FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.姉妹、その1、出戻ってきました。  2.夫婦慕情、その3、淡い恋心
特許、意匠出願に興味あるかたはこちらクリックしてね。

ここをクリック


1.姉妹、その1、出戻ってきました。(フィクションです。)

家内、聖子は納戸から小さな箱を取り出します、

その箱には亡くなった家内、洋子の写真が収められているのです、その箱を見つめる聖子、

聖子の心(お父さん、私に遠慮して、昔、隠したんだわ、気にしなくてもいいのに、

私にとっても実姉なんだから、)

3枚目の写真をみます、それは、姉のヌードの写真です、それも縛られているのです。

聖子(お姉さん、こんな趣味があったの)

記憶は20年前の坂登ます。

聖子「ア~、私も28歳、離婚も成立したわ、あいつがあんなマザコンって知らなかっとわ、

良く2年も結婚生活が続いたものよ、皮肉なものね、洋子姉さんは夫婦中があんなにいいのに、

病気になっちゃって、早く良くなればいいのにね、病院にいそがなくっちゃ」

病院に急ぐ聖子、そして、病室をあけると、姉洋子が笑顔で迎えてくれます、

そのそばには娘、由紀ちゃんもホッペを赤くして笑顔です。」

2、夫婦慕情、その3、淡い恋心

私の亜希子さんへの想いは、ほのかな憧れから、淡い恋心へと変わり、

日増しに強い恋愛感情を持つようになりました。

もちろん、亜希子さんには里治さんという旦那様がいたのですから、密かな恋心でした。

初めて、お二人にお会いしてからは、昼飯時や夜食も頻繁に通い続けました。

先輩達と一緒の時もありましたが、ひとりで行くことが多かった……。

それは、先輩達…特に、仲井さんが一緒の夜は、会話が卑猥だったからです。

酒が入ると、先輩達の話しは、仲井さん中心になり、それを先輩達は聞きたがったのです。

<仲井さん…女のあそこって、ひとりひとり違うんですか?>

[当たり前だ…色も形も匂いも違うよ…サネも南京豆みてぇな大きいのから、

マッチの先みてぇな小さいのまで、色々だ…]

<へぇ~南京豆ですか?…>

[俺のやった女の中にひとりいてなあ…いじりまわしてやると、

小指の先くらいのサネが、飛び出してくるのよ…]

ニヤニヤと笑いながら話す仲井さんは、亜希子さんの後ろ姿をジィーと身ながら話すのです。

それでもまだ飲み始めは、ヒソヒソ声でいいのですが、飲み進む内に、

その声は次第に傍若無人な声に変わっていきました。

[いいか…どんな澄ました女でも、結婚したら、みな旦那のち〇ぽをくわえるんだ]

まるで亜希子さんに聞かせるために大声で話すのです。

亜希子さんは私達のテーブルを見ようともしません。

私は{声が大きいですよ!…そんな話しは聞きたくないですよ!}

と、繰り返すのですが、先輩達は面白がって、仲井さんに次から次に質問を浴びせるのです。

<うちに部品を持って来る、あのおばちゃん…旦那がトラックの運転手で

交通事故で死んだらしいけど、どうしてんですかねぇ?>

若手では最年長の隆司先輩でした。

[あのおばちゃんかあ…まだ四十前だろ?…体がもたねぇんじゃないかあ?…

隆司、口説いてみろよ、やらせてくれるんじゃねぇか?…ははは]

私は、こんな先輩達の話しを亜希子さんに聞かれるのが嫌で、何度も途中で席をあとにしました。

七月の終わり頃…席をたった私を、亜希子さんが店の外まで見送りに来てくれた事がありました。

(龍ちゃん、帰るの?…)

{うん…ごめんね…}

亜希子さんはニコニコ笑いながら…

(うぅん…気にしない、気にしない…あんな話しを気にしてたら商売なんて出来ないわ…

それより、龍ちゃん…お盆は田舎に帰るの?)

{田舎?…帰らないよ…どうして?}

(うん…うちの人がお盆を休もうと言うのよ…)

{えぇ!?…休んじゃうの?……俺…毎日来ようと思ってたのに…}

(えぇ!?毎日?…あはは…そんなんじゃあ彼女なんて出来ないわよ)

{彼女?…彼女なんていらないよ…亜希子さんに会いに来るよ}

精一杯の口説き文句でした。

(あはは…毎度ありがとうございます!…ほら…うちの人、釣りに行きたいみたいよ)

まったく相手にされていませんでした…。

当時の個人商店は、年中無休が当たり前…

何かやむを得ない時だけ臨時休業の貼紙を出していました。

{釣り?…亜希子さんも一緒に行くの?}

(私?…私は行かないわよ…でもお弁当は作るわよ…哲ちゃんの分も…一緒に行かない?)

以前、口約束はしたものの、亜希子さんのお店は、決まった休みがないので、

私の休みと合うはずもなく、気にしていませんでした。

{亜希子さんも行けばいいのに…}

(私、強い陽射しに弱いのよ…夕飯用意して待ってるわ…一緒に行ってやってよ…)

{夕飯?…}

(うん…一緒に食べればいいじゃない…)

この一言で、里治さんと釣りに行く事になりました。

4、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック