

3.ダイエット用のスリッパの問題点と構成部材と効果を再確認しましょう。
ダイエットグッズの出願前準備(考えをまとめましょう。)の記事をもう一度読んで問題点と構成部材と効果を整理しましょう。
(1)問題点の確認
下記①,②の理由により長期に渡って使用することができずにダイエットに失敗する。
①家事に集中していると、つま先立を忘れてしまう。
②スリッパの形状が特異であるため、ダイエットしていることが気付かれ恥ずかしい思いをする。
(2)従来のスリッパの構成部材
①スリッパ
②踵部
③踏まず部
④踏み付け部(つま先部分)
(3)発明対象のスリッパの構成部材
①スリッパ
②踵部
③検知具(踵部分に埋設され、踏まれると検知信号を出す。)
④警報音発生具(検知具から出た信号を受けて警報音をだす。)

(3)効果
①つま先立を忘れてしまうと、警報音が発生してつま先立していたことを思い出し、つま先立を続けることができ、ダイエットを実行できる。
②検知具が踵部分に埋設されているので、外観からは普通のスリッパに見えるのでダイエットに気付かれない。(恥ずかしい思いをしない。)
4.特許請求の範囲の記載
【書類名】特許請求の範囲
【請求項1】
ダイエットに使用するスリッパであって、踵部分を踏むと検知信号を出す検知具と、検知具の検知信号を受けて注意音を発生する注意音発生具とを踵部分に埋設したことを特徴するスリッパ。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック