FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
龍神界について
龍神界について


とある霊能者の教え 「龍神界」 

「龍神界は霊界にあるのである。

龍神は主として天然現象を司っているものである。

あの気象台の何百何十ミリの低気圧とか、不連続線等と言うのは皆龍神の役である。

龍神界は霊界的活動である。


日  金龍  国常立尊(くにとこたちのみこと)(男龍)男龍を生む。

天皇 天龍  天皇に生れる龍神、最高の龍神。

月  銀龍  豊雲野尊(とよくもぬのみこと)(女龍) 女龍を生む。


これが最高の龍神である。

金龍が地中へ潜む時(潜龍)光を隠して黄龍(蛟龍)となる。

金龍及銀龍は天龍を守護しているのである。

地球踏み固めの時は国常立尊、豊雲野尊がたくさんの龍神を生んで踏み固められたのである。

谷又は谷川は龍神がくねって歩いた痕が出来たそれなのである。

これらは皆大きな龍神であった事は、色々の龍神の通った痕等でよく判るのである。

この龍神が死んで霊体となり色々の御用をしているのである。

天地の浄化作用をするのは龍神である。


白 龍―雨を降らし又水を清める。

青 龍―人間は大抵この青龍(青大将)となるのである。

山 龍―風及雲を起す。高山に雲の多いのは山龍が製造しているのだ。風も高い山から起きる事が多い。

木 龍―木に宿り居る龍神で松と柳が多い。鱗の様になり居る。

火 龍―雷を起し大きな火事で焼き払う、大火事の時又は飛火は火龍が持って行くのである。

地 龍―地震を起すのはこの龍神である。

赤 龍―サタンである。

黒 龍―強悪最もはなはだしい悪龍である。

海 龍―龍宮の乙姫の事である。

九頭龍―この龍神が私によく懸って来たことがあったが、この龍神が追々人間化して話をする様になり、富士山に居る久須志宮であると言った。富士山に立派にある。この九頭龍は八大龍王の頭である。

九大龍王というのが本当であるが、伊都能売金龍を匿したのである。

乙姫の乙の字にノの字を加えれば九となるので、乙姫より上の龍神である事も判る。

又龍の一番上の龍神であるのだ。

女龍は水の働きをした。水を配ったのは女龍である。

今地下から水の出るのはこの龍神の歩いた道であって、この為この道も曲りくねっているのである。

又太いのと細いのとあるが、龍神の大小によるのである。」 


Share on Tumblr
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック