特許出願へトライしてみませんか

会社で上司のいじめにあい、他部門へ移動になり、会社への貢献度も小さくなりました。こんな負組の私にも社会に貢献できないかと言うことで、このブログを始めました。自分で特許出願する人の参考になれば浮かばれます。記事NO15~95までは特許申請関係、記事NO95~は余談です。

スポンサーサイト

Posted by 龍ちゃんです on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けない、その5、私に許しを請いながら、他の男に犯される妻

Posted by 龍ちゃんです on   0 comments   0 trackback









情けない、その5、私に許しを請いながら、他の男に犯される妻。

しかし、過去の妻にそのような言葉が伝わるはずもなく、

妻は既に天高く隆起した山本の肉棒を、その口に含みました。

上手くしゃぶれない妻と、それに苛立つ山本。

無理もありません、妻はいままでオーラルセックスなどとは無縁な

暮らしをしてきたのですから。

画面では、私のものですら受け入れたことのない妻の口に、

山本の肉棒が差し込まれていました。

「今日はまずは口を犯してやるか」

山本はそう言うと、妻の頭をつかみ、

無理やり前後に動かし始めました。

上手く息が出来ないのでしょう、妻は首を振り逃れようともがきますが、

山本の手でがっちりと押さえられた妻の顔は逃れられず、

苦痛に歪んでいます。

そんな妻を無視して、ただ妻の顔に腰を打ちつける山本。

「隆子、全て飲み干すんだぞ」

山本はそう言うと、ひときわ強く妻の顔に腰を打ち付けると、

雄たけびとともに動きを止めました。

その肉棒を妻の口にねじ込んだまま、軽くケイレンする山本の腰。

画面を眺める私にも、今まさに妻の口に山本の精液が流れ込んでいるのだと、

手に取るように分かりました。

山本から解放された妻は、床に倒れこみ激しく咳き込みます。

咳き込む妻の口から流れ出る白い粘り気のある液体。

「全て飲み干せといっただろう」

山本は妻を激しく叱責すると、その頬を張りました。

「ごめんなさい。許してください。」

画面の中では妻が頬を押さえ、泣きながら詫びています。

「罰を与えないとな」

一瞬画面から消えた山本は、

電動式で動く黒く太い淫具を手に再び画面に現れました。

得体の知れないものを大切な部分にねじ込まれる恐怖から、

顔を引きつらせる妻。山本はそんな妻を無理やり仰向けに寝かすと、

先ほどずらしたストッキングとパンティを右足からだけ抜き取ると、

淫具を妻の股間に突き刺しました。

「あっ、抜いて、あぅ」

妻の股間に頭を埋め、そこを蹂躙するようにのた打ち回る淫具。

否定の言葉とは裏腹に、その動きに合わせ腰を引きつらせる妻。

山本は妻の姿を残酷な笑みを浮かべて眺めると、

下半身への攻めを淫具に任し、

自分は妻の上半身に襲い掛かりました。

ブラックフォーマルのジャケットを剥ぎ取ると、

ワンピースのファスナーを下ろし、

白いブラジャーを切り裂いた山本は、妻の乳首にしゃぶりつきました。

「あっ、うっ、あっ、おかしくなっちゃう、あああ」

今や声を上げずにはいられない妻。

「感じているんだね、隆子」

そこには陥落した妻がいました。

淫具に股間を犯され、主人以外の男に乳房をしゃぶられ、

身を悶える妻の姿。私はその姿に悲しみと、

そして恍惚とした興奮を感じていました。

「欲しいか、隆子」

妻の首筋に舌をはわし、乳房を両手で揉みながら、

そう言って妻の太ももに山本は自分の肉棒を押し付けました。

驚くべきことに、先ほど妻の口を犯したばかりでありながら、

山本の肉棒は力強く隆起しています。

「あああ、だめ、あっ」

否定の言葉とは別に、淫具に犯された妻の股間は男を受け入れるべく蜜に

溢れています。

山本は、妻の股間から淫具を引き抜くと、

替わりに自分の肉棒を突き入れました。

「あっ、あぅ、あなた許して、あああ、あっ」

今日も私に許しを請いながら、他の男に犯される妻。

しかし、今日は犯されることではなく、

感じていることに詫びているのでしょうか。

今日の妻は、股を開き山本のものを自分の身体の奥深く受け入れているように、

私には感じられました。どす黒い嫉妬心と、そして魍魎とした快楽。

二つの思いが私の心を淫靡に引き裂く。最低の私。

「隆子、ごめん。ぼくは君が犯されるのを楽しんでいる」

妻の体をその肉棒で貫き、激しく腰を打ちつける山本の動きが一段と激しくなった。

腕を絡めあい、息が荒くなっていく画面の中の二人。

「うっ、おっ、お願い主人の、主人の写真をどけて、

主人の前では中に出さないで、ああ」

隆子の哀願を無視して、更に腰を打ちつける山本。

「ああ、だめ、ああ逝っちゃう、ああああ」

一際、甲高い声を上げて麻痺するように震える妻。

直後、山本のものをより奥深く受け入れようとするかのごとく

突き出された妻の股間奥深くに、山本は射精しました。

「さようなら隆子。ぼくは今日死にました」

私は、再び下着を汚しながら、そうつぶやきました。

可愛そうな妻。前回身体を汚された妻は、今日心も汚されました。

 一瞬暗くなった画面は、妻の股間をアップで捉えてそして消えました。

アップになった妻の股間からは、

山本の白い液体が一筋あふれ流しだしていました。

【送料無料】 無農薬野菜セット 近藤ファーム 12~15品セット 三重県 動物性肥料 不使用 新鮮 露地野菜 お取り寄せ 野菜セット/季節の野菜/無農薬 野菜セット/野菜 通販/楽天/放射能検査/産直野菜/産直/農家直送/詰め合わせ/有機野菜志向/西日本

価格:4,536円
(2015/5/27 20:30時点)
感想(18件)




定期購入商品 アグリパックM 4週間配送(青森 アグリメイト南郷)自然農法 無農薬野菜詰め合わせパック・送料無料・産地直送

価格:11,800円
(2015/5/27 20:30時点)
感想(4件)







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://2696021.blog.fc2.com/tb.php/773-cfc288d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。