FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.家内の彼氏、その1、メールアドレスを教えてあげたの(フィクション)   2、家内の彼氏、更新しました
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


1.家内の彼氏、その1、メールアドレスを教えてあげたの(フィクション)

中年夫婦のお話です、よろしければお聞きください。

昨年末のことなんですが、家内の自動車が故障し思い切って新車に買い替えることにしました。

私の姉の子、大輔はディーラーの整備担当として働いており、そのデーラで購入することになりました。

年明けに大輔に電話すると、そのディーラーの営業マンの川島がバンフレットを持って

自宅まで来てくれました。

どれを選ぶかは家内に一任していたのです、夕食の時に家内から購入の契約をしたことを聞きました。

「川島さんって、おもしろい子ね、一緒に試乗してもらったけど、おもしろいことばかり言うから

笑っちゃうののよ、やっぱり営業だから口がうまいのよね、

携帯番号とメールアドレスを教えてあげたの、またメールで爆笑を誘いますよ…なんて言うから」

家内とは結婚して16年たち、中1になる息子がいます。

子供が産まれるまではセックスもそれなりによかったのですが、子供ができてからは寝室も別になり、

子供が大きくなった今は家族3人が別々の寝室となってしまいました。

寝室が別になるとセックスの回数もめっきり減ってしまいます。仲は決して悪くないのですが、

家内とはいつのまにかセックスレスになっていました。

ですので、家内が若い男性とメールアドレスを交換したからと聞いても何とも思わなかったのです。

その後家内は川島君と時々メールのやりとりをしていたようでしたが、

川島君を男として意識するような感じもなく、メールの内容も私に話すほどでした。

今年の1月の末ぐらいでしたが川島君と話をする機会がありました。

オイル交換のため川島君の店の隣に併設している工場に車を持って行った時のことです。

少し時間があったので、店舗の中でパンフレットを眺めていた時、川島君が話かけてきました。

「瀬戸さん いつもお世話になります。ご無沙汰してます」

川島君はいつもの通り明るくハキハキとしていました。

「やぁ、どう その後は 車は売れてるかい?」

「ええ、おかげさまで。今月の月間目標も軽くクリアです。その節は奥さんにも

大変お世話になりました。新しいお車の調子はいかがですか?」

「う~ん、何も聞いてないからいいんじゃないかな」

「そうですか、もし何かありましたら、何なりとお申し付けくださいね」

私はメールのことを思い出して、ちょっと川島君をからかってやろうと思いました。

「ああ、何かあれば家内が直接連絡するさ。メールの交換もしているんだろ?」

川島君は一瞬しまったという表情になり、深々と頭を下げました。

「申し訳ございません。瀬戸さんに何も言わずに勝手に奥さんと連絡取り合ったりして、

失礼なことをしました。本当に申し訳ございません」

あまりに川島君が大袈裟に謝罪するので、逆に可笑しくなってしまいました。

「はははっ…俺は怒ってるんじゃないよ(笑) いいじゃないか 若い男とメールができて

家内も喜んでいるさ」

「そうだといいんですが、でも瀬戸さんのご機嫌を損ねたとなると…」

「大丈夫 大丈夫 そんなに気にするなら家内を一度デートにでも誘ってやれよ」

「ありがとうございます。奥さんとメールしていると本当に楽しいんですよ。

僕の話もいろいろ聞いてもらったりして」

「まあ、あんなおばさんでよけければ相手にしてやってくれよ」

「いやー、うれしいです」

「但し…だけど」

「えっ、何でしょうか?」

私はある考えがひらめきました。

「俺には絶対報告することだ。いいかい、できるかな?」

「わかりました。じゃあ、早速これから奥さんとのメールのやりとりは全部瀬戸さんに転送します」

「よしっ、決まりだな。家内には内緒だぞ」

「ええ、了解です。男同士の固い約束ですね」

それから、川島君は家内とのメールをすべて私に転送するようになったのです。

2、家内の彼氏、更新しました
見てやるよって言う方は
ここをクリック


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック