FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1,あ~無情    2、家庭教師(フィクションです。)  3、家内の彼氏と家庭教師、記載および更新しました
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


1,あ~無情
人生って無情ですね、真実の話ですが、名前は偽名です。

友人の斉藤氏、私に言います。

更谷さんと酒を飲もうと、携帯に連絡入れたんだけど、連絡がつかないんだ、

それで、家に行くと、家はすでに、引き払われていて、誰も住んでいないんだ。

それで、仕方なく家主に聞くと、(更谷さん、先月、亡くなったよ、)っていうんだ。」

私「どうりで連絡が着かないわけだ、 俺が言うのも何だけど、

彼の人生あまり良くなかったな。」

そして、時代は遡ります。

彼は私の友人部署に派遣会社から派遣されてきました、

年齢は40半ばです。

彼は人当りもよく、その部署にすぐに溶け込み、やがて、アルバイトになりました。

私は居酒屋で友人である斉藤氏と飲んでいるところ、偶然に彼も居酒屋にやってきて、

意気投合し2次会、3次会と行くようになりました、

やがて親しくなった更谷氏に聞かなくても良いことを聞いてしまいました。

私「更谷さん、奥さんおられるんですか、」

この問い対して更谷氏は「昔はいたんですが、

子供が一歳になろうかと言う時に病気で亡くなってしまいました。

それから一人で暮らしているんですよ、でも、子供も25歳になり、

孫もうまれました。」と答える更谷氏にさらに聞かなくても

良いことを聞いてしまいました。「更谷さん、ご苦労なさったんですね」

「私、乳飲み子を抱えて、何度、線路に立ったかわかりませんよ。」

次回に続く

2、家庭教師(フィウションです。)

私は40歳で主婦です。夫と娘(中3)との3人暮らしです。

そして、娘には家庭教師をお願いしています。大学生で龍一君といいます。

私の印象としては、見た目も普通で、今の学生にしては真面目は方かなという感じでした。

よく雑誌やインターネットで見聞きする、

家庭教師と人妻の不倫とは私なんかは無縁だなと思っていました。

私たち家族3人は、たまにカラオケボックスに行くのですが、

娘が家庭教師の龍一君を誘って行きたいというものですから、その日は4人で行ったのです。

部屋に入ると一番奥から龍一君、私、娘、夫という順に座り歌い始めました。

私が車を運転したものですから、夫と龍一君はビールを飲みながらのカラオケです。

娘が歌っているときに、夫は飲みすぎたのかトイレに行くために、

部屋を出て行ったときのことです。隣に座っていた龍一君がさりげなく私の

腰に手を回してきたのです。

今まで、龍一君と会話していても私に対して女性を意識しているそぶりがなかったので、

びっくりしました。

手を払いのけるのも大人気ないと思い少し様子を見ていると、

夫が戻ってきたため、そっと手を戻しました。

しかし、その後、夫からは私と君の間は死角にになっているため、

夫が歌っているときに龍一君は私の手を握ってきました。

ドキドキしていましたが、断ることもできずそのままの状態でした。

彼もそれ以上のことは何もしてこなかったのでホッとしていました。

カラオケが終わり、夫と娘が会計のためにフロントに行っている間に、

私は先に駐車場へ車のエンジンをかけに行きました。

そうしましたら、龍一君が後ろから追いかけてきて、

ちょっと酔ったみたい。」と話しかけてきました。

そして、私の車の前で、彼に口唇を奪われてしまいました。

夜でまわりは暗かったものの、夫がいつ駐車場に来るかわからない状況でのくちづけは、

私に衝撃を与えました。

3、家内の彼氏と家庭教師、記載および更新しました
見てやるよって言う方は
ここをクリック



にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック