特許出願へトライしてみませんか

会社で上司のいじめにあい、他部門へ移動になり、会社への貢献度も小さくなりました。こんな負組の私にも社会に貢献できないかと言うことで、このブログを始めました。自分で特許出願する人の参考になれば浮かばれます。記事NO15~95までは特許申請関係、記事NO95~は余談です。

スポンサーサイト

Posted by 龍ちゃんです on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるご近所、その34、こんな快感は妻の奉仕では味わった事がない

Posted by 龍ちゃんです on   0 comments   0 trackback







気になるご近所、その34、こんな快感は妻の奉仕では味わった事がない!

鈴木さん私ももう我慢が出来ない”

”私のもお願い”

そう言うと僕の顔の上に大きなお尻を突き出してきた!

おマンコのビラビラがビチャビチャに濡れている!

そのおマンコを僕の口にあてがった!

千夏さんも僕のチンコを銜えている!

千夏さんの鼻息がお尻の穴にかかる!

2人の姿がシックスナインの形をで繋がっている!

お互いの口にお互いの性器が!

もう獣のようにお互いをむしゃぶりついている!

近藤さんも明子に奉仕してもらっている!

明子に全てを要求するように!

明子さん僕の金玉も舐めてください!千夏に負けないように!

向こうはあんな姿になっていますよ明子さん

そうそう~そこが気持ちいいです!

睾丸を強く吸ってみて下さい!あ~上手ですよ明子さん!

明子が僕以外の玉をしゃぶっている!

穴もお願いします明子さん!

明子さんのお汁を僕の肛門に塗ってください!

明子さん”その穴を明子さんの口で吸い上げてください!

明子の口が近藤さんの玉袋からお尻の穴に移動した!

ウンコが出てくるあの近藤さんの穴を明子が今!

嫌がることなく舐めあげている!

あんなところを!

犬のような格好をして明子のお尻が突き出している!

明子のおマンコがむき出しで丸見えだ!

明子のおマンコからはお汁がいくつも糸を引いて垂れ落ちている!

そんな惨めな格好で肉棒を摩りながら近藤さんの穴の中に舌先を入れている

肛門の周りも丁寧にべろを広げて菊ヒダも音をたてながら舐めている!

明子さん僕のお尻の穴は美味しいですか!チンコの味はどうですか!

近藤さんの言葉に興奮して感じるように明子の口から

あ~”んっ”いいわ~”おいしいわ”

このチンコが欲しいわ”あ~”近藤さんのが”

明子は自分から近藤さんの太い肉棒を口で銜えた!音を立てて!

頭を上下に!深く喉の方まで銜えこんでいる!

玉袋を手のひらで回しながら指を自分のおマンコに

入れてそのマンコ汁で濡れた指を近藤さんの尻の穴に突き刺した!

うお~っ!近藤さんが唸るように悶え声を大きく出した!

明子も近藤さんを容赦しないように指を肛門の穴に

何度も突き刺している!

肉棒も銜えながら手で摩る事も忘れていない!

明子さん!いいですよ~出てしまいそうですよ!

気持ちいい~です!あ~あ~

睾丸も握るように揉んでいる!強く弱く!

2人の男は・・・

ベッドにそれぞれ2人の男が仰向けで寝かされた状態だ!


恥ずかしい姿で!

お尻を丸出しにされ金玉袋もチンコも剥き出されて!

夫婦を交換し合い人の亭主をむさぼる様に攻め立てているのだ!

淫らに・・2人の女が

明子がまさかこんなになるとは思ってもいなかった・・

僕は此処までの事は臨んでいなかったかもしれない!

そんなところを口で

他人のお尻の穴を舐める事など誰が想像できるだろうか・・

ただ、スワッピングをしたとしてもチンコを

おマンコに入れるだけぐらいに思っていたんだ

でももう始まってしまった!

明子はそれにしても激しく近藤さんの言われるがままに!

千夏さんが更に僕のチンコを口に銜えたままお尻の穴に指を

入れて気持ちいい所を刺激してくる!

鈴木さん此処が気持ちよいでしょ”前立腺よ”ねえ~”気持ちいい”

そう言うとお尻の穴の中をこれでもかと前立腺を刺激して来る

”もう限界だった

こんな快感は明子の奉仕では味わった事がない!

あ~もらしそうだ!出てしまう!

ああ~あ~千夏さんもう限界です!う~っ!

ごめんなさい出ちゃいます!あぅ~~うっ!

でます!でます!出ちゃいます!うっ!!

千夏さんの口の中に出してしまった!あ~真っ白だ!

荒い息が口から漏れ止まらない! はぁっはぁ~はぁはぁっ!

千夏さんは僕の我慢できなくて放出された精液をそのままごくんっと”

飲み込んでしまった!

千夏さんが僕の横にぴったりと寄り添うように耳元で囁いた!

鈴木さんのが美味しかったわ”

今度はそのおチンチンを私の中に入れてね”

そう言うと僕の小さくだらんとなったおチンコを手で握り締めて

チンコの先から出てくる残り汁を手で味わいながら余韻を楽しんでくれている!

あ~千夏さんの思いやりが嬉しい!

僕と千夏さんはベッドの上で身体を抱き合いながら

まだ終わらない明子と近藤さんの卑猥な絡みを眺めた!

明子が・・・







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2696021.blog.fc2.com/tb.php/761-32d96722
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。