特許出願へトライしてみませんか

会社で上司のいじめにあい、他部門へ移動になり、会社への貢献度も小さくなりました。こんな負組の私にも社会に貢献できないかと言うことで、このブログを始めました。自分で特許出願する人の参考になれば浮かばれます。記事NO15~95までは特許申請関係、記事NO95~は余談です。

スポンサーサイト

Posted by 龍ちゃんです on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けない、その4、俺はこのDVDを楽しんでいるのか

Posted by 龍ちゃんです on   0 comments   0 trackback




熟女・人妻ライブチャット マダムライブ

まずは無料ポイントで!チャットと覗きで楽しみ2倍!その先は・・



情けない、その4、俺はこのDVDを楽しんでいるのか

私は若い頃から、間の悪い男でした。あいつは良い奴なんだが… 

というタイプ。誰からも注目されず、誰からも愛されることなく、

ひっそりと田舎町で高校生まで生きてきました

一年発起して大阪の大学に進みましたが、

大学に行ったところでそのような私の人生に変化はなく、

就職しても同様でした。しかし、そこで妻と出会いました。

別に感動的な出会いではありません。

職場でも「良い人」であった私に、お局さんが妻を紹介してくれたのです。

妻は平凡な女です。

しかし、妻は平凡以下の私を愛し、都会で背伸びをしていた私を、

田舎へと連れ帰ってくれました。

父の死をきっかけに田舎に帰ろうと言い出したのは妻だったのです。

田舎での暮らしは私にひと時の平安をもたらしました。

しかし、その代償に妻は陵辱されたのです。

ここにアクセスされている皆さんの多くが暮らされているであろう

東京や名古屋や大阪といった大都市と違い、

私が暮らすような田舎ではお金は大してかかりません。

しかし、その分その富の多くはごく一部の人間達に集中するのです。

その、一部の人々に多くの人間が寄生して暮らす、それが田舎の姿です。

以前にも申し上げた通り、私の勤める会社の実質的なオーナーは山本です。

また、私の会社の仕事のほとんどは町役場からの下請けですが、

ここの税収の多くは山本一族が経営する企業から納められており、

当然町議会を支配しているのも一族の人々です。

つまり妻は、いわばせんていされた花なのです。

育てる人によって手折られ、打ち捨てられ、踏みにじられた花。

少し脱線が過ぎました。話をDVDに戻しましょう。

ただ、私が申し上げたいのは、必ずしも今は幸せではありませんが、

それ程不幸でもない。

私のような情けない変態男言うことは説得力に欠けるでしょうが、

そう思いながら今は、これを書いています。

では話を続けますね。

8畳ぐらいありそうな和室。

真新しい祭壇と一面に飾られた白い菊。

そして壁を覆う黒と白の幕。

今まさに誰かの葬儀が行われようとしているそんな部屋を

やや広角で捉えるカメラ。

その中心には、略礼服を身につけた山本が座っていました。

「着替えたか、隆子」

前回の隆子ちゃんが隆子になっています。

「はい」

やがて画面に現れた妻の姿に私は目を見張りました。

妻もブラックフォーマルを身につけていました。

ワンピースとジャケットのアンサンブルタイプです。

少し短めのスカートから伸びる、

黒いストッキングに包まれた妻の太ももとふくらは

ぎに思わず劣情を感じてしまう私。

「俺はこのDVDを楽しんでいるのか」

激しい自己嫌悪が私を苛みます。

私の劣情に共感するように、山本は、座ったまま、

近づいて妻の太ももを抱き寄せ、

妻のスカートの中に手を入れると、

ストッキング越しに妻の尻や太ももを撫でまわし、

スカートの上から妻の股間に鼻を押し付けました。

「隆子、今日は誰の葬式か分るか」

妻が答えずとも、私にはその答えが分かりました。

祭壇の中心に飾られているのは私の写真でした。

会社に手を廻したのでしょう、

そこには昨年の社員旅行で撮影した私の笑顔の写真が合成され、

葬儀用の遺影として飾られていたのです。

「ひどい」

そうつぶやく妻。

しかし、言葉では山本を非難しつつも、

妻にはもう抵抗する力はないらしく、

画面の中の妻は、ただ立ち尽くし、

山本の執拗な愛撫を受け入れていました。

「スカートをまくって、持て」

山本のそう命じられ、震える手でスカートの裾を持ち上げる妻。

むき出しになる妻の下半身。

今回の陵辱のために山本が用意したのはブラックフォーマルと

ストッキングまでだったのでしょう、

黒いストッキング越しに透けて見えるパンティは、

妻らしい白い地味なものでした。

妻の黒いストッキングに包まれた太ももや股間に舌をはわしていた山本は、

顔を上げると、妻のパンティとストッキングを

一気に太ももまで引き下ろしました。

さらされる白い肌と黒い茂み。

山本は下からそれを見上げつつ、

妻の股間奥深くにいきなり指を差し込みました。

「うっ」

息を呑む妻。妻の股間を蹂躙するように蠢く山本の指に、

眉根を寄せ耐える妻。

嫌悪に耐えているのか、それとも快感に耐えているのか。

「今日は、ご主人の命日だ。

供養のためにご主人の前で私のものをくわえなさい。」

山本はそう言うと、妻をひざまずかせ、

自分が立ち上がり、妻の顔の目の前に自分の股間を突き出しました。

「自分で取り出してくわえるんだ、隆子」

山本の命令に従い、

妻は白い華奢な手で山本のズボンのチャックを下ろし、

黒々とした山本の肉棒を取り出しました。

「そんなことしなくても良いんだよ、隆子」

画面に向って思わずつぶやく私がいました。

おたのしみ旬の無農薬野菜セット2057円(送料無料・火、金曜日発送)

価格:2,273円
(2015/5/27 19:55時点)
感想(1652件)




【送料無料】《クール便》【人参専門店】【無農薬野菜】無農薬 にんじん【人参ジュース用】有機栽培農家が土にこだわった 極あま!人参ジュース用無農薬にんじん【単品10kg】 P19May15 無農薬 にんじん にんじんジュース

価格:2,780円
(2015/5/27 19:57時点)
感想(241件)


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2696021.blog.fc2.com/tb.php/772-d5020ae8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。