FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
2.姉妹、その3、洋子の顔がみれない。
1.庭の風景
(1)ホタル
朝早く、起きますと、玄関のドアに蛍がとまっています。
ホタルの季節が終わりに近づくと、何故かやってきます。
P1010132.jpg

(2)ナスビ植えました。
P1010135.jpg

2.姉妹、その3、洋子の顔がみれない。
「お兄さん、由紀ちゃん、起きなさいよ、さあ~、お顔洗ってから朝ごはんよ、」

私を会社に送り出すと、娘を保育園に送っていくのです。

そして、数か月が過ぎ、こんな風景も日常となってしまいました。

娘の由紀は母に甘えられないせいもあり、

一層、聖子おばちゃんといって、義妹に甘えるのです。

娘と私がいない昼間は家内の付き添いに病院に行く毎日です。

笑顔で聖子に言います「いつも、ありがとうね、由紀と龍一さんの面倒みてくれて、」」

聖子「いいのよ、どうせ暇だから、」

「聖子、お願いがあるのよ、以前に先生に聞いたのよ、私の具合は悪くなる一方、

後どのぐらいいきられるのって、

するとね、先生が言うのよ、後1年程度だろうって、

私、由紀と聖子に手紙を書いたの、私が死んだら、読んでね。」

「お姉さん・・・、良くなるって、そろそろ、龍一兄さんが来る頃ね、」

私「遅くなって、ごめん、道が混んでいたもんで、具合はどうだい。」

私の心「洋子、ごめん、あのことがあってからまともに洋子の顔が見れないんだ」

3日前に日が坂登ます、その日はすごい寒波で大雪、事故でも起こったら大変だというので、

聖子が我が家にとまることになりました。

娘の由紀は大喜びです。由紀「今日は聖子おばちゃんと一緒にねる。」

空いている部屋に聖子さんと由紀の布団を並べて敷きます、

やがて、由紀は遊び疲れて、寝息を立てて寝てしまいます。

そのあと、二人で少しお酒を飲みます。

酔いが回ってきたのか、聖子さんも由紀の寝ている部屋に行ってしまいます。

私は一人でお酒を飲みます。そして、シャワーを浴びようと風呂に行きます。

そのには何かをタオルで包んであるのです。

私は広げて中をみますと、聖子さんの下着が、私は自分の衝動を抑えきれません、

3、夫婦慕情、その6、精一杯の告白

{そうだね…亜希子さん、元気出してよ…俺…

亜希子さんが笑ってるの…好きなんだ…}

精一杯の告白のつもりでした…。

(うん…ありがとう…)

翌日から私は仕事が終わると、寮の風呂に飛び込み、

着替えを済まして店に行く生活が始まりました。

道すがら、段ボールに野菜を買い込み、亜希子さんのの店に運んだのです。

{お袋が、野菜をいっぱい送ってきてさあ…これ…店で使えるよねえ…}

(え~!?…使えるけど、いいの?…せっかくお母さんが送ってくれたのに…)

亜希子さんが喜んでくれるのが、何よりうれしかった…。

(今朝ね…病院に行ってきたの)

{どうだったの?}

(うん、点滴してたけど、元気そうだった…龍ちゃんが心配してくれてるって話したら…うふッ…)

{なに?…何か言ってたの?里治さん?…}

(ううん…何でもない…お礼言ってくれって…)

{そう…でも元気そうでよかった…今度はいつ行くの?}

(毎日行くよ…朝か仕事が終わって…)

{夜行くのなら俺も一緒に行きたいなあ…}

(うん、いいよ…日曜日ならお店も夜ひまだから、日曜日にする?)

数日後の日曜日、亜希子さんと里治さんのお見舞いに行くことになったのですが…

…里治さんから意外な話しを聞いたのです。

3、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は

ここをクリック

概略ストーリはここをクリックしてね


にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック