FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
ペット(ネコさん)グッズの特許明細書の作成へトライ

☆1始めに
特許調査も完了(前回)しました。いよいよ明細書の作成です。もし特許事務所の方に依頼すると依頼案件を過剰なほど綺麗に装飾してくれます。有名デパートで買い物をした場合に綺麗に包装してくれるのと同じです。しかし、特許庁の審査はこの包装を取り除いてしまいます。そして発明案件のみを審査します。明細作成前に必ず前々回の出願前準備に目を通し、本質を練り筋道を立てて明細書を作成しましょう。そうすれば特許事務所に劣らない明細書が作成できます。

☆2.出願書類の様式
特許権を取得するためには、「特許願」及び権利を取りたい技術内容を詳しく記載した「明細書」、「特許請求の範囲」、「図面」(必要に応じて)、「要約書」を作成し、特許庁に出願(提出)する必要があります。
それらの様式は、下記しました青文字の「特許出願書類の様式」をクリックし名前付けコピして下さい。
特許出願書類の様式

書き込み時の確認事項は以下の通りです。
(1)用紙は、日本工業規格A列4番(白色のものを縦長)
(2)文字は、10ポイントから12ポイントまでの大きさです。基本 半角を用いてはなりません。
(3)書き方は左横書、1行は40字詰めとし、1ページは50行以内とし、各ページの上の余白部分の右端にページ数を記入して下さい。
(4)余白は、少なくとも用紙の左右及び上下に各々2cmをとり、原則としてその左右については各々2.3cmを越えないものとして下さい。
(5)とじ方は左とじとし、容易に分離し、とじ直すことができるように例えばステープラー等を用いてとじて下さい。

☆3.説明対象
今回は猫のトイレを例に明細書の書き方を説明します。この猫のトイレは上方が開放したプラスチック製のケースで底部分に尿取りパットが敷かれています。この尿取りパットの交換時期を知らせる機能を持たせたものです.

☆4.明細書の作成
明細書の文章は赤色文字で記載しています。
1.発明の名称
【発明の名称】 猫のトイレ
(1)説明
明細書の最初の記載事項は発明の名称です。特許調査で得た案件を参考にシンプルに書きましょう。今回は猫のトイレにします。
2.技術分野
【技術分野】
【0001】
本発明は室内で使用する猫のトイレに関するものである。

(1)説明
特許を受けようとする発明の技術分野を明確にするため、「本発明は~する(ための)~に関するものである。」のように簡潔に記載します。

3.背景技術
【背景技術】
【0002】
従来の猫のトイレにはトイレの底部分に尿取りパット(吸水性シート)を敷いたものがある。これは一方が開放した箱状のケースの底部分に収納される尿取りパット用容器と、この尿取りパット用容器の上部に取り付けられていて底部分が尿の透過性部材で作られた猫砂利用容器とから構成されているものである。又、別のタイプのものには実用新案出願平11-9624公報に記載のものがある。これは トイレのケースが半透明部材で構成されて外部からペットの有無を確認することができるものである。

(1)説明
従来の猫のトイレには○○○がある。これは△△△と◇◇◇とで構成されている。と書きます。
△△△、◇◇◇には従来の構成部材を入れます。前回の出願の前準備(考えをまとめましょう)には尿取りパット用容器と猫砂利用容器とが記載されていますので、これを入れます。
次いで、先行技術調査で出た案件も記載します。記載方法は出願番号又は公開番号を記載するだけも充分ですが、付けくわえたい場合にはその構成部材を簡単にかきます。「又、別のタイプのものには□□□公報に記載のものがある。これは△△△と◇◇◇とで構成(作られている。)されている。」
注意点
☆1:従来技術ですので、詳しく詳細に書く必要はありません。多くても2例程度にしましょう。
☆2:従来技術の欠点をなるべく書かかないようにしましょう。(従来技術欠点は課題の欄でかきます。)

4.特許文献
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
【特許文献1】特許公開平10-229768号公報
【特許文献2】実用新案出願平11-9624号公報
(1)説明
前回の特許調査で得た案件の出願番号又は公開番号を記載します。もしなければ記載する必要はありません。

5.発明が解決しようとする課題
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来の猫のトイレには排尿が溜まる尿取りパット用容器と、その上部に取り付けられ底部分が尿の透過性部材で作られた猫砂利用容器とを配置したものがある。しかし、次の①②に示す問題点があった。
①尿取りパットの交換時期を忘れてしまい、尿取りパット用容器から尿が溢れるという非常事態が発生する。
②尿取りパットの吸水状態を外観から確認できないため、尿取りパット用容器をトイレからだして確認する必要があった。
【0005】
本発明は上記問題点に鑑みてなされたものであって、尿取りパットの交換時期を外観から容易に確認することができる猫のトイレの提供にある、

(1)説明
前々回に作成した出願前準備(考えをまとめましょう。)の文中に問題点の明確化があります。その項目を下記しました。これをアレンジします。
「1.問題点(発明を思いついた理由)の明確化
問題点を箇条書きしましょう。どんな小さなことでもOKです。例えば、自分の発明品の比較対象品(市販されている製品)の欠点を列記します。
(1)市販されている猫のトイレを使用した場合の問題点を下記します。
①尿取りパットの交換時期を忘れてしまい、尿取りパット用容器から溢れるという非常事態が発生する。
②吸水パットの吸水状態を外観から確認できない。(尿取りパット用容器をトイレからだして確認する必要がある。)

(2)書き方
従来の○○○には△△△があるが、次の①②・・・に示す問題点があった。
①・・・・・・
②・・・・・・
③・・・・・・
○○○には発明が属する分野、今回は猫のトイレです。△△△には○○○の簡単な説明、今回は尿取りパット用容器と、その上部に猫砂利用容器が配置されていることを記載します。そして問題点を箇条書にします

6.課題を解決するための手段
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明によって提供される猫のトイレはトイレ本体の底部分に尿取りパットが敷かれ尿を溜める尿取りパット用容器と、この尿取りパット用容器の上部に設置され、底部分が尿が透過する透水性部材の猫砂利用容器とを備えたものであって、尿取りパット用容器に溜まった尿の量が所定の重さに達したことを感知する感知具と、感知具の感知状態を外部に表示する表示具とを備えたことを特徴としている。

(1)説明
本発明によって提供される・・・・は○○○と、○○○とを備える・・・・であって、△△△と、△△△とが、◇◇◇していることを特徴としている。
・・・・には発明の名所、○○○、△△△には特許出願前準備の文中に記載されている構成部材を記載してアレンジします。
○○○は従来の構成部材:尿取りパット用容器、猫砂利用容器 
△△△は本発明の構成部材:尿取りパット用容器、猫砂利用容器、感知具、表示具 
◇◇◇は○○○と△△△のその関係を記載します。
前回のようにスリッパのように誰でも知っているものであれば従来の構成部材の説明は省略してもかまいません。

7.発明の効果
【発明の効果】
【0007】
本発明の猫のトイレはトイレ本体の底部分に尿取りパットが敷かれ尿を溜める尿取りパット用容器と、この尿取りパット用容器の上部に設置され、底部分が尿が透過する透水性部材の猫砂利用容器と、尿取りパット用容器に溜まった尿の量が所定の重さに達したことを感知する感知具と、感知具の感知状態を外部に表示する表示具とを備えているので、使用し続けいるうちに尿取りパット用容器に所定量以上に尿取りパットが尿を吸収すると、その重さを感知具が感知し表示具がこれを外観からわかるように表示する。よって猫の飼い主はトイレから尿取りパット用容器を取り出して確認する必要がなく。又、外観から容易に尿取りパットの状態を確認できるので、交換時期を忘れてしまい尿がトイレから溢れるという非常事態を回避できる。

(1)説明
本発明の.....は○○○とから構成(備えている)されているので、△△△となる。よって◇◇◇となる。と書きます。
①....は発明の名称をいれます。今回は猫のトイレです。
②○○○には本発明の特徴となる構成部材をいれます。今回は尿取りパット容器,猫砂利用容器,感知具,表示具です。
③△△△には構成部材がどのように働くかを書きます。尿取りパット用容器に所定量以上の尿量が溜まるとと、感知具がこれを感知し表示具が表示する
④◇◇◇には上記③の結果どのようになったかを書きます。

8.図面の簡単な説明
この欄では提出図面を簡単に説明します。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本発明の猫のトイレの組立斜視図である。
【図2】本発明の猫のトイレの配置図である。
【図3】本発明の猫のトイレのマットスイッチ(感知具)の構成図である。
【図4】本発明の猫のトイレの概略回路図である。

次の欄に「発明を実施するための形態」があります。ここでは図面に沿って本発明を説明します。その為にもここで、仮図面を作成します。フリーハンドでも雑でもかまいません。そして、文章を作成して行く中で図面を訂正していきます。提出する図面はこれを元に出来る範囲で丁寧に書きましょう。
書いた図が完全な斜視図、平面図でもない場合が多々あります。又、マンガ的な図になることもあります。この場合は構成図、或いは説明図としましょう。今まで、この部分が違うことで差し戻されたことはありません。仮図面を書いて見ました。
仮図1
P1000361.jpg

仮図2
P1000359.jpg

仮図3
P1000358.jpg

仮図4
P1000360.jpg

9.発明を実施するための形態
(1)説明
この欄では発明者の考えた発明を実施するための形態をそのまま書くことができます。実施形態が2以上ある場合には一方は【発明を実施するための形態】へ、残りの実施形態は【実施例】の欄を起こして書きます。査定結果に不服がある時はこの実施例に書かれた内容から補正することができます。細かく書けば補正時に有利になりますが、今回は説明の為ですから実施形態は一つにします。一つの場合は(【実施例】)の項目は省略します。
(2)書き方の構成
上段は構成部材の形状・機能・特徴を、中断は構成部材の働き、下段は効果をかきます。特許事務所の人はプロですから難しい表現をします。我々がそれをまねますと、一層わかり難くい文章なります。文章は短く区切り、主語と述語がねじれないようにしましょう。
①上段(構成)
明細書作成のプロの方は「図1中符号1は○○○であり、△△△である。」といった感じで書きます。△△△に形状や特徴を的確に文字で表現します。しかしそれは難しいことです。先ず、図中の符号が何を示しているか宣言します。それから、段落を変えて各構成部材間の関係をのべます。(各構成部材間の関係を述べることは難しいことです。発明品を製作する手順を書けば自然と各構成部材の関係を述べたことになります。)
②中段(動き)
「続いて、以上のように構成した本実施形態の使用方法を説明する。・・・・・・・」で始まり、....には構成部材名を入れながら動きを説明します。
③下段(効果)
「よって、これを使用した者は.......なる。」この...には本発明の課題から導き出せた効果を少なくとも含ませて書きます。

(3)明細書の作成
【発明を実施するための形態】
【0009】

(先ず構成部材を宣言します。)
以下、本発明の好適な一実施形態について説明する。図1中の符号1は本発明の猫のトイレである。2は猫のトイレ1の外側を形成するケースである。3は猫砂利が入れられる猫砂利用容器である。4は尿取りパットが敷かれる尿取りパット用容器である。5は重さを感知するマットSW(感知具の一例)である。6は架台である。7はランプ(表示具の一例)である。
【00010】

(猫のトイレを自分で作るつもりでかきます。先ず、ケース2について述べます。)
更に詳しく説明すると、ケース2は上方と下方が開放された箱体であり、この箱体内には下側と上側に分ける網状の仕切板2aが形成されるとともに、その仕切板2aの下側の対向する側面には架台6を箱内の所定位置に案内するガイドレーン2bが形成されている。
【0011】

(次に架台6について、機能・特徴を述べます。箇条書きのつもりで)
次に上記ガイドレーン2bに案内される架台6について述べる。架台6はその上面にマットSW5が敷かれる位置を決めるための溝が形成されている。又、架台6の正面には所定位置に敷かれマットSW5の感度調整用つまみ5fが通る穴が形成されている。さらに、感度調整用つまみ5fの横にはランプ7が取り付けられているとともにボタン電池ホルダ7aが埋設されている。このランプ7とボタン電池ホルダ7aはマットSW5と電気回路を形成している。
【0012】

「次にマットSW5について、機能・特徴を述べます。上記と同様に箇条書きのつもりで①軸5aは非導電性であるプラスチックで作られている。
②軸5aは断面が正方形の棒形状である。
③電極板5b、5cは導電性の弾性部材の板バネで形成されている。
④電極板5b、5cは互いに対面するように軸5aに取り付けられている。
⑤電極板5bの一端にはリード線5dが、電極板5cの一端にはリード線5eがとりつけられている。感度調整用つまみ5fはネジシャフト5gの一端に取り付けられていて、他端には感度調整板5hが電極5b、5cに挟持されるように取り付けられている。これらのマットSW5の部材は感度調整用つまみ5fを残しゴム状のシート5iによって防水密閉される。上記の箇条書きをつなげて下記に書き直します。
引き続き、上記架台6に取り付けられる感知具の一例であるマットSW5について述べる。軸5aは非導電性であるプラスチックで作られており、断面が正方形の棒状である。又、電極板5b、5cは導電性の弾性部材の板バネで形成されており、互いに対面するように軸5aに取り付けられている。そして、電極板5bの一端にはリード線5dが、電極板5cの一端にはリード線5eがとりつけられている。又、感度調整つまみ5fはネジシャフト5gの一端に取り付けられていて、他端には感度調整板5hが電極5b、5cに挟持されるように取り付けられている。これらの各部材は感度調整用つまみ5fを残しゴム状のシート5iによって防水密閉される。。
【0013】
次にランプ7とマットSW5の関係を図4の回路図に従って説明する。マットSW5のリード線5dはランプ7の電極の一方に接続され、リード線5eはボタン電池7aの陽極に接続されている。そして、ランプ7の電極の他方はボタン電池ホルダ7aの陰極に接続される。このように構成されたマットSW5に上方から加重されると、マットSW5の電極板5dが撓み電極板5eと接触して接点が閉じられ、ランプ7にボタン電池ホルダ7aにセットされているボタン電池の電流が流れ込みランプ7が点灯する。尚、調整つまみ5fを操作して感度調整板5hを電極板電極板5b、5cの間を軸5aから離れる方向に移動させると、電極板5b、5cが撓み難くなり、接点を閉じるには大きな加重が必要となる。又、逆に感度調整板5hを軸5aに近づけると小さな加重で電極板5b、5cが撓み易くなり、接点が閉じる。
【0014】

「次ぎに猫砂利用容器3と尿取りパット用容器4について説明しましょう。
今までと同様に特徴を箇条書きのつもりで書きます。
尿取りパット用容器4について:
①尿取りパット用容器4は底面が長方形のトレイ形状です。
②尿取りパット用容器4の底面はマットSW5の上面に対応した大きさに形成されている。
猫砂利用容器3について:
①猫砂利用容器3は底面が長方形のトレイ形状です。
②猫砂利用容器の底面3aは網状の板で形成されています。底面3aの網目の大きさは猫砂利の大きさよりも小さいです。
③猫砂利用容器3の上部の縁周面には外側の延びるフランジ3bが形成されている。このフランジ3bの大きさはケース2内に収納したときに、ケース2の壁面と接触して動かなくなる大きさである。」
次ぎに猫砂利用容器3と尿取りパット用容器4について説明する。尿取りパット用容器4は底面が長方形のトレイ形状でり、その底面がマットSW5の上面に対応した大きさに形成されている。又、猫砂利用容器3は底面3aが長方形のトレイ形状であり、その底面3aは網状に形成されています。この網目の大きさは猫砂利の大きさよりも小さいく作られている。さらに、猫砂利用容器3の上部の縁周面には外側の延びるフランジ3bが形成されている。このフランジ3bの大きさはケース2内に収納したときに、ケース2の壁面と接触して猫砂利用容器3が動かずに安定した状態になる大きさである

【0014】
「次に、簡単に各構成部材の配置を説明します。箇条書きのつもりで
①架台6に取り付けられているマットSW5に尿取りパット用容器4を乗せてガイドレール2bに沿ってケース2の所定の位置に収納する。
②猫砂利用容器3をケース2の上から仕切板2aに乗せてセットする。」
次ぎに各構成の配置を説明する。先ず、尿取りパット用容器4は架台6に取り付けられているマットSW5の上に乗せられる。そして、その状態で架台6はガイドレール2bに沿ってケース2内の所定の位置に収納される。次に、猫砂利用容器3はケース2の上から仕切板2aに乗せられてケース2内へセットされる。
【0015】

「次は猫のトイレ1の働きを書きます。箇条書きのつもりで、
①猫が猫砂利用容器3に入りおしっこをすると、排尿は猫砂利用容器3の網状の底面3aを通り、尿取りパット用容器4内の尿取りパットに吸収され溜められる。
②猫がこの猫のトイレ1を使い続けると、尿取りパットは尿を吸収し続け、尿取りパット用容器4は所定の重さに達する。
③マットSW5は排尿で重くなった尿取りパットの重さを感知し、電気接点を閉じる。
④マットSW5の電気接点が閉じられると、ランプ7が点燈する。
上記のように構成されている猫のトイレ1を猫が使用すると、猫の排尿は猫砂利用容器3の網状の底面を通過し尿取りパット用容器4内の尿取りパットに吸収され溜められる。使い続けるとやがて、尿取りパット用容器4は所定の重さに達する。マットSW5は排尿で重くなった尿取りパットの重さを感知し、電気接点を閉じ、ランプ7が点燈する。
【0016】

(即ち、に続いて効果を書きます。効果には少なくとも【発明の効果】で記載した事項はいれるようにしましょう、記載していない効果もあれば書きましょう。
即ち、尿取りパット用容器4に溜まった尿の量が所定の重さに達すると、感知具の一例であるマットSW5が感知し、表示具の一例であるランプが外観からわかるように点燈する。よって猫の飼い主は猫のトイレ1から尿取りパット用容器4を取り出して状態を確認する必要がなくなる。又、外観から容易に尿取りパットの状態を確認できるので、交換時期を忘れてしまい尿がトイレから溢れるという非常事態を回避できる。
【符号の説明】
【0017】
1 猫のトイレ
2 ケース
2a 仕切板 
2b ガイドレール
3 猫砂利用容器
3a 底面
3b フランジ
4 尿取りパット用容器
5 マットSW
5a 軸体
5b 電極版
5c 電極板
5d リード線
5e リード線
5f 調整調整用つまみ
5g ネジシャフト
5h 感度調整板
5i ゴム状シート
6 架台 
7 ランプ
7a ボタン電池ホルダボルダ










スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック