FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談:娘の入学式 家内の横顔(その4):
余談です。
死んで生まれてきた高雄君ですが、息子です。戸籍に記載されなくても、病院の廃棄物として処分する訳にはいきません。棺です。棺を買わなくてはなりません。でも、どこで買ったらいいのかわかりません。看護婦さんに聞き、葬儀屋さんに聞き、やっと購入しました棺、ミカン箱より二回り大きくしたサイズです。これに息子を入れて持って帰ります。家内には報告しただけです。息子の姿を見せていません。そして、車に積み込み、家に帰るのです。家に着くと、仏壇の隣りに台を作り、その上に棺を置きます。そして、住職さんにお願いし翌朝、お経をあげてもらいます。住職さんが言います。「過去帳にも名前を記載しておきます。」何故かこの時、初めて涙が出てきます。止まりません。翌朝、義兄ともに家の墓地に行きます。そして、区画された墓地の隅に埋葬する為の穴を掘ります。わが子を埋葬する為の墓穴を掘るのです。ほんの1週間前までは考えられないことです。でも、思い出のない私でもこんなに悲しいのに、思いでを積み上げてきた息子を亡くした時、その親御さんの気持ちは想像を絶するものがあります。





スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック