FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.愛すること、その4、君しかいないんだよ。
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


<1.愛すること、その4、君しかいないんだよ。

私、彼女に電話します。「いつものところで待っています。」とメッセージを入れます。

私、彼女の家からさほど遠くない公園の駐車場、バックミラーに移る彼女の姿を認め、ときめきます。

私、何も言わず、ドアを開け、彼女を迎えいれます。

「こんな自分でも愛してくれの、本当に私でいいの」

「君しかいないんだよ。」

そして、仁美と私、交際を始めました。

そして交際を重ねて二年、ずっと清い交際を続けてきた。

その日は大雨でした。

線路が水につかってしまった為、電車が不通となってしまい。

私は彼女の職場まで迎えにいきます。

行きわスムーズに車を走らせ、彼女の職場についたのですが、

帰りは大変な渋滞でした。そんななか、私は彼女に言ってしまいました。

「ホテルに行っていいかい。」

彼女小さく、頷きます。

そこには、「大好きな人とできるのだから怖くない、怖くない」と自分に言い聞かせる彼女がいます。

やはりベッドの上で パニックを起こしてしまいました。

その時、彼女が泣きながら切れ切れに語ります。

「龍一さんのことが好きよ、結ばれたいわ、でも、辛かった過去が強くよみがえるの、」

最後に泣き伏してしまった.

「ずっと大変な事を一人で抱えてきたんだね」と頭を撫でます。

そして、彼女の頭を一晩中撫で続けながら、彼女に語りかけていました。

「これからはずっと俺が。もう怖い思いはさせないから」

「焦る事は無いよ、ゆっくりと分かり合おう」

「君はとても可愛いよ、ちっとも汚れてなんかいないよ」

「ごめんなさい」と繰り返す彼女に、私は一晩中優しく語り掛け

「いつか、君が僕との子供が欲しいと思う時まで、心で深く分かり合っていこうよ。

僕が欲しいのは君の体じゃなくて君自身だよ」

と言い、その後彼女と結婚するまでの五年間、おでこにキスくらいまでの清い交際を続けました。

そして結婚してからも焦る事無く、ようやく初夜を迎えることができたのは結婚後二年経ってからでした。

やがて、娘と息子がうまれました。

息子が二十歳になるのを待って、家内が初めて子供二人に語ります。 その話を聞いたとき、

息子と娘は(ここからは娘と息子の目線でお話を続けます。)

母の苦しみや父の愛情、そしてそれに母がどれだけ癒されたのか、

今ここに自分の生がある事のありがたさを知って、ボロボロと泣きました。

お父さん、お母さん、愛し合ってくれてありがとう。

さらにその後、父とその件について話した事があったのですが、

ホテルでの一件の後、父は結婚してから母を一人にする事のないように

自営業を始めるため五年間貯金をしたそうです。

開業資金、結婚資金が貯まって、

母にプロポーズをした時も「一生子供が作れなくてもいい」 と思っていたそうです。


<2.家内の浮気、その2、ママは親戚のところ。

昨日、弁護士先生に相談にのっていただきました(簡単に)

浮気を調べる目的とはいえ家庭内で盗聴を行った事は、

された側にすれば逆に不信の種を撒かれたようなもの。

夫婦であってもプライベートが盗まれていたとなるわけで、

再構築の余地が僅かでもあればやはり秘したほうがいい。

選択肢が離婚のみであれば録音を聞かせるのも一考だが、

会話内容から奥さんが相手の素性、不倫事実をすんなりと自白するとも思えない。

不倫者は配偶者より不倫相手のダメージと、

今後のことをを心配する傾向がある。

相手を叩きのめした方が奥さんにダメージを与えることにもなり、

結果として有利に事が運べるだけでなく、

相談者(私)の精神的苦痛を少しでも和らげることにもなる。

特に今回のケースでは娘さんが心配。

結論として、外堀をしっかりと埋め、

客観的証拠に基づいた法的な制裁を粛々と科したほうがいい。特に相手男には…。

とのことです。ついでに良心的な興信所も紹介していただきました。

答えは簡単なのでは?

自分ならこんな母親に子供と関わって欲しくないので離婚…

といきたいところですが、悲しいかな親権に関しては日本の法律は

母親が絶対的に有利ですよね…

不倫相手と会う時も娘さんの帰宅時間をリミットとして守っているし、

本人曰わく良妻賢母とのことでその実績を盾にとられ、

相手の某教師が奥さんと娘さんの面倒を見るとなるとあく

まで表面的にですが生活力、子育てどちらをとっても奥さんが有利と判断され難しいですね。

焦りは禁物と言いますか、理想は親権確保の上、

離婚に向けてじっくりと外堀を埋める事に専念されるのがいいかと。

慰謝料等は後からついてきますし からね 頑張って下さい。

妻は先ほど義両親に引き取られ、妻実家預かりとなりました

それと娘はしばらくの間、両親、妹のところでお世話になることになっています。

流れだけ簡単に箇条書きにしました。

妹がスーパーの福引でデ○○○ーランド一泊招待が当選したことに。

(費用はすべて私持ち)

ので、せっかくだから親娘で参加することに。(妹家族とともに本当に行きました)

土曜日、私たちが出発したあと調査員が妻をマーク。

夕方から男と合流し、夕食のあと21時ごろにラブホにチェックイン。

泊まるかどうかはわからなかったので、娘を妹に託して23時ごろ調査員たちと合流

翌朝10時ごろでてきたところを押さえる。

相手男の素性はわかっていたので早々にお引き取りいただく。

後日、弁護士から連絡がある旨を告げて…義両親に連絡、事情を説明し自宅にむかってもらう。

親友夫婦にも自宅にきてもらう(弁護士のアドバイスで第三者同席)

この間、妻は泣きながらひたすら謝罪のオンパレード…正直、疲れました。

14時ごろ義両親到着。いきなり義父が妻にビンタ…。

一息ついて話し合いが始まる。
3、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は
ここをクリック


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメント
おはようございます。

『1.愛すること、その4、君しかいないんだよ』

どのような結末に……? と、思っていました。
このエンディング、救われました。
2014/05/16(金) 10:02:01 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック