FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
イジメ(2/3)、憎しみの果てに
1.概要
私は4年前に親会社から出向した上司のイジメからうつ病になりつらい思いをしました。そして2年前には職階級、給料を限界まで下げられ、15年間いた部所から他部門に放り出されました。悔しい、無念です。他部所に放り出されて2年、頭の中は常に恨み 辛みであふれています。今は庭の片隅にお祀りしている蓑山大明神と安高稲荷様と龍神様に「O氏とその部下S氏が地獄の苦しみを味わいますように、その家族が滅しますように」と願をかける日々です。

1)自殺未遂のその後
自殺できなかった私は惨めです。翌日、妻に連れられ神経内科へ、そしてカンセリングの後に1ケ月の休暇。.脱力感が身体を覆いつくします。最初の1週間はひたすら寝ます。
2週間目;やや落ち着き,頻繁に寺に参拝するよになりました。仏様にお参りしたことにより、環境が一変するわけでもなく、御利益を得るわけでもありません。ただ何かにすがりたいだけなのです。 高野山のお助け地蔵、霊現寺の一願地蔵大菩薩、観世音菩薩には特によくお参りさして頂きました。

(2)再出勤
社内的には自殺未遂のことは知られておらず、うつ症状による長期休暇となっています。相変わらず私へのイジメは続いています。以前よりきつくなったようなきがします。同僚も私には近づきません。後輩も私になめた態度で接するようになってきました。O部長の異常な怒りかたに、友人は前世におまえに恨みでもあるのではないかと言う程です。間接的ですが、お前は俺に恥をかかせたな、観てろ、と言われました。後日聞いた話しですが、幹部会議で、全て私のせい、髪の毛一本ほどもおれの責任ではない。私の欠点を列記したようです。
(3)イジメの果ての左遷
再出勤から6ケ月後、上司O氏に総務に呼び出されました。そして、企画室から修理部品を発送するサービス課への転属(左遷)辞令です。サービス課では自分の息子と同じ歳のアルバイ社員の指導をうけながら業務を行っています。それから2年の月日がたちましたが、この無念さ、悔しいが消えたわけではありません。頭の中は常に恨み 辛みであふれています。朝夕に悔しさがよみがえり{O氏、地獄の苦しみを味わいながら死にやがれ、S氏、地獄の苦しみを味わいやがれ}と気違いのように叫んでいます。
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック