FC2ブログ
世の中ケセラセラ 何とかなるさ
会社で上司のいじめにあい、自殺経験2回、もうどうでもいいや、やけくそブログです。
余談です。3.良美姉ちゃん・ハーイ その5 母さんの笑い声大好き 2.良美姉ちゃん・ハーイ その4 母さんの涙 1.良美姉ちゃん・ハーイ その3 お母さんて素敵よ
余談です。
3.良美姉ちゃん・ハーイ その5 母さんの笑い声大好き
高槻市氷室です。今日から、おじさんが用意してくれた借家で過ごします。今日はお母さんの妹の弘子おばさんも泊まります。私達3人は4畳半の部屋で寝ます。母さんとおばさんは8畳の部屋で寝ます。ふすまの向こうから話声が聞こえます。弘子おばさん、戦争で和歌山に疎開してきたころの話をします。「お姉さん、私達の為に、お米30表で健一(親父名前)さんの所に嫁いだのよね、そのお米、私達みんなで食べたのよ、悲しかったは、お兄さん泣いていたわ、それと、兄さん、ちかじか和歌山へ行って話しをつけるそうよ、由紀子を養女出さないようにと、それと、健一(親父名前)さんが本家から財産を相続するようにと、兄さん嘆いていたわ、今のままじゃ、小作人状態だって」母さんとおばさん、その他にいろんなことを話しているようです。やがて、おばさんとお母さんの笑い声が聞こえてきます。その笑い声を聞いて、良実姉ちゃん幸せそうです。由紀子姉ちゃん幸せそうです。

我が家のマッタリ猫です。
P1000747.jpgP1000496.jpg

2.良美姉ちゃん・ハーイ その4 母さんの涙
天王寺駅のホームの片隅、私達、遅い昼食を取ります。良実姉ちゃん聞きます。「母さんどこに行くの」母答えません。 母は緊張した顔でいいます。「まだまだよ、かんばって、はぐれないようにね」何回乗り換えたか、いくつ駅を過ぎたかわかりません。やがて大阪・高槻駅に着きます。11月下旬なのに薄らと雪景色、和歌山の私達、驚きです。母、タクシーを捕まえて行先を告げます。そして、20分程度走ります。着いた所は高槻市、氷室、母の弟、正美おじさんの家です。一面雪景色、お母さんの兄弟達が出迎えます。三国のおじさん(兄)・千林のおばさん(妹)・堺のおじさん(弟)も来ています。8年ぶりの再開です。母の名前はトシエと言います。兄弟達にはトシちゃんと言われています。兄が言います。「トシチャン 苦労したな、えらい所にもらわれたな、」 母の妹の弘子おばさん、母を抱きしめます。「姉さん、聞いたよ、」弘子おばさん泣いています。母も泣いています。正美おじさんの家で食事をとります。そして、おじさんが用意した借家に向かいます。今日は弘子おばさんも泊ります。

1.良美姉ちゃん・ハーイ その3 お母さんて素敵よ
母の7回忌です。良実姉さんは60歳を過ぎました。由紀子姉さんは60歳前です。歳を重ねた2人、由紀子姉さんがもらわれるはずだった日の前日のお話をします。良美姉さん「その日のお母さん素敵だったわ、土間にあったお米20俵、その日に全部売っちゃうんだもん。」 由紀子姉さん「そうね、その時、我が家にお金になるものってお米しかなっかたものね、どうせ、本家にもっていかれてしまうものだからいいのよ。そして、私達に言うのよ、家を出るから準備しなさいって。」 良美姉さん「行く場所は高槻のおじさんの家だったわ、着くまで場所は教えてくれなかったわ、おじさん、8畳と4畳半の借家を用意してくていたのよ、ここで2月ほど過ごしたわね。」

 時間はその日に戻ります。
明日、由紀子姉ちゃんがもらわれて行く日です。お母さん、由紀子姉ちゃんの好きなウインナーを炒めます。そして、弁当を4つ作ります。朝食は私達の好きなオムライスをつくります。家族四人みんなでする食事です。親父、バツが悪いのか朝早く出ていってしまいました。お母さん「由紀子、良実、今日からしばらく学校お休みにしましょう。」 由紀子姉ちゃん、静かに食べます。良実姉ちゃん、静かに食べます。母「食事がすんだら、お出かけするから勉強道具といい服だけカバンに詰めなさい。一番いい服に着かえなさい。」お母さん、持てるだけの荷物を持ちます。朝、鶏を3羽、潰した肉も詰めます。米もすこし詰めます。そして、駅に急ぎます。知ってる人に出会っても挨拶しません。ひたすら駅に向かいます。私達3人も母についていきます。電車に乗ります。母、厳しい顔です。天王寺駅に着いた頃、由紀子姉ちゃん言います。「お母さん、由紀子、もらわれなくていいの」 母「いいわよ、行かなくても、私達4人でくらすのよ、」 由紀子姉さん嬉しそうです。遅い昼食にします。駅のホームの片隅でお弁当を広げます。家族4人食事をするのです。お母さんの顔、いつものように優しい顔に戻ります。


庭の風景:手入していないので、草が伸び放題です。
P1000739.jpg

余談です。2.良実姉ちゃん・ハーイ その2. 由紀ちゃんが行っちゃう。 1.良実姉ちゃん・ハーイ その1 はないちもんめ
余談です。2.良実姉ちゃん・ハーイ その2. 由紀ちゃんが行っちゃう。
 朝です。朝、朝食の準備をします。良実姉ちゃん、鶏小屋から卵を取ってきます。お母さん、大きな丼鉢に炊きたてのご飯をいっぱいいれます。取ってきた卵をこのご飯に落とします。そして、醤油を入れてかき混ぜます。野菜は畑で取れたものを炒めます。食べると最高です。朝、家にいなかった親父、知らぬまに帰っています。親父言います。「由紀子を養女にだす。相手決めてきた。」 母「お父さん何てことを言うの、由紀子をよそえやるなんて、だめよ、」 父大声で怒鳴ります。「やるて言ったら、やるんじゃ、文句あるか」 家の中では親父絶対なんです。お袋なすすべがありません。親父また本家へ、機嫌取りに出かけます。良実姉ちゃん泣きます。由紀子姉ちゃん泣きます。私、幼すぎて覚えていません。由紀子姉ちゃん泣きながらいいます。「お手伝いするから、ご飯半分しかたべないからよそへやらないで、ここがいい。」良実姉ちゃんも泣きながらいます。「私もお手伝いするから、ご飯半分しか食べないから由紀子をよそにやらないで。」その日、一日中2人、メソメソしています。泣きつかれたのか、その日寝てしまいます。翌日、お外でおままごとです。途中、由紀子姉ちゃんの手が止まります。由紀子姉ちゃん「由紀子、よその子になっちゃうの」 良実姉ちゃん「由紀子は何も悪いことしていないもん。そんなことないわ」 近所の子供達がやってきました。「ここで私たち遊ぶんだから、向こうへ行って」  近所の子供、由紀子姉ちゃんを突き飛ばします。良美姉ちゃん切れます。近所の女の子に襲い掛かり、髪の毛をひっぱります。引っ張りながらいいます。「由紀ちゃんは悪くないの、由紀ちゃんは悪くないの」子供たち逃げていきます。良美姉ちゃん泣きます。由紀子姉ちゃん泣きます。良実姉ちゃん「由紀ちゃんが行っちゃう。」

1.良実姉ちゃん・ハーイ その1 はないちもんめ
昨年の11月、母の7回忌の法要を行いました。私の年の離れた姉、良実(ヨシミ)姉さんと由紀子姉さんもも集まります。3人集まると、貧しかった子供の頃の話になります。前回の記事(母の屈辱)と重なるところが多々ありますが、よろしくお願いします。
 私の母は大阪の西九条に住んでいましたが、戦争で和歌山に疎開してきました。長女である母は食料確保の為、年の離れた父の元に嫁いだのです。父は私たち家族より本家を大事にする人でしたから、田畑で取れた作物は本家にもっていってしまいます。おかげで、我が家は貧乏の極みです。この中で一番苦労したのが、良美姉ちゃんです。良実姉ちゃんについてお話したいと思います。姉、良実姉ちゃんは良く実るとかいてヨシミと読みます。これは父が付けた名前です。良く実って、親父である父が食べれるようにと名づけた名前です。良実姉ちゃんの幸せを願ってつけた名前ではありません。
 良実姉ちゃん9歳 由紀子姉ちゃん4歳の時の話です。(勿論、姉達から聞いた話です。)良実姉ちゃん、由紀子姉ちゃんを連れて近所の子供たちと遊びます。はないちもんめです。子供いいます。「良実ちゃんと由紀ちゃんは汚いからあっちの組に行って」 別の子供言います「こっちもいやよ」 良実姉ちゃん「由紀ちゃん、あっちへ行こう、お母さん所へ行こう」 由紀子姉ちゃん「うん」 良実姉ちゃん、母のお手伝いをします。刈り取って束ね損ねた稲穂を集めます。幼い由紀子姉ちゃんも手伝いす。母「良実、お友達と遊んでおいで、」良実「いいの、お友達、私が行くと汚いっていうの、だからいいの」 母「・・・・・・・家に帰ったらお風呂に入ろうね。」良美姉ちゃん「うん」母はその前にすることがあります。良実姉ちゃんも手伝います。畑の横の用水路、米の収穫時期になると、ほとんど水が流れません。その用水路の底を探すと、タニシとシジミ貝がいるのです。それを持ち帰り、夜のおかずにします。当時、私の家に風呂なんてありません。大きなたらいにお湯を張るのです。そして、母は良実姉ちゃんと由紀子姉ちゃんを入れるのです。母はタライの外から姉達を洗います。母「綺麗にあらってあげるからね、汚くないのよ」良美姉ちゃん「うん」 私も子供の時、よく言われました。お前の服、雑巾みたいやな。」