FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
1.家族、その3、龍一さん、何か言って
1.家族、その3、龍一さん、何か言って、

1ヶ月がたちました。またお義父さんが私に話があるといって、私を部屋に呼んだのです。

私はお義父さんの部屋に行きました。

そこには、お義父さんのほかにお義母さんとお義兄さんの俊彦さんもいました。

お義兄さんはこんな場が苦手らしく、もじもじと落ち着かない感じです。

「しのぶさん、折り入って話があるだ。気を悪くしないで聞いてほしい。

しのぶさんが龍一のそばに居たいというのはよくわかった。

私たちもそれが一番いいと思っている。」

「お義父さん、お義母さんありがとうございます。」

「しのぶさん、これから先をよく聞いてほしい。

そして、しのぶさんが嫌なら嫌とはっきり言ってほしい。

龍一が寝たきりになって1年が過ぎた。

私も家内ももうあきらめている。

このままでは、しのぶさんが歳を取るだけだ。

あんたはまだ若いし、将来もある。

でもしのぶさんはずっとここに居たいと言っている。

そこで相談なんだが、

俊彦ももう30歳だ、ごらんのとうり体は誰にも負けんが、

若い時の病気で複雑なことはできん、

でも生活には何の問題もないんだが、嫁の来てがない。

このままでは俊彦は女の体を知らずじまいだ。そこで話なんだが、俊彦と結婚をしてほしい。

こいつにも聞いたんだが、あんたのことが好きみたいだ。

しのぶさんも好きなだけ、遠慮することなく龍一のそばに居れる。」

「お、お義父さんちょっと待ってください。私には、何が何か、、、」

「返事は今でなくても良い、よく考えてほしい。

忍さんの願いと俊彦の願いが叶うわけだ。]

私は、龍一さんの寝ている私の部屋にもどりました。

「龍一さん、義父さんがね、あなたと別れて、お兄さんと一緒になれっていうのよ、

龍一さん、何か言ってくれないの、こうしてあなたの胸にほほを付けると

あの幸せだった頃を思い出すわ、龍一さん、何か言って。」

2.夫婦慕情、その23、最終回

菜穂子が七歳の時、亜希子さんは里治さんと同じ肝臓病で亡くなり、

今は里治さんと同じお墓で眠っています。

私は菜穂子を引き取り、男手ひとつで育てていましたが、

田舎の両親のすすめで、結婚しました。

戸籍の上では初婚ですが、今の女房は再婚です。

女房も子供が出来ず、離縁された女で、菜穂子を実の娘のように育ててくれました。

今なら、菜穂子が私の子かどうかを調べることは可能ですが、私にはその気がありません。

菜穂子は実の母、亜希子さんににそっくりです。

それだけでいいのです。

私は菜穂子と共に里治さん、亜希子さんの眠るお墓にお参りに行きます。

お二人にお世話になったお礼と、

菜穂子を授けて下さった感謝を伝えに行くのです。

今の幸せは、お二人と、全てを受け入れてくれた女房のお陰です。

3、官能小説更新しました。
見てやるよって言う方は
ここをクリック



にほんブログ村 小説ブログへ

にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/05(火) 22:56:16 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック