特許出願へトライしてみませんか

会社で上司のいじめにあい、他部門へ移動になり、会社への貢献度も小さくなりました。こんな負組の私にも社会に貢献できないかと言うことで、このブログを始めました。自分で特許出願する人の参考になれば浮かばれます。記事NO15~95までは特許申請関係、記事NO95~は余談です。

スポンサーサイト

Posted by 龍ちゃんです on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けない、その2、強要される妻

Posted by 龍ちゃんです on   0 comments   0 trackback

メイト ボクのおなぺっと2ぐれいと ローション(50ml)付き

新品価格
¥1,300から
(2015/5/26 21:29時点)




まったく、ぷにケツにゃんこは最高だぜ!! 肉厚ホール お尻

新品価格
¥4,480から
(2015/5/26 21:31時点)




情けない、その2、強要される妻

私は頭の上に上げられている妻の両手の先を見たとき、

頭が熱くなるような怒りを感じました。

妻の両手は拘束具で固定されていたのです。

そして、それは妻の両足も同様でした。

そのDVDに何か妻に関する良からぬことが映し出されるのであろうことは

私も予測していましたが、拘束された妻の姿は、

それが無理やり行われたことであると、私に教えていました。

これから行われるであろうことを想像したとき、

私は激しい怒りと悲しみを感じました。

ただ、私はだからといってDVDを止めることは出来ませんでした。

妻がこれを私に見せようとしたのは、

自分が何故でていかなくてはならなかったのかを私に示すとともに、

恐らく私に復讐をして欲しいということでしょう。

しかし正直に告白すると、私は怒りや悲しみと同じぐらい、

犯される妻の姿に対し激しい好奇心と欲望を感じずには

いられませんでした。

山本は妻の脇に腰を下ろすと、

いきなりTシャツの上から妻の乳房をまさぐり始めました。

どちらかというと痩せ型の妻は私が言うのもなんですが貧乳の部類ですが、

山本はそんな妻の小ぶりな乳房を丹念に撫で回しました。

「うーん…」

山本の執拗な愛撫に反応するかのように声を上げる妻。

気がついたようです。

何が起こったのかわからないのか、妻は暫く辺りを見回し、

そして自分の身体の上に跨り蠢く男の姿に気づき、悲鳴を上げました。

「無駄だよ、もう誰もいないし、ここの警備員はボクに飼われてるんだ」

山本は妻のTシャツをまくり、

妻の素肌に舌を這わせながらそう言いました。

「えっ山本会長。何するんですか。やめてください。」

自分を襲っている男が山本だと気付いた妻は、

そう言いながら拘束された手足を必死にばたつかせた。

「前々から隆子さんに入れたかったんだ。悪いけど今日は逃がさないから」

山本は妻のブラジャーを押し上げると、妻の乳首にしゃぶりついた。

左から右、右から左、山本が動くたびに、

山本の唾液で濡れた妻の乳首がカメラに映し出された。

「やめて、嫌」

涙声になっている妻。やがて山本はポジションを変え

、仰向けに拘束され動けない妻の横に、添い寝するように寝そべった。

そして、山本は妻の顔を無理やり自分の方に向けると、

唇を奪おうと迫った。

悲鳴を上げて顔を背ける妻。

「言うことを聞いたほうが良いよ、隆子ちゃん。ご主人のためにも」

残酷な笑みを浮かべながら山本は妻につぶやいた。

「君のご主人が勤めているあの三流企業の株、

俺が50%持ってるんだよね。分かるよねその意味」

隆子の動きが止まる。山本の言っていることは事実だ。

地方の零細企業である私の会社は、株式会社とはいえ、

ほとんど山本の一族のオーナー企業のようなものだった。

「わかってくれるかい」

山本はそう言うと、隆子の唇に吸い付いた。

「口を開け、舌を出すんだ」

眉根を寄せ、大粒の涙を流しながら指示に従う妻、

山本は妻の口に自分の唾液を流し込んだ。

「もう嫌です、帰してください」

2、3分は吸われていたであろうか、

取りあえず唇を山本から解放された妻は、そう懇願した。

「帰ったら旦那が職を失うことになるよ。それでも良いの」

「ひどい。山本会長。」

抵抗する力を徐々に奪われていく妻。山本は妻の首筋に舌をはわしながら、

妻のジーパンのボタンを外し、チャックを下ろした。

隙間からのぞく妻の白いパンティ。

レースの部分から、妻の陰毛が透けていた。

まるで、妻の身体の上を蠢く蜘蛛のように、

山本の手が妻の陰部に滑り込んでいく。

「いや、いや」

ただ涙を流し、もう囁くほどの声しか上げれない妻。

山本は妻の声を当然無視した。

カメラ越しにも、妻のパンティの中に滑り込んだ山本の指が、

妻の股間に達し、妻の陰部に差し入れられているのが分かった。

妻の顔に赤み挿し、少し息が荒くなる妻。

「感じているのか」

私はそう思うと、より暗く陰鬱とした感情に苛まれた。

私のそんな感情をまるで読み取ったように、

DVDの中の山本は妻の股間から手を引き抜くと、

「濡れてるじゃないか隆子」

とそう言って、妻の顔の前で手をひらひらと振って見せた。

妻は今ではまるで少女のように嗚咽を漏らしていた。

【送料無料】【うなぎ専門店 浜名湖山吹】お歳暮 ギフト み うな丼3人前(国産) W-gift2 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】о加工品_うなぎの骨_ウナギ_うなぎ_鰻_快気・内祝い_贈り物_プレゼント_通販

価格:6,300円
(2015/5/26 21:24時点)
感想(16件)



料理人こだわり「とろとろうなぎ丼」(上)【ウナギ 鰻 うなぎ 蒲焼き うな丼 うな重】「福井県」【楽ギフ_のし】【P27Mar15】

価格:3,580円
(2015/5/26 21:27時点)
感想(2件)



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2696021.blog.fc2.com/tb.php/770-fc6d8aa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。