FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
ダイエットグッズの特許願の作成へトライ
前回の記事である特許要約書・図面の作成の続編です。前回と同様にダイエット用のつま先歩行用のスリッパを例にとり説明します。

☆1.初めに
(1)出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付け保存して下さい。(特許庁の様式集にリンクしています。)
特許出願書類の様式

次は「特許願」の作成です。願書に記載す文字は赤字です。それ以外は説明です。

☆2.様式
【書類名】       特許願
【整理番号】      AAA001111
【あて先】       特許庁長官殿
【国際特許分類】    A43B  3/10
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名】        ダイエット 花子
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】    ダイエット 花子  
【手数料の表示】
 【予納台帳番号】××××××
 【納付金額】15000
【提出物件の目録】
【物件名】    特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1


☆3.特許願い作成要領
【書類名】       特許願
1.【整理番号】について
【整理番号】      AAA001111
【整理番号】には任意で好きな英数字で10文字以内で記載(ローマ字「大文字に限る。」、アラビア数字若しくは「-」又はそれらの組み合わせからなる記号であって、10字以下のものを記載して下さい。)私はAAA001111にしました。

2.【国際特許分類】について、
【国際特許分類】    A43B  3/10   
前回の特許調査で得た先行文献の特許分類をそのままコピーしましょう。通常は特許分類表で調べますが、面倒です。( ××××□□×/××の特許分類で調べて ″/″の前の数字が3桁に満たないときは足りない桁分空白を入れます。不明な場合は省略しても良いことになっています。)    

3.発明者について
【発明者】
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1-1-1
 【氏名】        ダイエット 花子
 
発明者の欄と出願人の欄がありますが、特許の権利は出願人にあります。又、発明者は人です。法人或いは団体名はダメです。
(1)「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。
(2)「【氏名】」の欄には、戸籍に記載されている氏名を記載して下さい。通称名やペンネーム等は認められません。
(3)発明者の欄に記載すべき者が2人以上あるときは、次のように欄を繰り返し設けて記載して下さい。
【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】
【発明者】
 【住所又は居所】
 【氏名】

4.特許出願人について
【特許出願人】 
 【識別番号】
 【郵便番号】      111-1111
 【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
 【氏名又は名称】   ダイエット 花子

特許出願人が権利者です。
(1)【識別番号】には9桁の数字( “識別番号付与請求書”により取得) 識別番号を記載します。記載した場合は、住所の記載は省略できます。初めて出願する方には識別番号がありませんので、「【識別番号】」の欄は設ける必要はありません。
(2)【住所又は居所】の欄について
「【住所又は居所】」の欄には、◯◯県、◯◯郡、◯◯村、大字◯◯、字◯◯、◯◯番地、◯◯号のように詳しく記載して下さい。但し、識別番号を記載したときは、「【住所又は居所】」の欄は設ける必要はありません。
(3)【氏名又は名称】の欄について
「【氏名又は名称】」の欄には、特許出願人が自然人にあっては氏名を記載します。
法人にあってはその名称を記載し、「【氏名又は名称】」の次に「【代表者】」の欄を設けて、その代表者の氏名を記載して下さい。以下の通りです。
【郵便番号】      111-1111
【住所又は居所】    愛知県名古屋市・・・・1番地1号
【氏名又は名称】    ダイエット グッズ株式会社
【代表者】      ダイエット 花子   印又は識別ラベル
書面による出願の場合は印又は識別ラベルを貼りつけます。
・「押印」又は「識別ラベル」について特許出願人の氏名(法人にあっては代表者)の横に、朱肉を用いて鮮明に印を押すか、又は、識別ラベルをはって下さい。印を押すときは識別ラベルは不要です。また、識別ラベルを貼るときは印を押す必要はありません。

5.手数料について
【手数料の表示】
【予納台帳番号】××××××
【納付金額】     15000

特許業界は一般に前金です。手続き前にお金を支払う必要があります。予納等の支払いについては次回の記事「いよいよ出願」でお話します。
【予納台帳番号】××××××は6桁の数字(“予納届”により取得)
【納付金額】 15000は入力時″,″、″円″は不要
書面出願(必要な書類内容「願書、明細書、図面、要約書」を紙にプリントして、書留郵便で特許庁に郵送する方法です)で特許印紙を貼る場合は省略できる。

6・提出物件について
【提出物件の目録】
  【物件名】      特許請求の範囲 1
 【物件名】     明細書  1
 【物件名】     図面    1
 【物件名】     要約書   1

【提出物件の目録】の欄について
【提出物件の目録】の欄には、特許請求の範囲、明細書、図面及び要約書等特許願に添付する書類名を記載して下さい。数字は一式と言ういみですから、必ず″1″です。

注意:手数料の支払い方法に「電子現金納付制度」を採用した場合、【手数料の表示】欄は次のように記載してください(【納付金額】の行は削除)。
【手数料の表示】
 【納付番号】16桁の数字(インターネット出願ソフトで取得)



スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック